碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

よしながふみ「大奥」 16巻

男女逆転時代劇「大奥」、待望の16巻です!! 初めて表紙を見た時は平安以来永く

朝廷に降り積もった闇を全て抱えたかのような宮様の笑みにビビりましたけども、

中身はわりと大丈夫です!

 

大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)

大奥 16 (ヤングアニマルコミックス)

 

大奥  16巻

著者: よしながふみ  発行: 白泉社 ヤングアニマルミックス

白泉社 月刊「MELODY」連載中

 

 

 ↓前巻の感想はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

幕府と朝廷間の長い長い交渉の末、徳川十四代将軍家茂(女性)に降嫁(婿)した皇子・

和宮。しかし、家茂と婚姻を結ぶはずの晩、大奥の湯殿にいたのは不敵な笑みを

浮かべる若い女性でした。予想外の事態でしたが大奥総取締・瀧山は騒ぎ立てず、

一目に触れぬようにその左手の無い女性を家茂のいる寝所に連れ込み、どこぞの

間者と疑い身元を問い正すも家茂に制されます。その女性の振る舞い方から、

ただの間者ではなく相当に高貴な身分の者と推測したのです。

 

事情を知っていると思われる側仕えの官人2人が呼び出されました。この2人も

男装した女性であり、簡単に口を割りました。偽和宮の正体は、家茂と結婚する

はずだった和宮の姉・親子。江戸に下るのを強固に拒んだ末に自死した和宮

身代わりとしてはるばるやってきたのでした。女であることが露見しないよう、

親子の実母・観行院と乳母・土御門も男装して同行したのです。

 

女性と女性の結婚では公武一和の意味がありません。しかし真実が世間に知れれば

ただでさえボロボロな幕府の権威が目も当てられないことに…家茂はひとまずの間

親子を和宮として丁重に扱うことにしました。

 

幕府の苦しい事情を知った官人たちは侍を馬鹿にし、大奥の者たち相手にえばり

ちらします。退屈な京の都を出て、数百年もの間武士に政治的実権を奪われ貧乏で

形式的で無味乾燥な生活を強要された怨念を返すかのように…。しかも幕府から

高給をもらって京よりいい暮らしをしながらえばれるんだから、とても快適な

生活のようでした。

 

事情を聞いた先代将軍家定の正室天璋院(男)も義理の娘にあたる家茂のために

和宮」と親しくなろうと気を配りますが、習慣の違いや天才的な間の悪さから

和宮と官人の怒りを買ってしまいました…。高慢で京風の生活習慣を変える気の

無い官人たちと、常に我慢を強いられる大奥の侍たちとの軋轢は深まる一方。大奥

総取締・瀧山の胃が痛みます…。

 

救いは家茂の優しさでした。若く、可愛らしく、心がけの美しい家茂は大奥の男

たちにとって輝く星でした。家茂のためならば、とぐっと耐えています。親子に

とっても、正室に偽物…しかも女性を送り込まれた屈辱にもかかわらず、時間が

あれば自分の元を訪れて優しく接してくれる彼女の心遣いにはわずかなり心を動か

されたようでした。家茂も親子との語らいを楽しんでいました。

 

親子が身代わりを名乗り出たのはこの国の行く末を案じたためではもちろん無く、

朝廷のためでも弟のためでもありません。ただただ個人的な…弟ばかりを溺愛して

いた母・観行院の歓心を得たい、独占したい…という悲しいまでに個人的な理由

でした。生まれつき左手が欠損していたがために生後まもなく死んだ子とされ、

ずっと隠され閉じ込められ育った彼女にとって、「おたあさん」はあまりに大きな

存在だったのです。しかし、どんなに親子が心を尽くしても観行院の心は遠く京に

残したままで…。

 

一方、和宮を嫁がせたにもかかわらず約束通り攘夷を実行しようとしない幕府に

立腹した孝明天皇は勅使をつかわし…(政治的な流れは難しいから省略)

 

※※※

 

「大奥」にはこれまで数え切れないほどの「母親」が登場しました。

我が子を心から愛し、子を失えば涙にくれ、子の幸福のためならば身を犠牲にする

ことも厭わない母親も、そうでない…己のために子を都合の良い道具扱いしたり、

欲求の対象にしたり、切り捨てて平然としている母親も。そして同じ自らが産んだ

子でも注ぐ愛情に差をつける母親も…。それでも、子にとってはたった一人の母親

なのです。

 

幽閉状態で養育されたにしてはそこらの公家の姫以上に聡明で気位が高く、現状

認識に長けており我が強いと思われる親子様。ついでにとっても表情豊か。あまり

情愛深そうに見えない乳母の土御門も、教育者としては優れていたのでしょうか。

 

親の愛情を受けずに育った親子と、誰からも愛され大切にされたに違いない家茂。

やっぱり家茂が聖人すぎて心配になります…将軍になったからには世継ぎのことも

考えなくてはならないだろうに、自分に「夫」がいなくても気にならないのかな

この方は…。怒っても許されそうな事態なのにこの落ち着き払った完全無欠の清ら

かさときたら! 幕末という激動の時代にこのまっすぐな心ばえが通用すると思え

ないから不安になるのかな…? 天璋院和宮の諍いも、あくまで間の悪さから、

という路線でいくようです。瀧山も、お中臈の黒木も、いい人たちなのです。

 

しかし、京から来た貴族さんたちときたら…いや、綱吉時代の右衛門佐の頃から

やたらめったら金、金と…確かにお金は大事ですけどね? 弱さと脳天気さとした

たかさを持ち合わせた不思議な生き物を見ている気分になります。この世には敵が

できて幸せな人もいるんですね…自らの優位を確立した上での敵ってところがまた

ずるいね…今の所、幕府や侍に文句をつけども将軍家茂個人を批難していない点が

せめてもの救いなのか、彼らから見ても文句のつけようが無いのか、彼らなりの

処世術なのか判別しがたい…。彼らをそういう生き物にした責任は武士にもあるで

しょうけどね?

 

 

ドキドキはらはらしながら、次巻を待とうと思います。来年夏発売予定。

 

 

 ↓感想記事を書いていませんが最近こっちも読み始めました。

きのう何食べた?(14) (モーニング KC)

きのう何食べた?(14) (モーニング KC)