碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

ボマーン「悪のボスと猫。」 2巻

放送大学の単位認定試験が迫っているため週中の更新をお休みする予定だったの

ですが、2巻が出ていたら買うっきゃないですよ。買ったからには速やかに記事を

書かねばですよ(ただし時短モード)。…というわけで、悪の組織のボスって、よく

猫飼ってる気がする…という2ページ漫画、待望の第2巻です!!

 

悪のボスと猫。 : 2 (アクションコミックス)

悪のボスと猫。 : 2 (アクションコミックス)

 

 

悪のボスと猫。 PART2

著者 : ボマーン    発行 : 双葉社  アクションコミックス

漫画アクション」「月刊アクション」連載中

 

 

 ↓1巻の記事はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

 

恐ろしい悪のボスが不敵に笑いながら猫を飼っている恐ろしいマンガ。

 

※※※

 

相変わらず具体的にどんな恐ろしい悪事を働いているのかちっとも分からない(暴力

除く)悪の組織のボスが心のままに猫を愛でるだけのマンガの2巻が出るなんて、

なんて恐ろしいんでしょうね? 車の移動でも、キャンプでも飼い猫さんたちを

連れて行ってるんですよ? 五匹の飼い猫のみならず迷子の仔猫を快く受け入れ、

飼い猫の嫉妬を受けると知りつつも野良猫にまで逢いに行く、猫グッズを逃さず

狩りまくる、猫に対しては恐ろしいほど貪欲な、恐ろしいボスです。キャンプで

部下とバーベキューしてるだけでテンションMAXになる、悪のクセに人生をエン

ジョイしすぎな恐ろしいボスなんです。あー恐ろしい恐ろしい…。

 

絵だけで何が起こってるか分かるネタが多かった1巻に比べて文字に頼る割合が

上がった気がしますけど、相変わらず飼い主が何様だろうが感知しない飼い猫さん

たち、若かりしボスの親友とその愛猫の思い出、ボスをスナイプしたいのに相変わ

らず猫が気になっていつまで経ってもミッションクリアできないスナイパー(生活に

困ってないのかな)、相変わらず発揮される猫好きどもの謎の結束、組織の最年少・

手下Cなど今回も十分面白く、一気に最後まで読んでしまいました。もうニヤニヤ

しっぱなしです…! 

 

実はLINEスタンプ出てるんですよ、この作品…。ふーちゃんやカンパチ船長も

最近LINEスタンプデビューしたし、鴻池さんとこのぽんたちゃんも岩合さんの

「世界ネコ歩き」も出てる…あぁもう超欲しい!!!!

LINEやってないけどな!!!!!!

 

 

…さて、勉強せねば… 

 

 

↓あらゆるネコが恐ろしいほど食いつくとささやかれている恐ろしいおやつ