碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

Yuna「捨てられた皇妃」 ノベル版 1巻

コミック配信アプリ「ピッコマ」にて大人気連載中のファンタジー少女コミック「捨て

られた皇妃」の原作小説がとうとう日本発売! 待ってました! コミック版4巻と

一緒にゲットしました。 

 

ノベル 捨てられた皇妃 1 (フロース コミック)

ノベル 捨てられた皇妃 1 (フロース コミック)

  • 作者:Yuna,亜樹新
  • 発売日: 2020/08/05
  • メディア: コミック
 

捨てられた皇妃(ノベル) 1巻

 原作:Yuna  発行:KADOKAWA フロースコミック

キャラクター原案:iNA  イラストレーション:亜樹新

 

 

 ↓コミックス版最新刊の感想はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

カスティーナ帝国の未来の皇后として育てられたモニーク侯爵令嬢アリスティアは

ある日突然異世界から現れた少女・美優に皇帝ルブリスの愛と皇后の座を奪われ、

皇妃(第二妃)として皇帝夫妻に尽くすことになりました。

 

アリスティアは胸の内の苦しみを覆い隠して皇后としての責務も礼儀作法も何一つ知ら

ない美優に代わり必死に政務に打ち込みますが、そんな彼女をルブリスは忌み嫌い、

冷たい仕打ちを与え続けます。一方的な関係によって身ごもった子を流産に追いやった

挙句、アリスティアの父・モニーク侯爵に反乱の疑いをかけ処刑してしまいます。

怒りのあまりルブリスを刺した彼女も16歳の儚い命を散らすのですが… … …

 

気がつくと9歳の自分に戻っていました。 彼女のねじまげられた運命を哀れんだ主神・

ビタがやり直しの機会を与えてくれたとのこと。最悪の未来を変えるため、アリス

ティアの新たなる戦いが始まります…。

 

※※※

 

ノベル版1巻はコミック版2巻の終わりまでの内容が入ってます。(縦書きです)

 

基本的にアリスティア目線で語られます(2巻以降に特定人物目線の外伝あり+

解説の時は三人称っぽくなる)。アリスティアの心境が細かに分かる分、美優との

まったく噛み合ってない、相手に求めているものが違いすぎるっぷりがはっきり

見えてきますね。おそらく私たちの世界の普通の女子高生として育ち、普通の女子

高生以上の器では無さそうなのにいきなり異世界に飛ばされてわけがわからず

状況に流される美優の気持ちは分からなくもない(好感を持てるかは別として)。

 

そしてあっちの世界の誰一人美優の心境を真剣に汲み取っていないっぷりもよく

わかる。回帰前のティアが冒した誤りの一つはルブリスのことしか考えず、周囲に

全く関心を持たなかったこと…。貴族的すぎるし余裕が無くて、美優にも冷たい。

さらにルブリスがからんで余計にこじれるし…ルブリスはコミック版に輪をかけて

ティアを虐げていますよどうしようもねぇ野郎だ! 諸悪の根源のビタ神は元々

美優に何を期待していたのか知らないが成長してからこっちの世界に呼び戻した

ところでどんな皇帝夫妻にするつもりだったのかしら?

 

この物語は異世界転生モノを逆手に取ったお話しなんですよね。本来は美優が

主人公、ティアの方がいわゆる「悪役令嬢」の立場にあたると。視点を変えたら

全く違う光景が見えてくるわけで…どっちも可哀想なんですよ。そのテの作品で

一番残酷なのは悪役令嬢じゃなくて”男”だと思います。結局男次第なんだもの。

 

それにしてもアリスティアったら、16歳で皇宮を取り仕切る能力すら信じられ

ないのに9歳にしては賢すぎない? ってみんな警戒しないものか。本一冊読むに

したってペースが早すぎる。速読をマスターしてるのか瞬間記憶能力の持ち主なの

かしら? フィクションにそこまでツッコんだらダメか…。 でもうらやましい。

 

コミック版には出てこないエピソードや、逆にコミック版オリジナルの展開あり、

両方見比べるのも楽しみの一つ。第二騎士団のリーグ卿は元々中年男性だった

(リナとうまく行くのかしら?)、ラス公爵の性格が違う、など時折設定の異なる

箇所もあります。アリスティア以外の登場人物の魅力も引き立てたコミック版、

彼女たちの住む世界についてより詳しく知るならノベル版、どっちも読むべき。

 

引っかかる点は冒頭のシーンの擬音(つかみが大事なんだからもう少しどうにか

ならんかったのか?)、一部場面転換がわかりにくい箇所、ピッコマ更新版のミス…

は修正されていたかな? それからコミック版の絵が素晴らしすぎて、申し訳ない

けどノベル版の挿絵では物足りないなと。ルブリスがアリスティアの5歳上には

とても見えません。いっそ表紙だけピッコマのiNA氏のイラストを使い、挿絵は

無しの方が良かったんじゃないかしら?  …いやいや絵師さんの仕事を奪っちゃ

いけないか…イラスト業界は大変みたいですもんね。

 

 

 2巻の発売も待ってます!

 

 

 ↓こちらもピッコマで読んでます。ノベル版の公開が始まりました。

人類皆平等、民主主義=正義のような時代に生きる私たちですが、何だかんだで

みんな帝国とか皇帝とか好きよね…。

皇帝の一人娘 1 (フロース コミック)

皇帝の一人娘 1 (フロース コミック)

  • 作者:RINO
  • 発売日: 2018/03/05
  • メディア: コミック