碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

放送大学2020年度2学期単位認定試験の結果が出ました!

放送大学の単位認定試験も二度目の在宅受験が無事終了し、結果が発表されました。

情報コース卒業をかけた今回の試験は選択した7科目中6科目@判定、そしてC判定を

一ついただきました…危なかった! 面接授業はAと@判定一つずつ、初めてのオン

ライン授業はA判定でした。以下、簡単な感想を書き綴っていきたいと思います。

 

 

↓2021年4月入学生の第1回出願は2月28日まで!

www.ouj.ac.jp

 

 

 ↓試験の感想はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

 ↓前学期の試験結果はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

2020年2学期履修科目感想
現代人文地理学(’18) (人間と文化(社会と産業)コース・導入科目)

GPSは地理学の分野を劇的に広げたなぁ…。宇宙から見た広域面と、現代人の多数が

持ってるスマホが発する位置情報で人の移動を細かく追う面と。 熱帯雨林の分布

から海辺の資源の利用例としてアマ(海女)さんの活動を追い、防災・高齢化等の

問題を追う都市計画、途上国・地方部に増えるコールセンター、ゲーテッドマン

ション、並べてみるだけでも幅広すぎて何を学んでいたかこぼれ落ちそうになる

けれど、「焼き畑農業は言われてるほど悪く無い」ってことだけ覚えていれば

許されそうです。


司法・犯罪心理学(’20) (心理と教育コース・専門科目)

できたての科目です。なんとなく凶悪事件のプロファイリング的なものをイメージ

して履修しましたが、非行少年の更生や学校・家庭事件等、もっと身近な問題への

臨床心理的アプローチが中心でした。犯罪者には厳罰を!という考え方の持ち主で

あると受け付けがたいかもしれません。私もどちらかと言えばそっち側ですし。

先天的・後天的心的問題を抱えた加害者には罰よりも治療と更生に重きを置くべき

と言われても、再犯防止という面では理解できるし高い理想でもあるのだけれど、

どんな事情があろうと犯罪を冒した、時には他者に危害を加えたという事実は

変わらないのに「加害者」のために膨大な時間と人手をつぎ込まれると思うと納得

できません。ただでさえ日本の裁判は長いのに…。第三者の助けが必要なほど

心理的な問題を抱えた人を、犯罪加害者になる前に見つけられたら良いのですが。


社会・集団・家族心理学(’20) (心理と教育(社会と産業)コース・専門科目)

社会心理学(’14)」は取得済みだけど難しく感じました。範囲が広がっているし

研究が進んで内容がどんどん更新されていくんでしょうね。特に、今は新型コロナ

ウイルスという災厄について、心理学はもちろん今世界中のありとあらゆる分野の

人々が研究を進めているんだろうなと。せめて後世に活かせる何かを得なくては!

 

初級簿記(’16) (社会と産業コース・専門科目)

はるか昔に日商簿記2級を取得していましたので復習がてら選択しました。ラジオ

授業。字幕無し。印刷教材に載っていない、放送授業でしか言わない事項あり。

ちょっと不親切です。単位を取得する以上に本気で日商簿記検定取得を目指す方に

とっては練習問題も物足りないはず。ただ、私の知識が古すぎておぼろげすぎる&

習い方が違うと印象が変わるってだけの話かもしれませんね。


総合人類学としてのヒト学(’18) (人間と文化(心理と教育)コース・導入科目)

地球と類人猿からヒトへの進化の過程から食物の調達と文明の発展、国家の形成、

社会の成熟、戦争、環境問題等、総合的な人類の歩みを追うけっこう壮大な科目。

興味深いを通り越して、現代の人間の生活に必要なエネルギーを換算したら…と

数値化されると身震いがしました。人類の未来はいかに…?


博物館展示論(’16) (人間と文化コース・専門科目)

科目名そのまま、博物館の展示に焦点を当てた科目です。現代はどこも大変だ。

博物館だってただ収集品を並べるだけでは展示と呼べず、存在意義を示し、後進を

育てなきゃいけません。生き残りがかかってるからみんな努力していますと。もち

ろん観覧者の立場なら工夫を凝らした展示は嬉しいですね。今度博物館に行く際は

もっとすみずみまで目を配って、音声ガイドも利用しようかと。愛知県民ですが、

まだリトルワールドに行ったことないんですよ。愛知学習センターでは定期的に

リトルワールドでの野外学習面接授業を開設しているので、ディープなひとときを

過ごしたい方はぜひご参加ください。


新しい言語学(’18) (人間と文化コース・導入科目)

今期の日本語なのに何を言ってるか分からない科目。「日本語概説(’15)」といい、

言葉を学問として語るとこんなに難しくなるんだなと。比喩の種類も何種類あるの

だか…。それにしてもC判定。真面目に解いたはずなのに、解答欄がズレてたんだ

ろうか?なんて考えてしまいました。 言語習得論のパートは、産まれたばかりの

我が子をバイリンガルにしたい親御さんには参考になるかも。

 

椅子クラフツ文化の社会経済学(’20)(社会と産業コース・オンライン授業)

授業は全8回、回ごとの小テストと最終レポートの評価にて成績評価、1単位。

大量生産・大量消費・機械化の確立した現代社会でも職人の手による椅子製作が

続いている理由、社会の中での椅子の意味を探ります。 レポートのテーマも当然

椅子についてですが、ミニチュアの椅子について語っても通りましたので、あまり

難しく考えなくて良いと思います。

 

※※※

 

選科履修生期間も含め丸6年かけて124単位取得、卒業認定をいただきました。

結局自然と環境コースは面接授業で取った1単位だけでした。ひとまず目標を達成

しましたがまだまだ去りがたく、学割も捨てがたいため継続入学手続きを済ませ

ました。今度は人間と文化コースに所属いたします。よろしくお願いします。

 

2021年1学期 履修予定科目 

 

  • 文学・芸術・武道にみる日本文化(’19)(人間と文化コース・専門科目)
  • 世界文学への招待(’16)(人間と文化コース・導入科目)

 

+面接授業1科目。

 

試しに日本と世界、両方同時に取ってみました。