碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「名探偵ピカチュウ」

最近の3DCG技術はすごい。不思議な生き物を現実の世界に連れてきちゃうよ!

と、いうわけで世界的人気ゲーム「ポケットモンスター」、または「Pokémon」、

おなじみの人気キャラクター「ピカチュウ」を主役にまさかの実写映画です。

 


【公式】映画「名探偵ピカチュウ」予告①

 

名探偵ピカチュウ ( 原題:Pokémon Detective Pikachu )

公開:2019年  製作国:アメリカ合衆国  上映時間:104分

原作:任天堂ポケットモンスター」  配給:ワーナーブラザーズ  東宝

監督:ロブ・レターマン  音楽:ヘンリー・ジャックマン

出演:ライアン・レイノルズ  ジャスティス・スミス  渡辺謙 他

 

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

孤独な若者・ティムは幼い頃から疎遠だった父ハリーの事故死の知らせを受けて、

彼が住んでいたライムシティに向かいます。ライムシティは大富豪ハワード・クリ

フォードの主導の下、人間とポケモンが共存する街でした。探偵業を営んでいた

ハリーの部屋を訪れたティムはハリーが関わる事件を追っているという妙な女性、

ポケモンを凶暴化させる妙な薬、そして人の言葉を話す妙なピカチュウと出会い

ました…正しくはピカチュウはティムとだけ話せるようでした。

 

自称:ハリーのパートナー、自称:記憶喪失。ハリーは生きていると確信するピカ

チュウに渋々付き合うティムは"R"と呼ばれる薬品の出所を追い、街のハワード

主催のポケモンパレードを間近に賑わうライムシティを駆け回ることに。

 

幼い頃母を失い、父が去って以来ポケモンを疎んでいたティム。しかし急遽パー

トナーとなったピカチュウとの冒険を経て徐々に父との絆、ポケモンへの愛情を

取り戻していくのでした…

 

※※※

 

私はゲームのポケモンはやったことがなくて初期アニメしか知らないのだけど、

ピカチュウコダック、リザ―ドン、カラカラ、ゼニガメフシギダネ、プリン、

コイキング、そしてミュウツー…お馴染みのポケモンたちが現実世界にいるような

光景に心躍りました。特にバリヤードとのバトルターンは笑わせてもらいました。

ピカチュウのふわふわ毛並みがたまりませんな。特に腹毛…。大人気のしおしお

顔もクセになりそう。コイキングの水気もなかなかです。最近のCG技術は本当に

すごいですね。ここまで現実っぽい質感を出せるものなのか…。

 

ポケモンとの共存を掲げるすてきな街、ライムシティ。光溢れる街にも影がある。

裏の顔を探るべく小さな相棒と駆け回るティム。そして上昇志向の強い新米記者

ルーシー。

 

思ってたより意味が無かった渡辺謙

 

意味ありげな深刻そうな表情してるわりに…。敵とグルであるもしくは彼独自に

ハリーの事件の真相を追ってるって流れでもあれば良かったのに 。ストーリーは

決して完成されてるとはいえないかな。とにかくポケモンの可愛さ、彼らと共に

生きられる夢の世界を楽しむべきかと。

 

 

ポケモンという不思議な生物。多彩な技。人間にはできない進化。その生命力の

謎を欲し、研究したがるのも無理が無い。しかし、この世界に共に生きる尊重

すべき生命であるという大切な一線を越えると、彼らの力は人間の脅威となって

しまいます。そしてもう一つ試されるのは親子の絆…いやいや、ピカチュウをなで

たい衝動に打ち勝つ精神力かな。

 

とにかくピカチュウが可愛い。それでいいじゃない?

 

 

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVDセット

名探偵ピカチュウ 通常版 Blu-ray&DVDセット

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • 発売日: 2019/10/30
  • メディア: Blu-ray