碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

萩原天晴「1日外出録ハンチョウ」5巻

話題を呼んだTVアニメ「中間管理録トネガワ」にちゃっかりと紛れ込み好評を得た

カイジ」の飯テロ・スピンオフ「1日外出録ハンチョウ」、待望の5巻です。

 

 

1日外出録ハンチョウ(5) (ヤンマガKCスペシャル)

1日外出録ハンチョウ(5) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 

1日外出録ハンチョウ 5巻

原作: 萩原天晴  漫画: 上原求・新井和也  協力: 福本伸行

発行 : ヤンマガKCスペシャル

講談社週刊ヤングマガジン」にて連載中

 

 

 

 

↓4巻の感想記事です

blueflag01.hateblo.jp

 

 ↓表紙比較用トネガワ5巻 (「トネガワ」最新刊・第8巻は2月中旬発売予定)

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

地の獄、底の底…! 悪徳金融会社帝愛グループの抱える「地下王国」では、今日も

劣悪債務者達が借金返済のために過酷な労働に以下略(過去記事をご参照ください)

 

< おしながき > (福本節のあらすじ紹介は諦めました)

・沼川、千切りキャベツの食べ方をからかわれ拗ねる! 和解の鍵は…?

・宮本さん、お誕生日! 何故か時の狭間に迷い込む大槻たち。脱出の鍵とは…?

・沼川、まさかの発酵ブーム…!! 地の底で糠に埋もれる…!

・大槻、C班班長田切との宿命の対決! しかし真の敵は小田切では無く…!?

・テロリスト、東京を爆破…!? 大槻の怒濤の24時間が始まる!

 

※※※

 

1日外出・飯テロ要素よりも、大槻氏と彼を取り巻く人々らとの人間関係やキャラ

クター性にスポットの当たる5巻でした。特に糠川…じゃなかった沼川が大活躍。

ただのいじられポジションのキャラかと思いきや、拗ねて大槻たちを困らせたり

熟成されたりと、彼は今までの人生よりも地下に落とされてからの方がはるかに

人としての経験を積んでいるんじゃないかな…。(石和は相変わらず石和です)

 

成功者になれなかった者たちが苦しい日々の中で精一杯手持ちのカードを活かし、

ささやかな楽しみを得る、そんな物語でもあります。だから必ずしも登場人物が

善人である必要はありませんが宮本さんめっちゃいい人じゃないの! 入社6年

目の30歳で他の黒服から”さん”付けされるってことはけっこうなエリート?

どおりで大槻氏らの1日外出に自由に付き合えるわけだ…とはいえ羽目を外すにも

限度があるけど。上にバレて怒られませんように。

 

帝愛№2候補・重役の黒崎さんが登場しました。発酵食品好きなのね黒崎さん。

私は今までぬか漬けもザワークラフトもじっくり味わったことがなかったのに、

急に食べたくなってきましたよ。手作りギョーザも…やっぱり飯テロマンガです。

 

 

美夢=ビューティフルドリーマー、らしい…本当に原作者さん幾つなのかしら?

実は「矢立肇」みたいに共同名義ってことないよね? 実在する個人だよね?

(一応ご本人のTwitterアカウントが存在しています)

 

 

ほんのささいなきっかけで夢中になれる何かに出会えることも、出会えないまま

終わることもある。気の合う仲間を大切に。立場が高い人の後ろ盾を得るべし…。

社会人の身の処し方を学べる「中間管理録トネガワ」とともに、お疲れ気味の

現代人の人生の教科書としてみなさまもぜひお手に取ってくださいまし。

 

 

…ただし、計画性の無い借金は真似しないように!

 

 

樽の味 カンタンぬか床セット 2kg

樽の味 カンタンぬか床セット 2kg