碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

機動戦士ガンダムTHE ORIGINⅤ 激突 ルウム会戦

あらすじを追うだけで長くなったので今回は前書きを省略します。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN」、アニメ5作目の感想です。自分なりに努力して

一年戦争」最初期である「一週間戦争」の経緯をまとめたつもりですが、ミスが

あったらすみません。案外設定が統一されてないしさぁ…。

 


Gundam Origin 5 #Official Trailer

機動戦士ガンダム THE ORIGINⅤ 激突ルウム会戦

2017年公開  上映時間: 84分(どんどん延びていく…)

原作: 矢立肇  富野由悠季機動戦士ガンダム

マンガ原作・総監督:安彦良和  角川コミックス「機動戦士ガンダム THE ORIGIN

音楽: 服部隆之  キャスト: 池田秀一  古谷徹  銀河万丈  他

 

 

 ↓前回の記事はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

地球の重力から解放され、宇宙に暮らすスペースノイドは新たなる進化を遂げた選ば

れし新人類である。人類は皆宇宙に上がり、環境破壊の進んだ地球を休ませ、聖地と

すべきだ。なのに地球にとどまった傲慢な地球連邦政府の連中は地球をますます消耗

させ、腐敗し、特権に溺れ、我々スペースノイドを搾取の対象としか見ない。さぁ、

スペースノイド自治独立のため、戦おう!!

 

…という、ジオン・ズム・ダイクンの提唱した「ジオニズム」思想は確かにスペース

ノイドに希望を与えたことでしょう。しかし、サイド3・ジオン公国の総帥ギレン・

ザビは全てのスペースノイドを等しく救う気はありませんでした。地球に住む特権

階級たちだけでなく宇宙に上がり損ねた貧困層やジオン(以下、=ジオン公国)に賛同

しないスペースノイドすらも排除の対象としたのです。

 

宇宙世紀0079年1月3日。ジオン公国は地球連邦に宣戦布告しました。月面都市

グラナダを占拠し、連邦支持のサイド1,2,4へ攻撃を開始します。天才のギレン

総帥はサイド3のみで全世界を敵に回すための準備を整えていました。一つは新兵器

であるモビルスーツです。そしてもう一つ…スケールの大きな秘策を実行しました。

 

ジオン軍連邦軍を支持するサイド2<ハッテ>の首都バンチコロニー<アイランド・

イフィッシュ(住民数:約2000万人)>に毒ガスを注入し、住民を皆殺しにした上で

コロニーにエンジンを取り付け、地球の連邦軍総司令部<ジャブロー>へ向けた軌道に

乗せました。連邦の艦隊が必死に破壊を試みるも、辛うじてジャブローから逸れた

代わりに3分割されたコロニーの残骸がオーストラリア、北米、太平洋上に墜落。

未曾有の大災害を引き起こし、数十億もの人命が失われました。男も女も、大人も

子どもも、罪人も善人も、恋をする若者も…。

 

 「これは戦争じゃない。虐殺だ!!」

 

戦争を早く終わらせるために。連邦政府をとっとと降伏させるために。天才が机上で

考えた論理で、人類史上類をみない狂気の大量殺戮が行われました。

 

「オレは何億人ものミネバを殺した…」

 

ランバ・ラル中佐に抗議され、良心の呵責に苦しむドズル・ザビ中将も狂気に引っ

張られるかのように、「愛する妻と娘を守るため」と自己の行いを正当化していき

ました。もう、後戻りはできないのです。

 

この恐ろしい所業により、サイド5<ルウム>でもジオン派と地球連邦派住民の対立が

激化。争乱を鎮めるために軍隊も投入され、傷ついた市民が運び込まれる病院には

医者のタマゴになったセイラ・マスの姿が。騒ぎに乗じて彼女に接近したジオン諜報

部員のタチ中尉は、かつてランバ・ラルとクラウレ・ハモンに協力してダイクンの

遺児であるアルテイシア(セイラ)とキャスバル(エドワウ)を地球へ脱出させた若者

でした。彼は<キシリア機関>に見つかる危険を冒してまであることをセイラに伝えに

来たのです。赤いモビルスーツに乗るジオンの英雄シャア・アズナブルに注意しろ。

そして…あなたの兄、キャスバル・レム・ダイクンはきっと生きている…!!

