碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

おおのこうすけ「極主夫道」 5巻

以前からちょこちょこ触れていた、元最強の極道が専業主夫として奮闘する大人気

マンガ「極主夫道」、実写ドラマ放送開始に併せて記事にしちゃいました。最近

ギャップ萌えと日常の範囲にテーマを絞った作品が増えたような気がします。

そしてやっぱりみんな心の底ではヤクザが大好きなんだと思う…。

 

 

※ ただしフィクションの世界の古き良き任侠道の”ヤクザ”に限る。

  現実の暴力団は利用しない・恐れない・金を出さない・交際しない こと!!

 

 

極主夫道 5巻: バンチコミックス

極主夫道 5巻: バンチコミックス

 

 

極主夫道 5巻

著者:おおのこうすけ

発行:新潮社  バンチコミックス

くらげバンチ」にてWeb連載中

 

 

 

↓ここで読めます

kuragebunch.com

 

 

 ↓ドラマの公式サイトはこちら

www.ytv.co.jp

 

娘がいることにびっくりしつつ雅の無駄なイケメンっぷりが腹立つ。

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

元最強の極道・人呼んで”不死身の龍”はなんだかんだ(本編でもまだ謎)を経て極道

から足を洗い、専業主夫になりました。現在はキャリアウーマンの嫁・美久、

ネコの銀ちゃんと一緒にアパート暮らし。専業主夫なめたらあかんで…! と、

愛する嫁との幸せな日々を守るためにいつだって全力真剣に主夫業に打ち込む龍は

ご近所の奥様方に好意的に迎えられ、また時に先輩主婦として格の違いを見せつけ

られます。おまわりさんや元同業のヤクザなみなさんとぶつかることもあるけれど、

培った主夫力を武器に困難を切り抜けていく龍。今日も戦闘服(エプロン)を身に

まとい、嫁のために弁当を作り、ル●バの仕事ぶりをチェックし、特売品を求め

スーパーへカチコミするのでした…ママチャリで。

 

ちょっと変わった夫婦と、ちょっと変わった商店街の人々と、ちょっと変わってて

憎めないヤクザなみなさんの物語は今日も続く…。

 

 

※※※

 

初めて読んだときの感想:無駄に画力が高い。 

 

持論:ありえないような出来事に勢いと画力を持たせると強烈な説得力になる。

 

 

馬鹿馬鹿しいことを真剣にやってるお話が大好きです。やって当たり前のことと

思われがちで省みられない主婦(夫)業も、本気で取り組めば奥が深く、範囲が広い

のです。掃除、料理、洗濯、家計の管理、DIY、家庭菜園、家族の体調管理、親族

づきあいにご近所づきあい、パートタイム、地域への貢献etcetc…。

 

愛する女性のために血で血を洗う極道の抗争の世界から抜けだし、細々してあり

ふれた日常でしかないけれど地道な努力が必要な主婦業…主夫道を選んだ龍さんが

がんばる姿は多くの読者の共感を呼んだことでしょう。彼は誰よりも主婦(夫)を

評価し専業主夫である己を誇りに思っているのですから。誰に対しても堂々と

専業主夫です」と名乗る漢なのですから。

 

しかも龍さん、男前です。グラサン外して髪のセットを解き素顔を拝めるのは寝る

時くらいときて、寝起きのイケメンぷりにグラっときちゃいます。しかも細身で

ステキだわ。徹底して嫁一筋なところも…褒めすぎですね。まぁ入れ墨がある以上

社会復帰は難しいだろうから、専業主夫は良い選択だったと思います。

 

龍さん以外の登場人物もまた個性が強い。嫁の美久さんもおおざっぱなようでいて

元ヤクザを夫に持てる度量の持ち主で女児向けアニメが大好き。銀ちゃんは一歩

外に出ればかなりの我がままっ子、(婦人会の)会長ら、龍さんを見守る奥様勢が

時々放つ強キャラ感。でもなぜか物騒な言動を繰り返す龍が元ヤクザと気付いて

いないらしい…(商店街のカタギのみなさんも時々物騒な言動を取るからだろうか)。

さらに龍の元舎弟である雅の、兄貴を慕ってるように見えて根本的に今時のいい

かげんな若者っぷりが清々しい。その他大勢のヤクザのみなさんが山ほど出てきて

怖くてもみんな根がいい人だしタピオカミルクティーが大好きだから安心してご覧

下さいね。

 

 

 ↓ギャップのある一芸に秀でたヤクザマンガ、こっちもよろしく!

blueflag01.hateblo.jp

 

 

 ↓これも面白かった人情ヤクザ映画

任侠学園 [DVD]

任侠学園 [DVD]

  • 発売日: 2020/03/06
  • メディア: DVD
 

 

もういっそカテゴリーに「ヤクザ」を追加しようか?