碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「機動戦士ガンダムNT(ナラティブ)」

さらに残暑が続いている上に関東では台風の被害も出てしまいましたがいかが

お過ごしでしょうか。人気アニメシリーズ「機動戦士ガンダム」の27年ぶりの

新作映画です。(27年間ガンダムシリーズの劇場公開作が無かったわけではない)

 

ナラティブ=「(自分自身の物語を)語ること」 。作中では「神話」に近い解釈。

 

www.youtube.com

 

機動戦士ガンダムNT

2018年公開  上映時間 : 90分  製作 : サンライズ  配給 : 松竹

原作 : 富野由悠季福井晴敏  監督 : 吉沢俊一  音楽 : 澤野弘之

出演 : 榎木淳弥  村中知  梅原裕一郎  中井和哉  内山昂輝

 

 

 

↓これまでのあらすじ


ゾルタン様の3分でわかる宇宙世紀!

 

よくわかったところで… 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

UC(宇宙世紀)0097。「ラプラスの箱」と呼ばれた本物の宇宙世紀憲章がザビ家の

遺児ミネバ一党によって公開された後も世界は大きく変化することなく、ラプラス

事件の象徴たる「ユニコーンガンダム」やその主要部品である「サイコフレーム

らを人類には制御しきれない過ぎた力「シンギュラリティ」として封印する流れに

向かっていました。そんな折、過去に暴走事故を起こし所在不明だったユニコーン

ガンダム3号機「フェネクス」が再び姿を現わしました。極秘で捕獲作戦を展開

する地球連邦軍ですが、宇宙空間を常識外れの速度で飛び回るフェネクスの補足は

至難の業でした。

 

フェネクス捕獲…「不死鳥狩り」に挑むシェザール隊の旗艦「ダマスカス」に、

地球の香港を拠点とする巨大財閥「ルオ商会」の会長の養女であるミシェルの意を

汲んだナラティブガンダムが送り込まれます。パイロットはヨナ・バシュタという

青年。ミシェルと、そしてフェネクスのテストパイロットに選ばれ暴走事故を起こ

したリタ・ベルナルの幼なじみでした。かつてジオンのコロニー落としを予言し

多くの人命を救い、「奇跡の子どもたち」と呼ばれた3人。その後孤児となりティ

ターンズのニュータイプ研究所に引き取られた彼らは人体実験を受け続けた挙句

離ればなれになります。フェネクスにリタが乗っているならもう一度会って伝え

たいことがある…世界への絶望を胸に抱きながら、「中の上の腕」のパイロットで

あるヨナは重装備のガンダムを駆り、フェネクスを追うのでした。

 

一方、ジオン共和国の軍人であるゾルタン大尉らもフェネクス捕獲の特命を受け、

情報を元にスペース・コロニーに侵入しますが、シェザール隊と鉢合わせします。

すべてはなんとしてもフェネクスを捕らえ、死を乗り越えられるかもしれない力が

欲しいミシェルの計画によって…

 

 

※※※

 

 

ガンダムUC」を視聴済みでないとストーリーの理解に苦労するかと。逆にUC

通過組としては最終話後のバナージやミネバらの姿が見られてうれしいです。

あくまで見守り担当のちょい役ですが。

 

ただし今回のキャラクターデザインは別の方が担当されております。音楽担当は

同じく澤野氏。ノリノリのBGMに合わせモビルスーツがめっちゃよく動きます。

ナラティブガンダムは元々は貧相なニュータイプ試験機に金にものを言わせてごっ

ちゃごちゃした武装を加算しまくってることが作中の重大なメッセージになるわけ

ですが、ガンダムにインコム(有線の小型レーザー砲。ファンネル未満という認識で

だいたいOK)って珍しいな!と感じた後で昔インコム装備のガンダムがいたことを

思い出しました取りあえず重武装です。とにかくGがバリバリ効いてます。

 

ガンダムUCにおいてバナージが行きかけた向こう側へ行ってしまったリタ。

主人公のヨナは強化もされていない中途半端なパイロットで人生に絶望ぎみ。

ミシェルは八卦を駆使して奇跡の子を演じ、罪悪感に苦しんでいる。シャアの再来

フル・フロンタルの失敗作であるゾルタン。本当の居場所を持っていない、現実に

傷ついた「普通」の人たちが主役になって「向こう側」を追い求めます。彼らの

戦いを見届けるのはオールドタイプの隊長や艦長。でも常識的な人たち。それと

どう見てもうさんくさいイケメンなのに普通にいいヤツだったミシェルの秘書

ブリック…周囲を見回せば価値あるものに溢れてるのに、見果てぬ影を追いかけて

しまう者たちの物語です。

 

正直、「強化人間」に関する情報はキツすぎて脳に入れたくない。宇宙に上がった

人々の希望の象徴だった「ニュータイプ」が戦争というフィルターを通して人類に

認識されたために、科学的定義を求める以前に戦争の道具として求められた結果、

多くの子供たちが人体実験の犠牲にされたと思うと…。頭突きで割れたガラスに

引っかかった髪の毛が体重によって引き抜かれるシーンがあまりに生々しくてこの

映画屈指のトラウマシーンでした…。本当にキツい…。コロニー落としのシーンも

しっかり描かれており、なかなか恐ろしいです。

 

しかし、そもそも「ニュータイプ」とはなんぞや? という疑問に完成形は無いと

言って良いので、今作の「ニュータイプ神話」を認めるかどうかは個人の判断に

委ねられます。ミシェルやブリックの主張を世迷い言と切り捨てたってオールド・

タイプは悪く無いよ絶対…。UCよりさらにサイコフレームの万能観が出すぎてて

もうついて行けない気がします。私の解釈では…ったってそんなに詳しく無いけど

ニュータイプ能力と予知能力とは別モノな気がするし…ニュータイプは感染すると

言われても困るし…オカルトっていうかファンタジーというか…歯切れが悪くて

すみませんがゾルタン様自らツッコミを入れてるくらいだからムチャは承知で

やってるんでしょうね。わざとやってるなら仕方が無い。

 

人類が急ぎすぎた結果、行き着くところまで言ってしまったニュータイプ神話を

封じていくことが今後の課題になるようです。つまり、すでに「UC2」の企画は

動いています。う~ん…次は何をやるんでしょうか。赤い彗星の再来以上にイン

パクトのある敵キャラクターを生み出せるのでしょうか。

 

 

機動戦士ガンダムNT [DVD]

機動戦士ガンダムNT [DVD]