読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

TVアニメ「進撃の巨人」Season2 第29話「兵士」

ただでさえ時間が足りないのに別件のやむなき用事が入ってますます追い込まれつつも

今回も書きたいことが多すぎて困ってます…。ライナー役の声優さんが病気療養に

入ってしまわれましたけど、収録は終わってるのかしら?

 

<< ルール >>

BS11放送分録画視聴

・原作既読 原作進行分含めたネタバレ有り

・キャプ画像(スクショ)無し

・テキトーなあらすじと感想&書き方を試行錯誤中(錯誤してる間に放送が終わりそう)

・クリスタ可愛い

 

TVアニメ「進撃の巨人」Season2 #29

原作: 諫山創  講談社「別冊マガジン」連載中

製作: WIT STUDIO

 

 

↓前回の記事はこちら 

blueflag01.hateblo.jp

 

ウォール・ローゼの壁近くにそびえる古城、ウドガルド城。壁の破壊箇所を探していた

調査兵団のゲルガ―班・ナナバ班はここで一晩の宿をとることにしました。

偶然エレンたちもそこへ向かっていますが、到着までにまだ時間がかかります。

 

古城に残されていた缶詰に書かれた、読めないはずの字を読んだユミルを不審がる

ライナー。そこを巨人襲来の知らせが入ります。酒が飲めないとぶち切れるゲルガ―。

新兵は丸腰のため、ゲルガ―、ナナバさん、他2人が塔の上から立体起動で戦います。

さすがこれまで生き延びてきたベテランの兵士たち、連携を駆使して巨人たちを次々と

切り伏せていきますが…(このへんの作画は本当に見事)

 

一方、塔の中に入ってきた小型の巨人の対応に追われるライナーたち。辛くも退けた

ものの、ライナーがコニーをかばって負傷します。クリスタに介抱され、彼女と結婚

する決意を新たにするライナー。コニーはいつも身体を張って仲間をかばう彼に感謝と

尊敬の気持ちを抱きましたが、ライナーの相方的ベルトルトは彼の無謀な行動に不安を

感じていました…。ライナーの心には、自分をかばって巨人に喰われた友の姿がこびり

ついているようでした。

 

塔の外の戦いもどうにかなりそうな雰囲気でしたが、壁に上った「獣の巨人」が投石に

より馬を殺害し、続く投石が塔の頂上に直撃、巻き込まれた調査兵二人が即死します。

(人間が当たり前のように死にすぎるから感覚が麻痺したのか、お馬さんが死んだ時の

方がショックを受けます)

 

そして新手の巨人を送り込み、「獣の巨人」は壁の外に去っていきました。壁を破った

のではなく、自力で上って入ってきたのです。つまり、どこからでも入れると…怖い。

だいたいコイツ自分で簡単にカタをつけられるくせに、わざわざ巨人をけしかける

なんて壁の中の人間の戦い方を調べたかったのか、よほど性格が悪いのか…多分両方。

 

ゲルガーとナナバさんはそれでも戦い続けますが、やがてブレードとガスが尽き…

原作読んでて結果が分かってても辛いってのに、ナナバさんの断末魔なんて聞かされた

日にゃあたしゃもう…調査兵団には奥歯に仕込む毒薬か自害用の小刀でも配備した方が

人道的じゃ無いかとまで思ってしまいますが、調査兵団の精神に反するかしらね…。

 

ーお父さんやめて! ごめんなさい! もうしません…!!

 

…ナナバさんはお父さんっ子だったのかな…それとも過去に何かあったのかな…

 

人の持つ思いなんか全く省みずただ惨く喰らう巨人への怒りを新たにしたところで、

残されたのは丸腰の新兵たちだけ…巨人の群れに与えられる衝撃により、いつ塔が崩れ

てもおかしくない状態です。まさに絶体絶命でした。このまま「獣の巨人」の存在を

知るもの全てが死に絶えれば、壁内に巨人が出現した原因はわからないままだったこと

でしょう。しかし、塔の上にはユミルがいました。自己犠牲的に死にたがっている

クリスタに胸を張って生きさせるために、巨人の群れの中に飛び込んだ彼女を雷光が

包み、その場に現れたのは…一体の、醜い巨人でした。

 

 

次回、第30話「ヒストリア」 来週水曜日は家にいないから、どうしようかな…。

 

一心堂本舗 進撃の巨人フェイスパック (超大型巨人,女型の巨人)

一心堂本舗 進撃の巨人フェイスパック (超大型巨人,女型の巨人)