碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

正倉院展 & くらげミネラル展

モーニングの「チェーザレ 破壊の創造者」が連載再開するそうです。長かった

なぁ…! もう続きを読むのは無理だと思ってた! どこまで読んだっけ??

 

※※※

 

先日、奈良国立博物館正倉院展(第70回)に行ってまいりました。千数百年前の

日本で製作された宝物や文書、シルクロードを越えてやってきた貴重な交易品等、

正倉院のお宝を毎年少しずつ内容を変えて公開。一度観たかったんですよ。開催

期間が短い為か、非常に混雑しておりました。しかし今回はバスツアーに参加しま

したので団体用入場口から比較的早く入場することができました。

f:id:tsumekotto:20181113200112j:plain

 

※ 本年度の公開は終了しています

www.narahaku.go.jp

 

 

人の波にもまれながら美しい螺鈿(貝の裏側のキラキラを使った細工)の八角箱など

貴重なお宝を堪能して、仏像もたくさん見た後は周辺の散策。 

f:id:tsumekotto:20181113200106j:plain

博物館もその周辺もかなり整備されてました。古都奈良の誇りは伊達じゃ無い。
そして普通にシカがいました。植え込みの中にも普通にシカがいました。

 

f:id:tsumekotto:20181113200101j:plain

とにかくあちこちにいるシカ…ネコならモフりたいけどシカがあまりにも普通に

いすぎてなんだか引いちゃってモフる気になれませんでした。彼らは遠慮無く

歩道にフンを落としていくので足元注意。

 

f:id:tsumekotto:20181113200050j:plain

小学校の修学旅行ぶりの奈良の大仏さん…とても巨大に見えますが、もっと大きい

大仏さんが日本各所にいるそうです。「聖☆おにいさん」でブッダが私は本当は

もっと痩せてるのに…とブツブツ言ってたのを思い出しました。

 

f:id:tsumekotto:20181113200434j:plain

興福寺にもお立ち寄り。東大寺の大仏殿、興福寺の中金堂や阿修羅像の展示された

国宝館…と、各所でいちいち入場料払って入るのって経済的にじわじわくるし

手間がかかりますよね。奈良のお寺フリーパスとかないんですかね? ついでに

京都も需要があると思う。外国人観光客も喜ぶよ絶対…。

 

どうでもいいけど十二神将の干支の英語訳がストレートすぎて悲しくなりました。

酉→cock  未→sheep  申→monkey 等。勇ましい仏像なのに…!

 

※※※

 

後日、気になっていた「くらげミネラル展」in名古屋にも行って参りました。

軟と硬の不思議な共演です。

tgs.jp.net

 

ゆらゆらとキラキラ写真とグッズの幻想的空間。入場料500円。撮影OK。

f:id:tsumekotto:20181113200426j:plain

 

まずはくらげのターン。

f:id:tsumekotto:20181113200420j:plain

とってもファンタジー

 

f:id:tsumekotto:20181113200415j:plain

上手な写真の写真を上手に撮りたいと思いつつ、パネルの撮影は難しいですね。

照明が入ったり背景が移ったり…。

 

f:id:tsumekotto:20181113200409j:plain

とってもゆらゆらしております。

 

こっからミネラルのターン。

f:id:tsumekotto:20181113200803j:plain

…心のときめき半端ない美しさ。

 

f:id:tsumekotto:20181113200821j:plain

きらきらミネラルばかりかと思いきや、渋めのミネラルも有り。これも有り。

f:id:tsumekotto:20181113200810j:plain 

くらげもミネラルも、光の当て方で見事に化けますね。

 

f:id:tsumekotto:20181113200815j:plain

宝飾!

 

f:id:tsumekotto:20181113200756j:plain

本当にキレーだなぁ…満足しました。予算があればグッズも山ほど買いたかった。

正倉院展は仏像の好きな家族と訪れたのですが、私個人がより強く心癒されたのは

こっちでした…いつか、仏像の本当の良さが分かるようになるのでしょうか?

 (仏像の名前を見てもどうしても「聖☆おにいさん」やCLAMPの「聖伝」の

イメージが先に浮かぶせいもあると思う)

 

美しいくらげ

美しいくらげ