読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

藤崎竜「銀河英雄伝説」 4巻

アルスラーン戦記」「創竜伝」等で多くの読者の支持を得た人気作家・田中芳樹

代表作を「封神演義」の藤崎竜がコミカライズ。田中芳樹作品を一冊も読んだことが

なくて、でもちょっと気になってて、でもあまり絵柄が好みで無い長編アニメを観るの

しんどいしなー、でもフジリューなら…ってぼんやりした動機で読み始めた作品だから

何を書くにも元々のファンの方々にはとうてい及ばないしストーリーをきちんと整理

する自信すらなく、いつ記事を書こうかタイミングに迷っているうちにはや4巻目。

今日は時間に余裕があるから書ける…と思うけど…な…。

 

銀河英雄伝説 4巻

 漫画: 藤崎竜  原作: 田中芳樹 (創元SF文庫)

発行: 集英社 ヤングジャンプコミックス

週刊ヤングジャンプ連載中

 

 

帝政を布く銀河帝国と民主制を掲げる自由惑星同盟が数百年に亘り戦争を繰り広げる

銀河世界。帝国の首都星の片隅に暮らす平民・キルヒアイスの隣の家に天使のような

姉弟が引っ越してきました。その没落貴族一家の当主である父親は飲んだくれ。母親は

いません。姉弟の弟のラインハルトはキルヒアイスと同い年、出会ってすぐに仲良しに

なりました。 誇り高く気難しい弟に友達ができて喜ぶ五歳年上の姉・アンネローゼの

優しさに見守られながら、ずっと幸せな時を過ごすはずでしたが…

 

ある日、美しいアンネローゼが強引に皇帝の後宮に入れられてしまいます。戦うには

幼すぎたラインハルトは激しく怒り悲しみ、姉を取り戻すための力を欲します。

貧乏貴族の子息にすぎない彼が皇帝を討ち滅ぼすために選んだ手段は軍人になり、

功績を立ててのしあがること。貴族幼年学校に入ることになったラインハルトにキルヒ

アイスも付き従うのでした。

 

数年後、銀河帝国自由惑星同盟の両者を隔てる境目に位置するイゼルローン要塞に、

同盟軍の大艦隊が迫っていました。今度こそ要塞を落とそうと意気込む彼らを翻弄する

帝国軍の一艦隊。指揮官は学校卒業以来異例の速度で昇進したラインハルトその人

でした。しかし、一方で同盟軍にも天才的な用兵の素質を秘めた者の姿が…後に

不敗の魔術師」と讃えられるヤン・ウェンリー。二人の異種なる天才は、互いの名も

姿も知らぬままその存在を意識するのでした。この二人は戦局をくつがえす術を編み

出しながら上層部に頭を押さえつけられ思うように動けない点でも共通していました。

 

結局ラインハルトの献策が功を奏し、第六次イゼルローン攻防戦は主砲”雷神の槌”を

同盟軍に直撃させた帝国軍が勝利を収めます。勝者と敗者に分かれ、それぞれの想いを

胸に故国へ帰る二人。はたしてこれから彼らを待つ運命は…?

 

※※※

 

フジリューは独特にして極端な描写表現が暴走するオリジナル作品を執筆するよりも、

最初から原作ありきのコミカライズ化の方がうまくいくみたいですね…。

完結済みの原作の場合は物語を分かり易く再構成してもらえるから読み手としては

たいへんありがたいです。それとも原作を読んでないから素直に入ってくるのかな?

 

どこかに掲載されたフジリュー氏へのインタビューによれば、ラインハルトを描くのは

非常に時間がかかるとか…そりゃそうよ、つやっつやの金髪、強い意志の光を放つ碧い

瞳!! まつげ淡い!! 会う人に強烈な印象を与える美貌の持ち主です。(キルヒアイス

温和な顔立ちに似合わずかなりがっしりした体格をしています) しかも才能に恵まれ、

スタート地点は姉のコネとはいえ軍に入ってすