碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」 11巻

舞台化、スピンオフコミック連載開始、公式ファンクラブ始動など、ますます 

広がりをみせる人外×少女ファンタジーマンガ「まほよめ」、待望の11巻。

今回の表紙は学院<カレッジ>内の庭園でかくれんぼをするチセと学友たちです。

 

魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS)

魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS)

 

魔法使いの嫁 11巻

 

著者: ヤマザキコレ  発行: マッグガーデン ブレイドコミックス

月刊コミックガーデン連載中

 

 

 

 

↓前巻の感想はこちら 

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

人ならざる魔法使い・エリアスに日ごろ便宜を図っていた監視役・サイモン牧師は

派遣元の「教会(協会)」からやってきた監査官に職務怠慢を指摘され解任&強制

送還されかかりましたが、補佐役のシスター・ガブリエッラとエリアスが監査官を

「言いくるめ」、現状維持となりました。エリアスはサイモンが自分を嫌わない

理由を尋ねます。サイモンが特に危害を加えられたことのない人外生物なんて問題

じゃないくらい自分自身を最も憎むようになった過去が語られました…。

 

同じ頃、エリアスの弟子兼人間の先生(兼嫁)のチセはエリアスの名付け親である

魔法使い・ラハブの自宅へと招かれていました。エリアスは師・リンデルと別れた

後、数十年ラハブと暮らして人間の生活の仕方を学んだそうです。とはいえ人外の

彼は人間の感情を本当に己のものにはできなかったし、チセを「お嫁さん」として

買い取ったのは自分の説明が悪かったかも…チセが考えるそれとは違うかも、と

うなだれるラハブ。チセはどういうかたちでも自分はエリアスとともにいたい、と

微笑むのでした。(でも、一応どういうつもりだったか確認しとこうと思いました)

 

イングランドの田舎町とロンドンの「学院」<カレッジ>を往復する勉学の日々は

なかなか大変ですが、抜け道を利用したり少しずつ慣れていき、クラスメイトとも

コミュニケーションが増えました。チセのルームメイトのルーシーは相変わらず

そっけない態度ですが、チセにまったく関心がないわけでもなさそう。彼女が

周囲と馴染まないのは、家系にかかわる理由があるようです…。二人で話している

ところを通りかかったのは、日ごろからチセを避けているゾーイ。私はあなたに

何かした? チセが呼び止めると…

 

※※※

 

日本人(多分)の少年、メガネ、竹の筒に入った細い狐…相変わらず”誰か”を思い出す

機会の多いマンガですが、それはさておき監査役の少年がチセの弟である可能性を

まだ頭の片隅に残しておきます。だってたまたま不思議な能力を持ったチセより

年下の東洋人の男の子が現れたって、ちょっとできすぎじゃね? 違ってても別に

いいけど。

 

11巻はサイモン神父の背負った重い過去が発覚し、彼を遣わしエリアスを監視

してきた「教会(協会)」の存在がようやく見え始め、チセの同級生との交流やまた

不運な目に遭いそうなステラ…ってだけでも大変なのに、ラハブとチセの邂逅に

よってエリアスとチセが「夫婦」について考えるターンがやってきました。その

流れでレンフレッドのアリスへの感情が判明します…「俺の娘」です。偶然物陰で

聞いてしまったアリスは何を思ったでしょうか。「護り手」のはずが守られてる、

あるいは「失恋」、またあるいはようやく「伴侶」という可能性に気付いたか…。

 

魔法使いも魔術師も独自の世界観で生きている変わり者が多い印象ですが、今より

ずっと昔にエリアスがいつか見つける伴侶が男でも女でも問題にならない時代が

来る、と言えたラハブさんも、特異な体質に産まれてしまったゾーイに原因は親で

ある自分たちだけど(君を授かったことを)後悔していないから謝れない、と言い

切れるお父さんも方向は違うけど大したもんですね…。

 

前巻でちらっと触れられた「七つの盾」についてより詳しい情報が出てきました。

「学院」を創立した魔術師の七名家だそうです。チセの同級生にもそれらの姓を

持つ子が数名いる様子。学長は入っていません。「協会」も「学院」も勢力争い…

あぁ、ややこしそう。せめて片方ずつさっさと片付いて欲しいものです。

 

チセたちが自宅からロンドンの「学院」まで短時間で移動できる「抜け道」。この

電話ボックスを見た気がして、前から使ってなかったっけ? という錯覚に陥った

原因は公式ガイドブック「Merkmal」に掲載されたまよほめ初期ネームでした。

混同していたことを確認し、もう一度ガイドブックを読み返したらキャラクター

設定案の中に見覚えのある顔が…学院編は最初から想定されていたんですね。

ここまで連載が続いて良かったです。

 

まだまだ分からないことも心配も盛りだくさんですが、長い目でじっくり見守って

いきましょう。次巻は9月10日発売予定。

 

 

初回限定版 魔法使いの嫁 11 (BLADE COMICS SP)