碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

放送大学平成30年度2学期単位認定試験終了メモ

風邪やインフルエンザの流行る、一年で真夏に次いで二番目に危険な季節に受験と

いう戦いを終えたみなさま、お疲れさまでした。私も予防のためマスクを装着して

試験に臨みました。このブログの更新をお休みさせていただいたおかげで今回も

無事に乗り越えることができました。全て合格点を獲得できているはず…。忘れ

ないうちに試験の感想をまとめます。学習内容についての詳しい感想については

後日、試験結果と併せて書く予定。

 

マイルール

  • ちゃんと印刷教材を読み放送授業を視聴することが大前提
  • 過去の試験問題をしっかり保存しておくべし
  • 過去問を確保してても油断は禁物
  • 自然と環境(=自然科学)コースの科目は今までもこの先も取る気無し
  • オンライン授業も今のところ選択する余裕無し 

 

↓現在、31年度入学生を募集中!

www.ouj.ac.jp

 

 

 

 

 ↓前回のあらすじ

blueflag01.hateblo.jp

 

平成30年2学期選択科目(受験順)

 

危機の心理学(’17) (心理と教育コース・専門科目)

 

人間が人生を送る上で出会うさまざまな危機に遭遇した際の心の働きを考えるのに

重要なことを心理学の(「危機心理学」という統括された学問は無い)観点から学ぶ

科目。個人の問題から自然災害、国家間の戦争まで多様なテーマを取り扱います。

 

4択×10問。最初に受けたので記憶が曖昧ですが、過去問そのまんまの問題は

出なかった気がします…でも過去問(提出・自習問題含む)をしっかり解いていれば

だいたい分かる、くらいの難易度です。

 

 

日本アカデミックライティング(’17) (基盤科目)

 

大学生としては避けて通れないレポートや論文を書くための初歩的な手引きです。

同じく基盤科目「日本語リテラシー」からさらにアカデミックな内容に踏み込んだ

内容となっております。

 

過去問と過去問をちょっといじったのと新作問題混合の4択×10問。印刷教材・

ノート持ち込み可の試験ですし自習型問題では説明文の記述を出題されましたが

本試験は記述無しの択一式なのでまず大丈夫でしょう。過去試験の平均点が高い

わけだ…。持ち込み不可でもなんとかなりそうなのになぁ。

 

 

心理カウンセリング序説(’15) (心理と教育コース・専門科目) 

 

セラピスト(カウンセラー)としてクライアント(患者)に向き合う(カウンセリング)

際の初歩的な心得を、理論的な面と実践的な例を織り交ぜつつ掴んでいく科目。

 

4択×15問。特に言うことがないほど手堅く解きました。

 

 

社会心理学(’14) (心理と教育コース・専門科目)

 

「社会」と聞くと誤解しそうだけど、自分以外の他人とのかかわりが生じれば

そこに「社会性」が問われる、という意味であり、社会性を心理学の側面からとら

えていく実践的な学問です。各章で1冊ずつ社会心理学に関する書籍を紹介する

形式をとっています。

 

なかなか手強く感じた4択×10問でした。いくら過去問からの出題でも正答を

覚えていなかったら意味が無いですわね…。そしてこの試験にて初めて問題文の

誤りに遭遇しました(ちなみに過去問)。退出可能時刻までに本部からの返答が

無かったため、その後の対応は不明。

 

 

身近なネットワークサービス(’16)(情報コース・専門科目)

 

私たちの日常生活の場にあるPC、クラウド無線LAN、家電、自動車…当たり前の

ように使っているデジタル機器はほとんどがなんらかのネットワークサービスに

繋がっています。そのしくみを理解する科目です。

 

今回の「何を言ってるのかさっぱり分からない」枠。

 

悪夢の5択×15問。情報コースはユルいのと厳しいのと差が大きい気がします。

心理系はわりとユルいんだけどな-心理系は学習内容が重なってる部分が多いし

ね…。ヤバいと分かっている分必死に解きまくった5回分の過去問でほぼフォロー

できました。そして余る試験時間…。

 

※※※

 

前回から1科目増やして5科目を選択しました。どうしても取りたい科目があった

ために試験期間9日間中3回も試験会場まで足を運んだらさすがにしんどい…。

次回から2日間にしぼりたいと思います。試験結果の公開は2月下旬を予定して

いるそうです。在学生ならばそれより前に来学期の科目登録申請をできるように

なります。

 

ただ漫然と放送授業を視聴して過去問やって単位を取れればOKでは受け身で味気

ないし、大学生の本分は自発的に「研究」することだろうけども、今のところ興味

ある科目を学習するだけでほぼ満足しちゃうし単位を取るだけで精一杯、なかなか

研究したいことが見つからないことに少し後ろめたさを感じています…面接授業の

最後に提出するレポートも「説明文」で精一杯でした。「論文」を書けるように

なりたいですね…。

 

 

 ↓参考文献をほとんど読めて無くて本当に勿体ない…!

服従の心理 (河出文庫)

服従の心理 (河出文庫)

 

 

twitterアカウント稼働中です。中身はスカスカですが、よろしければフォローを

お願いします! 鷹野樹 (@blueflag01) | Twitter