読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

魔法使いの嫁 7巻

マンガ

はてなブログさんからのお知らせによればこのブログを開設してから半年が経過した

そうです。長かったようなあっという間だったような…今後ともどうぞよろしくお願い

します。今回更新する記事は最初の頃二日に一記事みたいなハイペースでがんばって

いた頃に載せた、西洋が舞台の漫画の続きです。2017年10月からTVアニメ放送が

決定したそうで、おめでとうございます。

 

↓前回の記事はこちら 

blueflag01.hateblo.jp

 

魔法使いの嫁 7 (BLADE COMICS)

魔法使いの嫁 7 (BLADE COMICS)

 

魔法使いの嫁 7巻

著者: ヤマザキコレ  発行: マックガーデン ブレイドコミックス

月刊コミックガーデン(WEBマガジン)連載中

 

 

前巻の最後に危険人物カルタフィルスとチセの友人ステラと接触があって何かあったら

どうしようと不安になったんですが、彼の当面の目的は竜の雛でした。アイスランド

あるっぽい”竜の国”から二体の雛がさらわれたと魔術師の互助組織”学院(カレッジ)”に

救援要請が入ります。 竜の国の管理人がエリアスの師であるリンデルだったため、

エリアスも協力を求められます。エリアスは渋りますがチセは自分と遊んだことが

あるかもしれない竜の子たちを放っておけず、チセがやるならエリアスもやらないわけ

にはいかず…というわけで首を突っ込むことになりました。

 

この事件にカルタフィルスの気配を感じながら、チセは攫われた竜の雛のうちの一体が

かつて自分がエリアスに買われたあのオークションに出品されることをつきとめます。

チセたちはロンドンに赴き、学院の面々と競りに参加します。(おそらくもう一体は

実験に使われてもう生きていない可能性が高いです)

 

どうにか競り落とせそうな流れになったところ、ひどくおびえた竜は突然身体を成長

させ、会場内で暴れ出し―

 

※※※

 

見た目はショタだけど死なない呪いをうけて長い長い歳月を彷徨っているらしいカルタ

フィルスは救いようのない壊れた人間だけれども一方で深く苦しんでいる様子。でも、

苦しんでいれば罪が許されるものでもないでしょう。これからもチセたちにとって

恐ろしい敵としてかかわってくることと思われます。被害が増える前に早めに片付いて

欲しいですが…

 

チセの心に周囲の大切なひとたちを助けたい気持ちが芽生えたのはとても良いこと

なんですが、魔力を使い何かするたびにチセのもろい身体は深刻な打撃を受けてしまい

ます。エリアスがチセに身体のためにいろいろ考える配慮が追いつかない状態です。

エリアスがスネるのはチセが成長して周囲に関心を持ち始めたことへの嫉妬もあると

しても、いちいち人のためにがんばって死にかけるチセを見るのが気が気で無いのも

あるかもなー。そのクセに周囲は口出しまくってくるし…新キャラもしくは改めて

キャラとして立った人たちがたくさん出てきたわりに大して役に立たないのです。

 

みんながチセの負担にならないよう、もっとしっかりしてもらうしかないなぁ…魔法

使いも魔術師もうまく成長すれば普通の人よりずっと長い寿命が得られるらしいし。

 

 

 ↓「星を待つひと」中編のDVDが入った限定版の方