碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「ヘイル、シーザー!」

今回は50年代のハリウッドの映画製作所を舞台にしたコメディ映画です。

観た理由=古代ローマがからんでるっぽいからなんとなく。

 


映画『ヘイル、シーザー!』日本版予告編2

 

ヘイル、シーザー!

2016年  アメリカ合衆国製作  106分

監督: ジョエル・コーエン  イーサン・コーエン

音楽: カーター・バーウェル

出演: ジョシュ・ブローリン  ジョージ・クルーニー  レイフ・ファインズ

 

 

50年代初頭の米国ハリウッド。TVの勢いに押されて危機感を募らせた映画会社は

超大作歴史スペクタクル映画「ヘイル、シーザー!」の製作に乗り出しました。

撮影は順調に進むと思いきや、主演の大型俳優が何者かに誘拐されます。事件解決に

乗り出したのはスタジオ内で次々と発生する問題に対処することが専門、なんでも屋

的ポジションの主人公エディでした。

 

エディは映画を心から愛し仕事への熱意はありますが、とにかく多忙でストレスの

溜まる裏方の汚れ仕事であり、家族と触れ合う時間も少なく、禁煙もできず、やたら

懺悔をしたがり、好条件の引き抜き話が来て迷う、そんなお人です。

 

他の登場人物も誰も彼もちょっぴり変な人ばかり。双子の姉妹で紛らわしいゴシップ

記者、演技は大根だけど意外に有能な若い俳優。みんなの憧れの清純派女優は実は

奔放なトラブルメーカー、水兵姿で踊るイケメンには裏の顔があり、古代ローマ

軍団長姿のまま誘拐された大物役者は共産主義者のサークルに連れ込まれてすっかり

感化されちゃう。世間と離れた映画界だから変な人が集まっても違和感が少ないん

でしょう。

 

 

感想:正直、よくわからない。

 

 

監督のコーエン兄弟って人たちは有名らしいのですが、よく知らずになんとなく借りて

なんとなく観たから真価が分からないんでしょうね。上映時間短いくせに俳優陣や

豪華なセットにお金かかってそうなのもよく分からない。

 

浅学なりにうすぼんやりと理解できるのは、この作品は往年のハリウッド大作映画が

好きな人にはたまらない世界観だってことです。この映画内で製作中であり題名にも

なっている「ヘイル、シーザー!」は「クレオパトラ」やら「ベン・ハー」やら

スパルタクス」的な大スペクタクル映画になるんだろうなー、とか、ローマ帝国

軍人の描写がテンプレ的なのは50年代設定とキリスト教側ってことでいたしかたなし

だな、とか。とりあえずグラックスという名前のローマ人を出すのはお決まりなのね、

などとなんとなく受け止めています。「ヘイル、シーザー!」以外にも懐かしい

雰囲気のする派手な映画撮影場面もたくさん観られます。

 

おそらくネタ元が分かれば面白いシーンが多々散りばめられているのでしょうが、

奴隷たちに水を与えるキリストの後ろ姿が「ベン・ハー」を意識してる?程度にしか

把握できず。もったいないことをしたかもしれません。

 

そしてこの時代の映画界に吹き荒れていたらしい反共産主義も盛り込みつつ、宗教観や

同性愛も…そういえば黒人をほとんど見かけませんでした。監督に悪意があるのでは

なく、そういう時代だったことをあえて再現しているんでしょう。

 

本題とは逸れるかもしれまんが、米国が人権や差別に厳しいのは、かつて自分たちが

散々差別と人権侵害を積み上げてきた結果なんだろうなと思うと、彼らの掲げる高い

人権意識に素直に敬意をはらえない部分もあります。実際彼らは無理をしていたのだと

宣言するかのようにトランプ氏が大統領になっちゃったわけだし。立派な理想なの

だけれど、「建前」と「本音」が分かれてるのは日本だけじゃないんだろうなぁ…。

 

 

評価:よくわからないと言いつつつまらないとも思わないし100分程度という

ありがたい上映時間枠だから3回目も観て理解に努めてみようかと。