碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

士貴智志「進撃の巨人 Before the fall」 15巻

TVアニメ3期放送中の「進撃の巨人」スピンオフコミック第15巻です。表紙は

シャビィお兄ちゃん。

 

※ 本編「進撃の巨人」つきましては、完全にキャパシティオーバーになった為、

26巻以降の感想記事を休止いたします。たいへん申し訳ありません。

(でも読んでますしアニメも欠かさず観ています)

 

進撃の巨人 Before the fall(15) (シリウスKC)

進撃の巨人 Before the fall(15) (シリウスKC)

 

 

進撃の巨人 Before the fall 15巻

原作:諌山創  小説版原作:涼風 涼  漫画:士貴智志 

小説版キャラクターデザイン:THORES 柴本

発行:講談社  シリウスKC  月刊少年シリウス連載中

 

 

 ↓前巻の感想はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

巨人への恐怖に克服し、自信を取り戻したローザは無事特別訓練の二次選抜に合格

しました。フェリクスら仲間たちとも和解します。彼らのまっすぐな気性は周囲に

良い影響を与えるだろう、とキュクロたちも温かく見守っていました。

 

そして二次選抜、三次選抜メンバーも決まり、ローザの仲間たちは全員合格。工場

都市にて全力で完成させたなけなしの立体起動装置が納入されました。特別訓練生

たちは巨人の模型を相手にした訓練を始めますが、最初に名乗りを上げたローザが

立体起動装置の操作に失敗し模型に激突、負傷してしまいました。何かおかしい、

ローザらしくない失敗だ…とよく調べると、彼女の身につけた装置のハーネスに

人為的な細工が施されていました。ローザはしばし休養を取って復帰しましたが、

一歩間違えれば命に関わる大事故になるところでした。

 

立体起動装置の整備担当のシャルルは兄である監査役シャビィ妨害工作かも

しれない、と不安に思うものの、その疑いはすぐ否定されます。では、誰が、何の

ためにこんなことを…? カルロ隊長もホルヘ教官も誰にも検討がつきません。

しかし、事故があったことは訓練生に公表されました。

 

大切な仲間(フェリクスにとっては大切な女性)ローザが危うく死ぬところだった…

許せない!! 若き訓練兵たちは憤慨し、自分たちが犯人を捕まえようと決意します。

 

貴重な立体起動装置を厳重に保護するための保管庫が作られることになりました。

その準備が整う前の晩、シャルルが一人で装置の手入れに励む整備室の外では、

物陰に潜む少年たちが怪しい者が姿を現わすのを待っていましたが…

 

 

※※※

 

 

ようやく前に進むかと思ったら新しい躓き。ローザは災難続きです…。展開の引き

延ばしのような、本編の出口の見えない闇の中っぷりを思うと今回は実に些細な

問題のような気もしますけれど、大きな目標に到達するためには理想に燃えてただ

走るだけじゃなく、足元を見ることも大切なんだと知らされる15巻です。表紙に

出てくるくらいだからお兄ちゃんも見せ場有り。こっそり立体起動装置の訓練を

受けているそうです。巨人を倒す気満々なんだねお兄ちゃん…。

 

キュクロら立体起動装置実装化プロジェクトチーム(仮名)は相変わらずの優等生っ

ぷり。以前は互いに褒め合い、今回は一人一人の反省会発生。私のあれが悪かった、

いいやキミは悪くない、私のここが悪かったんだ…を繰り返した後、今回の失敗を

反省してこうすることにしよう、あ、新しいアイデアが出てきたぞ良かったね!!

…だそうです。呆れるほど前向きな優等生。ローザの仲間たちは悪ガキですが、

迷いが無いし仲間内の意見が一致しすぎてやっぱり優等生な悪ガキどもです。

 

優等生なことが悪いように書いてしまってますけど、とにかく本編を読むと憂鬱に

なるので彼らの前向きさに癒されてます…が、当然誰もが彼らのようになれません。

肝心なことを何も知らされず、選ばれたり選ばれなかったりしながら黙ってついて

行くことは難しいでしょう。

 

そして情報公開の問題に辿り着きます。立体起動装置の細工といい、微妙に本編と

リンクしてる箇所が見受けられますね。ただしなんでもかんでも明らかにすれば

いいもんじゃないから気をつけましょう…。知らない方が幸せなこと、大勢に知ら

れずにこっそり進行させたほうがうまくいくことも絶対あるはず。くどいよう

ですが、本編がね…もし選べるなら、私は自由のための終わりの見えない戦いより

家畜の安寧虚偽の繁栄を選びたいと思いました。

 

 

ところで人間、片眼が見えなくなると距離感がうまくつかめなくなるし平衡感覚が

狂ってくるそうです(大型免許等も取得できない)。そんなハンディがあるにもかか

わらず立体機動装置を使いこなせる、まともな養育環境になかっただろうに身体

能力抜群でもあるキュクロ。特に説明はありませんが、ひょっとしてアッカーマン

家の血が入ってたりして…?

 

 

進撃の巨人(26) (講談社コミックス)

進撃の巨人(26) (講談社コミックス)