碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

iNA「捨てられた皇妃」 3巻

ちょっと前に発売されていたのにノーチェックでした!! コミック配信アプリ「ピッ

コマ」にて大人気連載中のファンタジー少女マンガ「捨てられた皇妃」の単行本、

待望の第3巻です! フルカラーコミックでありながら週に一度更新されるムチャ

ぶりのせいなのか、なかなか単行本が発売されませんね。三月第一週時点でピッ

コマでは90話まで公開済み、3巻は26話~38話収録。気の長い話です…。

 

3巻の表紙は最近見かけた&今回登場するカルセインとのツーショットがくるかと

思ったらお父様でした。2巻までの感想記事にも書きましたが

私は圧倒的にお父様ルート一択ですわ。

パパがいれば何もいらないじゃないのどうせみんな似たようなイケメンなんだし

 

 

捨てられた皇妃 3 (フロース コミック)

捨てられた皇妃 3 (フロース コミック)

  • 作者:iNA
  • 発売日: 2020/02/05
  • メディア: コミック
 

 

この表紙のアリスティアこんなに可愛いじゃないのこんなに幸せそうじゃないの

もうお父様でいいじゃない? ねぇ?

 

捨てられた皇妃 3巻

マンガ:iNA  原作:Yuna  KADOKAWA フロースコミックス

「ピッコマ」にて連載中

 

 

 

 ↓2巻の感想はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

カスティーナ帝国の未来の皇后として育てられたモニーク侯爵令嬢アリスティアは

ある日突然異世界から現れた少女・美優に皇帝ルブリスの愛と皇后の座を奪われ、

皇妃(側室)として皇帝夫妻に尽くすことになりました。ルブリスはアリスティアを

忌み嫌い、冷たい仕打ちを与え続けた挙句に父・モニーク侯爵に反乱の疑いをかけ

処刑してしまいます。怒りのあまりルブリスを刺した彼女も16歳の儚い命を散ら

すのですが… … …気がつくと9歳の自分に戻っていました。

 

運命を司る神・ビタの言うことにゃ最初から未来の皇后になるはずだった美優が

別の世界に生まれたことで運命をねじ曲げられたアリスティアへの贖罪だとか…。

ひどい神様ですが人生をやり直せるとなれば、美優が来る前にルブリスとの婚約を

破棄し、悲惨な結末を変えようと決意します。

 

彼女が選んだ手段は騎士となり、父モニーク侯爵の後を継ぐことでした。自分の

願いを父に告げ、剣を握ることを許されます。訓練の日々の中、転生前は心を通わ

せることができなかった父ケイルアンの愛情を知り、侍女のリナや父の配下の騎士

たち、そしてベリータ公子・アレンディスらとの親交に心を温めます。

 

しかし正式に婚約を破棄するまでは皇帝一族とも付き合わねばならず、時折皇宮に

顔を出して皇太子ルブリスと対面するのですが、悪夢のような未来が頭を離れない

アリスティアは毎回強いストレスにさらされ、ルブリスも彼女に敵意と不信感と

彼女の母親にまつわる複雑な感情を抱くようでした。早く騎士になりたいアリス

ティアの願いも空しく、生来身体の弱い彼女の剣の修行ははかどりません。さらに

父が遠征にいくことになり、一人留守を守る身で焦りが募るばかり。

 

そんな時、気分転換に出かけた町の武器屋で紅い髪の元気な少年と出会いました。

剣を見ていた女の子に興味を持った彼に親しく声をかけられ、その容姿と言動から

後の天才騎士カルセイン・デ・ラスと見当をつけるアリスティア。少年の父・ラス

公爵とモニーク侯爵は友人にして同僚でした。剣術を教えてくれると請け負って

くれたのでこれは好都合、と早速ラス家を訪問し剣術の指導を願うも、彼女を

モニーク公爵令嬢だと知った公子・カルセインは突然態度を変えて…?

 

※※※

 

帝国屈指の名家・ラス公爵家の面々が本格的に登場してまいりました。どのくらい

名家っていうと皇女をお嫁に迎えるくらい…皇女って他国の王家との政略結婚が

基本なイメージがあるから国内の貴族(公爵とはいえ王族・皇族ですらない)に嫁が

せるって不思議な印象。皇帝が妹を手元に置いておきたかったのか、他国の王家に

皇位継承権が回ると面倒だからか…でもラス公爵家の息子二人に皇位継承権があり

そうな雰囲気は無い。ってことはそもそも皇女とその子孫には皇位継承権が無い

のかな。ティアには神託で継承権が授けられたってのに…と、多分空振りに終わる

考察を楽しみました。

 

そんな元皇女の公爵夫人もなぜかティアに冷淡でプライドは高いけど、下の息子を

叱ることも多いけど、ちゃんと夫を立ててるし仲の良さそうな一家で何よりです。

明るく元気で生意気なカルセイン。大貴族の子弟らしからぬ言葉遣いや自由な振る

舞いも、幸せで恵まれた家庭に才能を持って生まれた余裕であると思う…なんて

イヤな言い方をしてしまいますが「3人」の中じゃ彼を推したいですね。健康的

だから。でもアリスティアは彼の元気に振り回されがち…? 一方のベリータ公爵

家はなんか不穏…というかアレンディスが闇を抱えすぎ大人になったら怖くなるよ

絶対…。

 

26,27話のティアのドレスがめちゃくちゃかわいい。一つ一つ取り上げたら

キリが無いけどとにかくいちいち衣装がステキです。やはりコミックス化に際し

カットされているコマがあります。シャンデリアの「下」は入れておくべきだと

思いますが…と思ってピッコマ掲載分と並べて比較したら暗いコマが見辛く感じ

たり、背景の加筆が入ってたりいろいろと…そりゃ時間がかかるわけだ。

 

そろそろ揃いも揃ってほっそりしたイケメンお兄さん地獄にも慣れて参りました。

毎週、続きを楽しみにしています。

 

捨てられた皇妃 1-3巻 新品セット

捨てられた皇妃 1-3巻 新品セット

  • 作者:iNA
  • メディア: セット買い