碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

仲間りょう「磯部磯兵衛物語」15巻

疲れてぐだぐだした有給休暇中に、記事を書くのをぐだぐだと引き延ばしてきた、

ぐだぐだした浮世絵戯言マンガのぐだぐだした感想です。(今は毎週1回アニメ”魔法

使いの嫁”の感想記事書くからなぁ…来週の今日はトネガワ6巻の予定)

 

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 15 (ジャンプコミックス)

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 15 (ジャンプコミックス)

 

磯部磯兵衛物語 ~浮き世はつらいよ~ 15巻

 著者: 仲間りょう  発行: 集英社ジャンプコミックス

週刊少年ジャンプ連載終了

 

 

 ↓前回の記事はこちら

blueflag01.hateblo.jp

ざっくりとしたあらすじと感想

寿命の尽きた葛飾北斎が孫娘に乗り移ってまで完成させた”神の春画”を偶然手に

入れたアメリカ合衆国のペリー大佐は春画に魅せられたあまり黒船に乗って日本に

押しかけました。日本中の春画を独り占めするためにざっくりと侍っぽい姿に変装

して江戸に潜入するも変装がざっくりしすぎて磯兵衛っぽくなり磯兵衛の友人に

磯兵衛と勘違いされたり騒ぎが起きかけますがめげずに春画を探すペリーを哀れに

思った神様は一度は成仏した葛飾北斎の魂を再び孫娘に憑依させます。しかし

以前のようにバリバリ描くにはリハビリ期間が必要とかで、ペリーは彼がまた”神の

春画”を描くその日を日本で待つことに…。

 

一方、主人公・磯兵衛は相変わらず中島君・花岡君・源君らとテキトーな日々を

過ごしていましたが釣りだけは得意のようです。相変わらず最強な母上様と先生。

花岡君は今日もダメなお父さんに翻弄されて不幸な日々。本格的にグレる五秒前!

武士学校の上級クラスに憧れる源君にひっぱられて見学に行くも、そこで彼らが

目にしたものとは…!? ある日団子屋の娘さんから手紙を受け取る磯兵衛、ついに

二人の関係に進展が…!?

 

そしてなぜか本人作のスピンオフマンガ「磯部磯兵衛ひざくりげ!」第13話~

最終話も同時収録! 磯兵衛と中島は大八にさらわれた娘さんを助け出すことが

できるだろうか…!?

 

※※※

 

…などといういつものゆるグダな磯兵衛節の光るラインナップでした。

 

個人的な15巻の目玉はテコ入れか何か知らないけどいきなり登場した美形キャラ

藤井先輩の登場ですわ。源君以上の美形…いや、今時のイケメンキャラじゃん…!

もう浮世絵じゃないじゃん…。思い返せばけっこうテキトーに現れてテキトーに

フェードアウトしたキャラ多いですね…天草四郎もいなくなった…と思ったら一発

キャラと思ってた悪代官がまた出てきて、葛飾北斎も戻ってきたり。徳川将軍も

折角一度に15代揃ってるんだからもっといろいろやれたんじゃないかなと…。

別にぐだぐだしててもいいんだけどさ、磯兵衛だし。

 

そんなこんなであんまり浮世絵成分の無くなってきたぐだぐだ浮世絵戯言マンガ、

 次巻にて完結…! でもジャンプで4年間連載するって十分スゴいことだよ!!