読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

TVアニメ「進撃の巨人」Season 2 第28話「南西へ」

深夜アニメを観慣れてないから録画の中のCM観ても全く知らない作品ばかりで…って

言おうとして、進撃は奇抜すぎる髪型やありえない髪の色をした登場人物がいないなー

と今さらながら気付きました。

 

夜の古城の攻防戦が始まります。

 

<< ルール >>

BS11放送分録画視聴

・原作既読 原作進行分含めたネタバレ有り

・キャプ画像(スクショ)無し

・テキトーなあらすじと感想&記事の書き方を試行錯誤中

 

shingeki.tv

TVアニメ「進撃の巨人」Season2 #28

原作: 諫山創  講談社「別冊マガジン」連載中

製作: WIT STUDIO

 

 ↓前回の記事です

blueflag01.hateblo.jp

 

 

 

 

ウォール・ローゼに出現した巨人の通り道と思われるコニーの故郷・ラガコ村には人っ

子一人残っていませんでした。遺体の1つすら…しかし全員逃げたにしては不審な点が

残っています。それにコニーの家に横たわる手足の退化した巨人。コニーをじっと

見つめていたそれは「何か」を口走ります。

 

「オアエリ」

 

(あらかじめそう言っていると知ってなければ聞き取れなそう…)

 

今何が起こったか必死に考えようとするコニーでしたが、駆けつけたライナーに激しく

叱責され、その場に巨人を残して任務へと戻っていきました…

 

一方、ウォール・ローゼの壁に沿って馬を走らせ破壊された箇所を探しているナナバ

(性別非公開)班にはエレンたちの同期であるユミルとクリスタの姿が…クリスタは

ユミルが調査兵団に入ったのは自分のためでは? と疑っていました。自分を本来の

実力ではありえない訓練兵団上位10位以内に入れて、安泰な憲兵団行きの権利を与え

ようとしたのも。

 

「私の生まれた家と関係あるの?」

 

クリスタには複雑な事情があるのだとにおわせます…。

 

 

夕焼け空の下、駐屯兵団も巨人掃討に駆り出されていました。リコさん再登場!! 

イアンさんやミタビさんたちの分も必死に戦ってらっしゃいます…! それに壁の側の

ハンネスさんも久しぶり。シーズン1でまさにハンネスさんをハンネスさんたらしめた

藤原啓治さんが病気療養中の為、別の方が演じてらっしゃいます。彼は未だ巨人に遭遇

しておらず、不審に思っているようです。会わないなら会わないで嬉しいだろうけど。

 

やがて夜が訪れました。松明を片手にいつ巨人と遭遇するのかと極限まで緊張しながら

進むゲルガ―班はナナバ班と鉢合わせしました。が、どちらの隊も壁の破壊箇所を発見

できず…やっぱり何かがおかしいようです。しかし疲労が限界に達していた一同は

ひとまず近くにそびえる古城で夜を明かすことにしました。

 

 

また一方、ウォール・シーナ南側のエルミハ区へ向かうエレンたち。 女形の巨人=

アニの硬質化した皮膚のカケラと破壊された壁のカケラを分析したハンジは、両者が

同じであること、それならば巨人の硬化能力で壁を塞ぐことができるのではないか、と

推測します。もしエレンの巨人がこの能力を使えれば…再びの絶望に沈んだ人類が

救われる可能性が高まるのです。

 

エルミハ区に到着すると、一行はウォール・ローゼから押し寄せた大量の避難民を目撃

します。ウォール教が壁の秘密を守るために切り捨てようとしている弱い人々の姿…

ニック司祭は苦悩した結果、壁の秘密を口外する権利を持つ者の名を告げます。

 

 

今年調査兵団に入団した少女…クリスタ・レンズ。現在最前線にて奮闘中。

 

 

古城でしばしの休息を取っていたナナバ・ゲルガ―班は城の周囲に多数の巨人が

群がってことに気付きます。巨人が動けないはずの夜間なのに…!! そして見たことの

ない体毛に覆われた獣のような巨人の姿…ミケを襲った時のように周囲をぶらぶらと…

そして壁に向かって歩きだし…

 

104期の新兵ズは丸腰だから戦力になりません。ナナバたち4人と巨人の群れの

戦いが始まりました。

 

 

ーあぁ、かっこいい澤野音楽を堪能できて嬉しいなぁ!! (ガンダムUCも好き)

 

 

次回、第29話「兵士」 ライナーにスポットが当たります。

 

 

シーズン2は本当に1クールしか放送しないそうですね。いやいや王制打倒まで一気に

やっちゃった方が区切りがいいんじゃ…!? 次のシーズン始める時に進撃の巨人

なのに全然巨人が出なくて人間同士で争ってるなんてことになったら困るじゃないの!

 

短期間にすることでアニメーションの質を確保したいのか、スタッフのスケジュールの

都合なのか、劇場版にする気なのか…それともこの作品がもう商業的に見切りをつけ

られているってこと…? そんなはずないと私は思いますけど…最近のアニメ事情は、

何より最近の若い人の心の動きは分からないからなぁ…。