碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

ヤマザキコレ「魔法使いの嫁」 9巻

まだ4月なのにやたら暑い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

 

日常生活の時間配分に見直しが必要になったため、今後このブログの更新頻度を減ら

していくつもりです。 基本週一回更新、感想を書きたい作品が重なったら二回になる

こともあると思います。回数を減らした分1つの記事の内容を充実…できるかどうか

分かりませんけれど、今後ともまったりとよろしくお願い申し上げます。

 

…と、いうわけで「人外×少女」ファンタジー漫画「魔法使いの嫁」第9巻目です。

アニメの最終回放送日と連動ありきで刊行されたためか45話目は描き下ろしだそう

です…やっぱり無茶だった。しかも、最近までもう1本「フラウ・ファウスト」と

いう作品を別雑誌で連載してたんですって。お疲れ様でございます…。

 

魔法使いの嫁  9巻

著者: ヤマザキコレ  発行: マッグガーデン ブレイドコミックス

月刊コミックガーデン連載中

 

 

 ↓前巻の感想はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

ほぼアニメと一緒だからアニメの感想記事を読んでね♡

 

…では無責任だと思うのでざっくりいきますと、魔法使いの弟子兼暫定嫁のチセの

命を救うため、竜の呪いと生来の”夜の愛し仔”<スレイ・ベガ>としての体質を全て

チセの友人だけれど自分にとっては邪魔者だったステラに移そうとしたエリアス。

チセの命を優先してそれを黙認した”使い魔”<ファミリア>ルツ。チセは当然激怒し、

同時に人間である自分と人間じゃない骨頭・エリアスとの思考の隔たりに打ちのめ

されます。その上チセの呪いに目を付けたカルタフィルスがステラを人質にとった

のでひとまずエリアスと距離を置き、彼について行くことにしました。

 

チセに去られたエリアスは荒れ狂い、哀れんだ妖精女王ティターニアが捜索に協力

してくれました。今度こそ愛し方を間違えないように…。

 

チセはカルタフィルス(=ヨセフ)の研究所に連れてこられ、ステラと監禁されていた

竜の雛の身柄と引き替えに竜の呪いの結集した左腕の提供を求められ、同意します。

まずは様子見に片側の眼球を交換。チセを嫌うヨセフは移植した目を通して彼女に

過去の記憶を見せました。なぜチセの母がチセを手にかけようとし、自ら命を絶った

のかを…。しかしヨセフから移されたのは憎悪だけではなかったのでチセは自分の

心の中の母親とひとまず決着を付けることができました。

 

さらに、救いを求め続ける彼がどうして他人を平気で犠牲にできるのか知るために、

同じことをやり返します。ヨセフの過去にもぐり、不死の呪いを受けた男・カルタ

フィルスと融合して以来数百年、生きながら身体が朽ちる痛みに苦しみ続けた姿を

視るのでした。思い出したくないものを見せられて激高したヨセフがチセを殺そうと

したところでティターニアやエリアスらの救援が間に合いました。ヨセフが放った

キメラを撃退してこの場を去ることも、逃げるヨセフをこのまま放っておくことも

できましたが…チセは彼を追うことに決めました。

 

ーもう、こんなことは終わりにしなくては。

 

そのために、そしてまだ許しきれてはいないエリアスとルツへのとっかかりとして、

彼らにある頼みごとをします。霧の立ちこめる夜のロンドンで、チセとヨセフ、

どこか似たところのある二人が対峙してー

 

 ※※※

 

取りあえず表紙に安心する9巻。アニメとは細かい言い回しや描写の違いによって

印象が異なってくる箇所が多々ありますね。チセのお父さんが出て行く前の言葉も。

 

物事の見方は1つじゃありません。大人に見えたのに中身は子どもっぽさを残して

いた…というのはエリアスだけじゃなく、魔女のマリエルさんも同じでした。人を

思いやれる人は立派だけど、もっと自分を、そして自分を大切に思っている周囲の

人を大切にして欲しい。あなたの代わりはいないのだから…。幼いチセにとっては

冷たく見えた親類や大人たちも、理解できない特性を持つ子どもを養育する羽目に

なり、辛い思いをしていた…(オリジナルアニメ前編でもその辺りの描写があったので

アニメ最終回記事の方で書くべきだったかも)。自分本位の思考に陥っていることに、

人はなかなか気付けないんですよ…そうやって今持ってる大切なモノさえ見失って

しまう。

 

他にもこの世界は0か100かで割り切れない問題ばかり。呪いを抱えたまま生きて

いくことになったチセも、ステラのために彼女の中からカルタフィルス関連だけで

なく自分たちを丸ごと忘れさせるまではできませんでした。しかし結晶の花をあげ

たらまた危険な連中が寄ってこないのか大丈夫か…。

 

…ともあれ、晴れて正式な”魔法使いの嫁”とな…ることはとりあえず保留にしとく

チセはこれから”学院”<カレッジ>に通うことになりました。エリアスも一緒に通って

勉強するのだとしたら良い妥協ですね。エリアスだってチセだけを見て生きていく

ことないもんね…。もしエリアスにも夢中になれることができたら今度はチセの心が

乱れる…なんてことは、ないだろうけどさ。