 

タチ中尉に真偽を問いただそうとしたセイラですが、その時、義父テアボロ・マスが

倒れたと知らせが入ります。彼女は急ぎテキサス・コロニーに駆け付けました。

 

娘の顔を見たテアボロの容態が落ち着いた夜、ジオンを憎む人々の一部が暴徒と化し

テキサス・コロニーに押し寄せ、町に火を放ち、勝手にジオン派とみなした住民に

襲いかかりました。セイラは逃げてきた住民たちを指揮して屋敷に立て籠もり抵抗

します。医者を志したのに、人を守るために人を撃たねばなりませんでした…。

騒動の中、容態が急変したテアボロが死去。また大切な人を失い打ちひしがれる

セイラは、ジオンの攻撃を受けた首都バンチ<ミランダ>の宇宙港が炎上する光に照ら

されて、コロニー内をのぞき込む赤いモビルスーツの姿を見るのでした。(この攻撃に

より、<ミランダ>からジオンに向かおうとしていた、”本物の”シャア・アズナブル

両親は死亡) 

 

連邦におけるモビルスーツ開発はジオンより大幅に遅れていました。実は、新造の

コロニーの奥でこっそり開発されているようですが…まだ誰も知るものはいません。

特に民間人の不良学生カイとその舎弟どもの手に届く秘密ではありませんでした。

 

ジャブローの壊滅を免れたため、連邦軍ジオン軍宇宙艦隊での決戦を行う運びと

なりました。連邦軍の艦隊ではレビル将軍が諜報ルートで手に入れた情報を基に、

戦艦と戦闘機メインの常道の作戦が立案されていきます。

 

1月15日(1月23日)。ルウム宙域でドズル・ザビ率いるジオン艦隊とティアンム

提督の連邦軍第3艦隊の戦闘が始まりました。レビル艦隊も後続に控える連邦軍

数の上では優位。しかし、レビル将軍に届いていた情報は囮でした。ジオン軍の切り

札はやはり戦場を自在に駆け抜ける人型機械、モビルスーツ。功を立てるべく勇ま

しく出撃するジオン兵たち。その中でひときわ目立つ、赤いザクを駆る”シャア・

アズナブル”は… 

 

 

※※※

 

 

ようやくガンダム世界らしいモビルスーツの登場する戦争が始まりました。Ⅰの頃に

比べるとCGアニメーション技術が向上しておりますし、コックピット内のGの描写

など、モビルスーツ好きはなかなかに興奮するシーンになっていたと思います。

 

前から「銀河英雄伝説」の会戦の死者数が百万人だ、二千万人だと気にしていたら、

そういえばこっちは数十億単位でした…。子どもの頃は実感できなかったけれど、

改めて映像として見せられると相当な衝撃を受けます。しかもこれに懲りずに今後も

同じことを繰り返すんですよね…例え地球に住む人類が罪深かったとしても、地球

そのものに罪は無いのに、何度も何度も傷つけている。人類にそんな権利があるの?

スペースノイドはその辺の感覚が薄くていけませんや…(これもヘイト発言?)。

 

そして、どう考えてもジオンは他のサイドを虐殺するべきじゃなかった。スペース

ノイド同士で憎み合うことは避けるべきだったと思います。

 

ランバ・ラルも正気なのに狂気の中で締め出された気の毒な人のように見えますが、

一方でドズルの後ろめたさにつけ込んで自分だけ嫌な仕事から逃げたようにも見え

ます。確かに正しいけど、軍人としてどうなの?と思いました…。命令から逃げら

れず縁故のあるコロニーを攻撃しなければならなかったサイド3以外出身のジオン

軍人もいたことでしょうに。シャアも身勝手にも妹はこの場にいないと言い聞かせ

ながらドックを攻撃する次第でして。偶然にも”口封じ”になりました…。

 

<アイランド・イフィッシュ>に毒ガスを使った部隊の中にシーマ様もいたのかな…と

思いをめぐらせてみても、ファーストガンダム再構成作品の「THE ORIGIN」、オリ

ジナルキャラクターは登場すれど、その後の「0083」「Z」等の後続作品については

ほとんど考慮されておりません。映像化作品が公式設定って言われてたんだけどね。

生まれたてミネバ様も赤毛ですし。私は「THE ORIGIN」のマンガ版を全部読んだ

わけじゃないのですが、ファーストガンダムアムロとセイラさんの”いい雰囲気”

すらも無くしちゃったんですって。なんてこと! …ただ、セイラさんの一連の

過去を見れば分かる気が…アムロはただの子どもすぎる。背負ってるものが違い

すぎる…!

 

 

次回「機動(略) 赤い彗星」で最終作です。

 

twitterアカウント稼働中です。中身はスカスカですが、よろしければフォローを

お願いします! 鷹野樹 (@blueflag01) | Twitter