碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「ブレードランナー2049」

この映画の記事を書こうか迷ったんですが…なんでもいいから自分が観た作品の

感想を気軽に書くという基本方針を思い出したし早急に書きたい記事も無かった

のでやっぱり書きます。ちょうどSF作品が続いていますし。1982年に公開

されて以来今なお語り継がれるサイバーパンク映画「ブレードランナー」の

35年越しの続編です。作中内の時間経過は30年。ちょっとややこしい。

 

 


映画『ブレードランナー2049』予告編

 

 

ブレードランナー2049

(原題:Blade Runner 2049)  2017年公開  製作国:アメリカ合衆国

配給:ワーナー・ブラザーズ / ソニー・ピクチャーズ  上映時間:163分

監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ  製作総指揮:リドリ-・スコット

出演:ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス

 

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

環境破壊と放射能に汚染された地球から宇宙開拓に活路を求めた人類。移住先の

植民星では発展した遺伝子工学によって発明されたタイレル社製の人造人間”レプリ

カント”が酷使されていました。しかし時に人間のような自我を持つレプリカント

現れ、過酷な扱いに憤った彼らはたびたび脱走や反乱を起こしました。任務から

外れたレプリを”解任”…つまり処分する役目を持つ”ブレードランナー”の一人だった

デッカード捜査官が女性型レプリカント・レイチェルとともにロサンゼルスから

姿を消してからもレプリの反乱は続き、タイレル社を倒産に追い込みます。しかし

数年後台頭したウォレス社がタイレル社の技術を買い取り、再びレプリカント

生産を始めました。今度はもっと従順なものを。もっと植民星を増やすために。

 

最新型のレプリカント:ネクサス9型のKはロス市警に所属するブレードランナー

として旧式の脱走レプリカントを”解任”する仕事を黙々と遂行していました。人間

からは”人間もどき”と蔑まれ、レプリからも憎まれる立場です。唯一の心の支えは

自宅で待つウォレス社製家庭用AI(グーグルホームやアレクサの進化型っぽい)の

”ジョイ”です。美しい女性の姿をしたジョイとKは恋人のように過ごしていました。

 

ある日、Kはロサンゼルス郊外の農場に潜伏していた脱走レプリ・サッパーを”解任”

させました。農場に埋められていたトランクを掘り出すと、中から女性の遺骨が

現れました。ロス市警に戻り詳しく調査したところ、女性は約30年前、出産後に

亡くなったこと…遺骨に製造番号が刻まれていること…つまりレプリカント

子どもを出産していたことが判明しました。

 

世界の混乱を恐れたKの上司・ジョシ警部補はこの事実を闇に葬ることを決意。

産まれた子どもの行方を追い、密かに始末するようKに命じました。

 

Kが遺骨の製造番号を照会するためにウォレス社を訪問したことで、ウォレス社

トップのウォレス氏も子どもを産んだレプリの存在を知りました。タイレル博士が

反乱レプリに殺される直前に実現化していたレプリカントの生殖能力を欲したウォ

レス氏は子どもの身柄を確保するため、側近である最新型レプリカント・ラヴを

差し向け…

 

※※※

 

前作が公開された82年当時、まだ「21世紀」は未知の領域でした。人々は遠い

未来の世界に向けて発展と破滅の双方向に想像力を働かせ、さまざまな21世紀の

幻想を見せ合いました。その1つである、今となってはこうならないだろう”20

19年”から、さらに30年後の”2049”年が今回の舞台です。途中で”大停電”

などの大事件を挟み、なかなか大変だったそうです。どうもスティーブ・ジョブス

ら、デジタル技術発展に貢献した人物の幾人かが存在しなかった世界のようで、

登場人物が使用する科学技術は現代社会のものとはかなり異なっています。

でもSONYは存在するらしい。

 

しかし長い…。

 

前作以上に人類が疲れ気味で寒くて陰鬱な世界、しかも感情表現に乏しいレプリの

主人公が淡々と子どもの行方を追う様子を見続けるには、163分は長すぎます…

決してつまらないと思わなかったんですが、クセになりそうな陰鬱さですが、”強力

わかもと”のような強烈なインパクトを与えられるほどでもないし、とにかく長い。

アクションシーンも終盤以外あまりありませんし…むしろアクションシーンは

不要だった気もする。 

 

レプリカントの主人公とAI+立体映像の恋人。子どもを産むことのできたレプリ。

自分が特別な存在でありたい、または本物の魂が欲しいと願ってしまうレプリ。

レプリの寿命制限も取り払われ、人間と人間じゃ無いものの境界がますます曖昧に

なってしまいました。

 

前作の主人公・デッカード(ハリソン・フォード)は実はレプリカントだったのでは

ないか?という議論がファンの間で繰り返されてきたそうです。数年前に観たから

記憶が曖昧な前作は置いておいて、今回のデッカードについては…老化してます

けど…レプリじゃないと納得いかない点がいくつかあります。

 

自分の推測ですが、ウォレスは奴隷を増やすためにレプリの子を手に入れたいの

だから、レプリと生身の人間相手の繁殖は想定していないだろうな、と(”快楽用”の

レプリはすでに存在します)。だって生身の女と恋愛して結婚するより、美しくて

従順な上に子どもが産めるレプリを所有する方がてっとり早いと思う男は絶対いる

はずだし、女性だって同じことを考えるはず…。でも、そうすると人間とレプリの

合いの子は人間と認められるのか…奴隷と割り切れるものなのか…人間はますます

人間と向き合わなくなっていく…などという、もっとややこしい問題を考えないと

いけなくなるのでひとまずレプリじゃ無いと、レプリ同士で子どもを作ったことに

してくれないと個人的に困るわけです。ジョイだって男性バージョンがあれば

欲しくなるのに。完全に他人事と思えない脅威を提示されました。

 

見ている限り互いを想い合う幸せな恋人たちに見える。でも、本物なのか、作り物

なのか。それでもあるいはと信じたい…Kとジョイの恋はとても悲しいものでした。

 

ところで、主人公Kが途中から”ジョー”と名乗り、恋人は”ジョイ”、Kの上司は

”ジョシ”。なんか紛らわしいんですが…。