読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「Mr.ホームズ 名探偵最後の事件」

ガンダルフの中の人が老いた名探偵シャーロック・ホームズを演じる映画です。

少しだけ日本が関わっています…が、21世紀になって随分経っても外国人が描く

日本の情景は相も変わらずうさんくさいままです。真田広之氏も出てます。

 


『Mr.ホームズ 名探偵最後の事件』予告編 3月18日(金)公開

 

Mr.ホームズ 名探偵最後の事件

2015年 イギリス・アメリカ合衆国製作  上映時間: 104分

原作: ミッチ・カリン 「ミスター・ホームズ 名探偵最後の事件」  

監督: ビル・コンドン  音楽: カーター・バーウェル

出演: イアン・マッケラン  ローラ・リニー  真田広之

 

 

1947年、元私立探偵シャーロック・ホームズ はイギリスのサセックス地方で養蜂を

しながら隠退生活を送っていました。さすがの名探偵もよる年波には勝てず、不自由な

身体と記憶力の低下に悩まされ、家政婦とその幼い息子の世話になっています。

 

かつての相棒ジョン・ワトスン氏が書いた小説上の”名探偵シャーロック・ホームズ”の

イメージが世間に定着していました。今まではそのことでちょっと迷惑してるくらいで

済んでいたのが、ある日30年前の事件を取り上げた小説を元に製作された映画を観た

ことがきっかけでホームズ氏は苦悩にさいなまれることとなりました。

 

映画の結末が納得いかず、しかし本当の結末を思い出せません。おそらく自身の引退の

きっかけになったであろう最後の依頼。ベーカー街の家から持ってきた荷物の中に

残っていた一枚の女性の写真。彼女が被害者だったのか加害者だったのかすら分から

ないのです。そこではるばる日本に住む文通相手梅崎氏の元を訪れ、脳を活性化させる

という”サンショウ”を入手しますがいまいち効果が感じられない上に梅崎氏の父親

イギリスに滞在したまま戻らなかった件にホームズが関わっていたと責められます。

それも全く身に覚えが無い有様…。

 

住み込みの家政婦マンロー夫人の息子、10歳のロジャーは利発な子どもでホームズの

話に興味津々、ミツバチの世話も進んで引き受けます。そして優れた推理力を発揮して

気難しい老人ホームズを喜ばせ、記憶の戻る手助けになりますが、平凡な労働者階級の

母親は戦死した夫の忘れ形見の一人息子がホームズの影響を受けて危険と関わることを

し始めないか心配だし、蜂は危ないし老人の面倒なんか看きれないし…と少しずつ

不満を溜めていました。息子もその母親に反発し…

 

少しずつ思い出される写真の女性、ケルモット夫人。生まれる前の子を失い塞ぎ込み、

”夫には理解できない”不可解な行動を取り始めたことが夫に名探偵に依頼させる発端に

なったようでした。はたして老いた名探偵は事件の真相にたどりつくことができる

でしょうか…?

 

 

何しろ93歳のおじいちゃんと10歳の子どもが主役だから難解な推理を必要とする

殺人事件やスリル満点の捕り物劇が起こるわけでは無く、海沿いの田舎の家で過ごす

穏やかな老後の日々の中でのお話です。出演者も少なめですね。人は命の終わりが

近づくと人生の整理をしたくなるようです。結果明るみに出たのはとても悲しい事実

でしたが、深い後悔と向き合うことでホームズ氏はようやく安らかな心を手に入れ、

孤独で無くなったことでしょう。いいお話です。60歳前後と93歳のホームズを

演じ分けるイアン・マッケラン氏がやっぱりガンダルフにしか見えなくても…。

 

  

スズメバチがミツバチを駆逐しちゃう困った問題はずっと昔からイギリスでも起こって

いたんだな~と考えていたら、今日公園で見た河津桜の咲き乱れるピンクの花と花の

間をたくさんのミツバチが元気に飛び交っているのを見かけて嬉しくなりました。

 

 

評価:長すぎず短すぎず、濃すぎず薄すぎずのちょうどいい上映時間で3回視聴。

Amazonビデオでも観られるようです。