碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

TVアニメ「魔法使いの嫁」 第19話感想

休日があっという間に終わってしまう…。アニメまほよめ終了後はアニメをリアル

タイムで追いかけた感想記事を書かないと思います…やっぱり苦しいわ-。

 

と、いうわけで19話の感想です。残り5話!! どうしてもカルタフィルスをカルタ

フィリスと書いてしまう…。

 

<< ルール >>

  •  テレビ愛知録画視聴(キャプ画像無し)
  •  原作既読者
  •  主要参考資料:公式副読本SupplementⅠ/公式ガイドブックMerkmal)
  •  ダラダラと中身の無いあらすじと感想と補足メモ
  •  アニメ公式twitterアカウント

    https://twitter.com/mahoyomeproject

 

mahoyome.jp

TVアニメ「魔法使いの嫁」 #19

- Any port in a storm. -

原作: ヤマザキコレ魔法使いの嫁」 ブレイドコミックス 刊

制作: WITスタジオ

 

 

 ↓前回のあらすじはこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

Any port in a storm. → 「急場凌ぎ」

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

”竜の国”から攫われた竜の雛2頭。管理人・リンデルは、かねてより協定を結んで

おり、また元弟子のアドルフが所属する学院<カレッジ>に雛の奪還を依頼します。

密猟者(を、操る者)がレンフレッドの開発した転送装置を使用したことからカルタ

フィルスの存在を察知したカレッジの面々はエリアスとチセに協力を求めました。

チセをカレッジに(というか自分以外の他者に)かかわらせたくない+自分を目覚め

させるために無理をして先刻まで寝込んでいたから身体が心配、そしていくらリン

デルの頼みとはいえ、そもそも自分たちには関係がない問題…なわけで助力を拒否

するエリアスですが、一緒に遊んだかもしれない雛たちの身を案じたチセは彼を

説得し、渋々ながら了承させました。

 

「眠り」に関わる力の強いチセは、夢を見ました。ロンドンでカルタフィルスに 

出会います。夢の中の彼はチセを覚えていませんでした。そればかりか、己の中に

もう一人の自分がいるかのような混乱した言動を始め、苦悶の中、チセに助けを

求め…

 

多分、カルタフィルスはロンドンにいる。そして生きた竜は高く売れる…チセは

かつて自分を裏オークションにかけたセスに連絡を取ります。当たりでした!

 

オークション会場に乗り込む面々。相変わらずエリアスのチセへの処遇について

批判的なレンフレッドの言葉をチセが自分のものであるという確信とともに受け

流すエリアスはさておき、竜の雛のオークションが始まりました。資金はカレッジ

から出す分と、チセが自分を出品した際の落札価格の半分、チセの魔力の結晶で

ある花、そしてオークション中に協力を求めてきた女性の分…を使う前にどうにか

竜を落札できそうでしたが、いきなり攫われ、囚われ、人間の悪意に晒され、恐慌

状態に陥った竜の雛は呪縛を破り、突然身体を成長させて…

 

 

※※※

 

 

今回のエリアスは若い女性の姿に化けてました。まだ何者か分かりません。女性の

姿でレンフレッドを挑発するってシーンはちょっと面白かったです。

 

本格的に登場した学院<カレッジ>の面々。カレッジは魔法使いや魔術師の互助組織

だそうで。大戦後激減した魔法使いの卵を正しく成長させるためには組織に所属

させるべきと主張しています…。まぁそれは分かるんだけど、いつから始まった

組織だか知りませんが、どうも手慣れていないというか関わり方が悪いとしか思え

ません。元々魔術師はクセのある性格の持ち主が多いらしく、頭から”夜の愛し仔”

<スレイ・ベガ>チセを研究材料のような目で見るヤツや、頭からチセが骨頭といる

ことが有害のように決めつけるヤツとか、そんなんばかり押しかけてきては…

(常識的な人もいますが抑えきれていない)。

 

骨頭は骨頭で最初から拒否の姿勢を取っている点が困りものですが、理想としては

アンジェリカなり知り合いを通して、根気よく説得することですよね…。チセの

体調が最優先、カレッジと関わることがチセ、そしてエリアスにとっても良いこと

だと信じてもらえるように。しかし、今回はとにかく緊急事態でした。全てが突然

起こりすぎているんですよね…。

 

 

次回:#20「You can't make an omelet without breaking a few eggs.」 

…違うアニメっぽいな。