碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

仲間りょう「磯部磯兵衛物語」 14巻

もうなんかホントにね、ダルいんですよ。何もしたくないんですよ。寝転んでマンガ

読んでいたいんですよ…な気分の時にお勧めのぐだぐだ浮世絵戯言マンガ。ダラダラ

14巻目…さんざんどうでもいいだのぐだぐだだの言ってますけどギャグマンガ

長期連載するって大変らしいですよ。精神削られるとか…。

 

 ↓前回の記事はこちら

blueflag01.hateblo.jp

磯部磯兵衛物語 ~浮き世はつらいよ~ 14巻

 著者: 仲間りょう  発行: 集英社ジャンプコミックス

週刊少年ジャンプ連載中

 

 

頭に矢のささった天草四郎の覚醒を防いだり、ひな人形の呪いを恐れたり、先生の

大事にしている刀を折っちゃったり、絵に描いたような越後屋と悪代官との裏取引を

目撃したり、ダメ親父の代わりに「文字焼き」のバイトにいそしむ悪友:花岡くんを

手伝ったことで「もんじゃ焼き」が生まれたり、お小遣いをもらいすぎて使い道に

困っちゃう羨ましい将軍いえつぐ君の道楽に付き合ったり、自分の名前を逆さまに

読んだらあまりの気持ち悪さに心が乱れ逆さまの人格「えべそいべそい」が生み

出され…それは別に誰も困らないけどなんか調子狂って困ったり変な馬に乗って…

ってな感じで相変わらず妙なことに巻き込まれてる我等がダメ武士(未満)、磯部

磯兵衛。花見を通して大人と和解する等の良いお話を混ぜ込みつつ。江戸時代には

珍しい花粉症が発症しつつ。実は磯兵衛、潜在的なポテンシャルは高いんじゃ?

あの超人二人の息子だもんね…でもどうしようもなく根性がダメすぎる。

 

また、14巻には児童向け雑誌「最強ジャンプ」にて連載していたスピンオフ作品

「磯部磯兵衛ひざくりげ」の前半部分も掲載されています。コミックスを出すには

微妙な枚数だったそうで…。大八にさらわれた団子屋の娘さんを助けに行く磯兵衛

一行のお話なんですが、キャラがSD化してまして、やっぱりグダグダです。キモい

河童とか懐かしいキャラが出てきます。しかしやっぱり大八いい人なんじゃ…?

大八のために磯兵衛と戦ってくれる呪術師とかいるし…

 

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 14 (ジャンプコミックス)

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 14 (ジャンプコミックス)