碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

放送大学29年度1学期単位認定試験の結果が出ました!

ヴィスコンティの「ルートヴィヒ」視聴しました。とにかく長かった…。理想の

「美」の世界を延々見せられましたけど、自分の殻に籠もって国民ほったらかして

税金食いつぶした困った王様でしたね。4時間近くあるのに本当に一般バイエルン

国民が出てきませんから…。それでも戦争の参加には反対したりして、民衆から

嫌われきってはいなかったとか。まさか国家を財政難に陥れた一因の金食い虫の

城たちが後の世の観光資源になるとはね。未来のことは分からないもんです。

 

かつてのナチスは恐ろしいホロコーストを行いましたが、始まりはより良い人類に

なろうという理想だったそうです。より健康的で。優秀で。精神の均衡を保って。

より美しく。例えば禁煙、禁酒、自然回帰、アスベスト使用の禁止や芸術の奨励

など…しかし理想の社会を目指すあまり、基準(根拠は曖昧)に満たない人々を排除

する方向に向かってしまったのだと。放送大学の授業の受け売りですけれど…。

で、ナチスとは別ベクトルで理想の美しい世界を求め続けた結果、現実から逃避

して引きこもってしまったのがルートヴィヒなんだろうなと。俗物の私にはその

程度の印象を持つので精一杯でした。

 

「美」の世界はほどほどにしてもう少しルートヴィヒ2世の心境、家族、周囲の

人々、歴史にまで視点を広げるなら、2012年のドイツ映画「ルートヴィヒ」が

お勧めです。ルートヴィヒのヴィジュアルが私のイメージと違うんだけど。

 

…と、いうわけで本日ちょうど単位認定試験の結果が出ましたという記事です。

朝から学生が一気に閲覧を試みたせいか、成績照会のページにログオンできなくて

困りました。年に二度ほどのこととはいえ、改善してくれないかしら。

 

www.ouj.ac.jp

 

 

 ↓前回の記事はこちら

blueflag01.hateblo.jp

 

試験結果

 

・ CGと画像合成の基礎(’16) : Ⓐ

・ 人格心理学(’15) : Ⓐ

・ 証券市場と私たちの経済(’15) : Ⓐ

・ 文化人類学(’14) : B

 

・ 面接授業 : 合格 (身バレ防止のため非公開)

 

ヤバいヤバいと不安だったCGを含め3科目がⒶ判定、一番甘く見ていた科目のみ

「B」判定という皮肉な結果に終わりました…。

 

ところでそのヤバいと言っていた「CGと画像合成の基礎('16)」なのですが、

ラジオ授業でさっぱり頭に入らないと愚痴っていたところ製作者側も無理を感じて

いたのか放送授業インターネット配信の「ラジオ授業の字幕付加実験」に含まれて

おりまして、字幕と一緒に印刷教材中の図も表示されます(全てではありません)。

これから受講される方は是非利用されるべきだと思います。CG作るのって大変

なんですね…これからはチャチなCGを見てもあまり怒らないようにします…。

 

んで、すぐに来学期の科目申し込み。

平成29年2学期 履修予定科目

 

● 初歩のイタリア語(’17) (基盤科目・外国語)

● 近代哲学の人間像(’12) (人間と文化コース・導入科目)

● 映像コンテンツの制作技術(’16) (情報コース・専門科目) 

● デジタル情報の処理と認識(’12) (情報コース・専門科目)

  ↑似た名前の科目に注意

 

試験の日程の都合で少し早めですがイタリア語に挑戦することにしました。

先行して放送授業を視聴し、なんとかいけるかな? と判断。印刷教材薄めだし。

以前某イタリア語学校の通信講座(初級)を受講修了済みだし!! なんとかなるさ!

多分ね! 他は日程と所属コースと難易度の都合です。

 

面接授業は地元枠1つと、旅行がてらの出張枠1つ。来学期もがんばろう。学費・

出張資金調達の面でも…。

 

 

ルートヴィヒ デジタル完全修復版 [DVD]