碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

ドラマ「猫忍」 DVD4巻(終)

夏休みだよ!ネコ祭り、最後を飾るのは「猫侍」の流れを汲む猫時代劇「猫忍」の

10話・最終話収録のDVD4巻です。主題歌が妙に好きなんです。そういえば、

「猫侍」の斑目久太郎さんのような陽炎太個人のテーマソングはなかったですね。 

 

↓公式サイトはこち

neko-nin.info

ドラマ「猫忍」

監督: 渡辺武  佃謙介

出演: 大野拓朗  金時(猫)  藤本泉  草野イニ 大沢ひかる

麿赤兒  船越英一郎  森本レオ(語り) 他

主題歌: YUMETOYO「NEKONIN」

 

 

↓前回の記事はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

ざっくりとしたあらすじと感想

戦国時代より代々続く忍者・霧生一族が住まう信州澤木藩霧生の里から江戸へ送られた

若き忍者・久世陽炎太は、幼い頃生き別れた父・久世剣山が変化の術で姿を変えた(と、

信じ込んだ)むっちりフクフクふてぶてしい赤鼻の茶トラ白猫と共に長屋住まいです。

 

信州霧生の里から江戸にやってきた忍者は陽炎太(江戸で名乗る名は珍平)を含め3人。

幼なじみの燕(お艶)と「ころけっと」が大好きな虎眼(太一)。虎眼は役者稼業にのめり

込んで江戸から出奔しようとし、上役の命を受けた燕に粛正されました。虎眼の件や

猫の「父上」、そして長屋住まいで出会った人々と温かな交流を重ねたことで、

陽炎太の心に忍びとして生きることへの疑念が生まれます。さらに上役の指示で

調査を行っていた澤木藩江戸家老による年貢米の横領疑惑も不正を確認できず、

上役への不信感が募っていました。

 

江戸での上司は二人。強面で気合いの入れ所の間違っているおっさん臭い忍頭・半蔵と、

その部下でチャラい皮肉屋の左之助。どうも左之助が怪しいのですが、彼に「父上」の

存在が知られてしまいました。掟破りとして牢に入れられた陽炎太は、調子に乗ってる

左之助から年貢米の横領疑惑は大名に忍びの存在を必要と思わせるために里長の桂木の

命で作ったでっち上げだと告げられます。さらに、左之助は15年前霧生の里に代々

伝わる「変化の術」の巻物を持ち出して失踪した陽炎太の父・剣山の居所を吐かせる

ために陽炎太を拷問にかけるつもりでした。「父上」を首に巻いてスクワットをする

元気がいつまで持つでしょうか…!?

 

左之助の嘘に気付いたものの同じく罠にはまって牢に入れられた半蔵の協力を得て

脱獄した陽炎太。「父上」を人の姿に戻すには巻物を探し出すしかないと固く

信じていました。しかし左之助に阻まれて…!?

 

はたして霧生の里の裏切り者となった陽炎太と「父上」を待ち受ける運命とは…!? 

 

※※※

 

忍びの善行なんてうさんくさい…と思ってたらやっぱり裏がありました。確かに

太平の世では忍者の存在意義が薄れています。ちょうど読み返し中の隆慶一郎

影武者徳川家康」が殺伐忍者バトルのまっただ中なのと比較するとあまりにユル

すぎるます…(比較対象が極端)。実戦あってこそ忍者は成長できるのだそうです。

半蔵なんて忍法・猫ほぐしを炸裂させるんですよ? 戦国の世は遠くなったよ!!

 

…とにかく、代々続く忍びの里を存続させねばならない当主の言い分もあるで

しょうが、陽炎太は本当に幸せになるため、「父上」とともに後悔しないための

生き方を選びました。選ぶといえば陽炎太は燕と長屋のお嬢さん(幸)のどっちを

選ぶのか…! 「父上」は本当に父上なのか!? 霧生忍者の長・桂木の真意とは!?

全ての鍵を握る「変化の術」の巻物を見つけ出すことができるのか!? 多くの謎を

残したままさよなら陽炎太…! さよなら父上…! 完結編は劇場版↓でよろしく!!

 

neko-nin.info

 

…これだから最近のドラマは…と言いつつ、そのうちDVD出たら観ます。

 

<< 恒例の次回予告名言集・最終回 >>

 

 「真実ほど面白いジョークは無い」

 

猫忍写真集

猫忍写真集