碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 (上)

何年も待ち続けた映画をとうとうこの目で観る日がやってまいりました。 

日本が産んだ怪獣「ゴジラ」が、海を渡ってハリウッドに再上陸。前作を凌駕する

大スケールな本気の大怪獣バトルをご覧あれ!

 


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告2

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

(原題:Godzilla: King of the Monsters)  2019年公開

製作 : アメリカ合衆国  レジェンダリー・ピクチャーズ

配給 : ワーナー・ブラザーズ/東宝  上映時間 : 132分

監督 : マイケル・ドハティ  音楽 : ベアー・マクレアリー

出演 : カイル・チャンドラー  ヴェラ・ファーミガ

    ミリー・ボビー・ブラウン  渡辺謙 他

 

 

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

太古の眠りから覚めた巨大生物:ゴジラとムートーの戦いによりアメリカ諸都市が

壊滅した5年後。世界中に眠る巨大生物を監視してきた組織「モナーク」に対する

批判が高まり、アメリカ軍は「モナーク」を解体しゴジラを含む全ての危険な巨大

生物…怪獣を抹殺すべきと考えますが「モナーク」の芹沢博士らは怪獣との共生の

可能性を模索していました。

 

その頃、中国雲南省モナーク基地ではエマ・ラッセル博士と娘のマディソンが

孵化したばかりの怪獣「モスラ」と交信を試みていました。そこを環境テロリスト

集団に襲撃され、ラッセル母子は交信装置「オルカ」ごと連れ去られました。

 

知らせを受けた芹沢らは、「オルカ」の原型の開発者であり、モナークを離脱して

いたエマの夫・マークを呼び寄せて協力を依頼します。5年前に息子を失い、

家族がバラバラになった元凶のゴジラを憎むマーク。共生なんてありえないと思い

ながらも、妻子を救うためにモナークに合流します。

 

マークが「オルカ」の音波を追跡した結果、エマたちを連れ去った連中が向かう

先はモナークの南極基地と判明します。連中の目的は、南極の厚い氷塊に眠る

「モンスター・ゼロ」の復活とコントロールでした…!

 

 

※※※

 

 

怪獣と追って追われて、戦って逃げて。怪獣同士の大激突! 伊福部音楽のアレ

ンジ。オキシジェン・デストロイヤー。モンスター・ゼロ。終盤のゴジラの形態…

その他私が気付かないだけで数多く散りばめられているだろう原作リスペクト。

ゴジラへの愛がそこにあります。

 

もちろん細かいツッコミどころもたくさんあります。 ご都合主義もあります。

勢いで楽しむ作品です。ゴジララドンモスラキングギドラが大暴れしてりゃ

細かいことは気にしない方には本当におすすめ。モスラは可愛くないデザインだ

けれど羽化のシーンのうっとりするような極彩色ときたら…キングギドラの凶悪

性能ときたら…でも三つの首の一つ一つ性格があってご愛敬。

 

もちろん人間パートにだってそれなりに尺を割いているし、恒例の「家族の絆」

ターンも健在。今回の家族は前回以上に事態の当事者な上にかなり困った人たち

ですが前回と同じく主人公補正で危機回避しまくります。吹き替え版で鑑賞した

ところ、田中圭氏の声質はこのお父さんを演じるにはちょっと若すぎる印象。

娘さんはもう少しモスラと交流して欲しかったな。お母さんは… … …どうして

その方向へいっちゃうかなぁ?

 

ところで「マディソン」って女性名だったのね。

(地名でしか聞いたことがありませんでした)

 

前作「GODZILLA(2014)」から引き続き登場する秘密組織「モナーク」の巨大な

組織像が明らかになってきました。しかしこの規模を構築するためにつぎ込まれた

だろう予算が組織外に還元されているかは今イチ疑わしく、アメリカ軍の偉い人

たちが不満を抱くのもやむなしかと。…まぁ、学者集団だからね…(戦力も持って

いますが)。

 

世界一傲慢なアメリカ軍相手に地球のバランスがどうだ怪獣たちと共生がどうとか

理想論を掲げるより、そもそもあんな100m超の巨大な化け物どもを人間の力で

どうにかできるわけないだろうが! 刺激すんな!! と主張した方が説得力がある

のに。生まれたばかりのモスラ幼虫すらもてあましぎみだったんですから。1体

倒すために想定される人的ならびに経済的損失の試算表でも叩きつけておけばいい

ものを…頼りないトップ陣です。他に人材はいないのかしら…今回はそれなりに

がんばって活動していましたけどね。ただしモナークのリーダーとされる芹沢博士

(渡辺謙)よりも主人公一家のお父さんの方が判断能力が高く、テロリストとやり

あえる程度に戦闘能力も備わっていました。

 

その芹沢博士の「我々が(ゴジラの)ペットになる」って台詞はもっと事態が深刻化

してから言った方が説得力があったんじゃないか、と思います。

 

主にモナーク目線で人間の目前を怪獣が大暴れするシーンが山ほどあるのでこんな

連中の相手は絶対無理感はビシビシと伝わってきます。人が巻き込まれて簡単に

死んでいきますしラドンやギドラは人間を食べます。絶望です。それでも生身で

足止めし、ちっぽけな戦闘機で迎撃することを義務づけられた軍人さんは誠に気の

毒でありました。日本のゴジラからの伝統芸です。無理と分かってても戦わなきゃ

いけないのよ…。

 

同じくレジェンダリー製作の映画「キングコング:髑髏島の巨神(2017)」と同一

世界観として設定を共有しており(この設定は要らない人は本当に要らないと思う

けど)、来年のキングコングとの対決映画に繋がっていく予定です。…とはいえ、

 

キングコングさぁ、こんなヤツとどう戦うのよ…? 

 

 

エンドロールは全て終わるまで席を立たないことをおすすめします。長いですが。

最後の最後にオチを追加する映画が増えましたよね。

 

 

表向きの感想(上)はここまで。ネタバレ&個人的なこだわりを追求する予定の(下)に

続きます。

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(オリジナル・サウンドトラック)