碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

中間管理録トネガワ 5巻

グフフ…待ちに待った5巻目…!! 必読…!!

 

中間管理録トネガワ(5) (ヤングマガジンコミックス)

中間管理録トネガワ(5) (ヤングマガジンコミックス)

 

 中間管理録トネガワ 5巻 

原作: 萩原天晴  漫画: 橋本智広・三好智樹  協力: 福本伸行

講談社月刊ヤングマガジン」にて連載中

 

 

↓前回の記事です 

blueflag01.hateblo.jp

 

20世紀なんだか21世紀なんだかよく分からないある年の秋。悪徳金融企業帝愛

グループは人事異動の季節に入りました。チーム利根川も嵐の煽りを受けます。

あまり目立たなかった3人が去り、新たに加わった3人。一人はなんと女性黒服、

西口さん! 彼女の女子力の高さに(セクハラに気を配りながら)わき上がるチーム

利根川!! ドライな仕事観を持つ今時の若者・佐衛門三郎次郎に恋の予感…!!

 

佐衛門のときめきが「ドキドキ」ではなく「ドキ…ドキ…」だったり、送別会の

会場がかつて帝愛をクビになった海老原が限定ジャンケンの会場にプッシュした

「和食ダイニング匠」だったりと、このマンガは細かいところまで気を配っていて

あなどれません。ボケキャラっぽい中田さんが残留してる不思議。意外と仕事は

ちゃんとできてるとか…?

 

スピンオフってのはコラボ企画満載になる傾向らしく、5巻掲載分では「トネガワ×

プッチンプリン」が実現! ネット上でも度々Adobeのクリエイティブクラウドとの

コラボバナー広告を見かけました。CCを使いこなすくらいPCスキルも高い利根川

先生はtwitterにも挑戦します。フォロワー数を増やすためならネコのGIF画像を集め

深夜アニメも観ちゃいます。多才な上に柔軟な方ですね…くどいようですがこんなに

がんばってるのに最終的に世の中をナメた若造に負けるなんて…残酷だなぁ。

もちろん世の中にはそういうことも十分ありえますが。

 

限定ジャンケン大会が一段落ついたら「カイジ」本編との直接的関連が減り、企業

戦士としての一面に注目するネタが増えました。気難しい会長に必死にゴマをすって

いるのに自然体のヤツが気に入られたり、逆にあからさまなゴマすり野郎が気に

入られたり…部下と持ち馬に懐かれているのが幸いです。自宅にいるシーンでも

家族が出てきませんね。大企業の幹部だから奥さんはいるでしょうけど…。

 

そして、以前カツ丼大盛りに泣かされたのに「かつ澤」の常連になってた利根川

先生が「ハンチョウ」こと大槻さんと遭遇するコラボまで…!! みなさんは見栄より

食べ物を大切にしましょう! きっとおいしいカツなんだろうけど! そりゃ健康

診断に引っかかるわけですよ利根川先生! 食事制限&運動中に部下にコミット

されて大変な思いをされてます! だんだん部下のキャラが立ってきましたね。

もやしの味噌汁を食べながら日々帝愛のためにがんばっています。

 

 

というわけで5巻も大満足でした。次巻も楽しみです!

 

 

↓「ハンチョウ」の方。これも評判良いみたいですね。買っちゃおうかな~… 

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)