読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

馬田イスケ「紺田照の合法レシピ」 1・2巻

来月上旬まで時間取れないモードにつきざっくり記事が続いております。

 

帰ってきたヒトラー」の総統閣下はせっかくテレビって便利な発明があるのにやって

いるのは料理番組ばっかりかよ!! とたいそうご立腹でいらっしゃいましたが、こちら

日本でも似たようなもんです。でもおいしいものは人の心を豊かにするよね…ったって

最近食べ物を取り扱ったマンガ増えすぎじゃね? と思っていたら「侠気系料理男子」

なんてとんでもない作品が世に出てしまいました…!!

 

紺田照の合法レシピ(1) (月刊少年マガジンコミックス)

紺田照の合法レシピ(1) (月刊少年マガジンコミックス)

 

紺田照の合法レシピ 1・2巻 

著者: 馬田イスケ   発行: 講談社 KCデラックス

少年マガジンR」連載中

 

 

ざっくりとしたあらすじ

指定暴力団肉食会傘下霜降肉組(しもふりにくぐみ)の新人組員・紺田照(こんだ てる)は

寡黙ながらもしっかり仕事をこなす度胸の据わった下っ端として周囲の評価を得ながら

一方で常に夕食の献立に悩んでいました。リボルバーからレンコンをイメージし、

「何か」を埋めに行った山で見つけたなめこを味噌汁に入れ、「合法ハーブ」の大葉や

「魔法の白い粉」の片栗粉を使いこなし、うまくできたお料理は写メっておく…そんな

忙しい日々の傍ら、まだ18歳である照は学業に励む高校生でもあります。暴力団

所属していることはバレていませんが、白ラン姿で登校する彼に生徒ばかりか教師も

引き気味。でもコミュ力全快+超ポジティブのクラスメイト・春 真希(はる まき)

さんのおかげでそこそこ青春できてるようです。

 

持ち前の度胸と料理の腕前で組の先輩たちばかりか姐さん、スナックのママ、はては

ロシアンマフィアやチャイニーズ・マフィアの心をも掴んでいく照。

 

さぁ、明日は何を作ろうか?

 

※※※

 

紺田君は顔面に傷がありいつも無表情で虚ろな目をしてるのに周囲への敬意、気遣いや

人情を忘れない高校生です。ヤクザになったのは理由がありそうですね。

 

…とはいえヤクザはヤクザ! 一応クスリに手を出さない昔ながらの任侠気質の組に

入ってるけど反社会的な犯罪組織に変わりないし!! 「悪のボスと猫。」のボス一味は

具体的な悪事を働いてるシーンが一切出てこなかったけどこっちは間違いなく法律に

違反してる連中だし! ブツを密輸するし!! 時々何かを埋めてるし!! …ってなもんで

当然真希さんのお兄さん(刑事)のように肯定できない人もいるでしょうし、いくら根は

優しくとも物騒な世界に染まっている紺田君はいちいちイメージや語彙が物騒ですが、

お料理そのものは常識の範囲内です。とってもおいしそうに描かれております。食べ

方に不快感を与えられることは少ないかと。食材を大事にしてます(ポリシーを徹底し

すぎてる若頭がいますが)し、何をしていても熱心に献立を考えてもやしの消費期限を

気にする紺田君の姿は全国の主婦のみなさまの好感を得ること間違いなしです…!

というわけであくまで洒落(もしくはギャグマンガ)として割り切ってお読みください。

 

おいしい料理を食べるのは幸せだけど、おいしい料理を作れる人も幸せでしょうね。

あぁ、おなかがすいた…。

 

 

真希さんとの仲や組の内部抗争の予感など、それなりにストーリーも進行しており

ます。次巻も楽しみです!

 

 

↓なんと、作中で紺田君が作ったお料理のレシピがクックパッドに掲載されております

cookpad.com

 

では、紺田君流のけじめをきっちりつけさせていただきます…

 

「ごちそうさまでした」

 

 ↓読んだこと無いけどこういうのもあるそうです。絶賛メディア展開中。

侠飯 (文春文庫)

侠飯 (文春文庫)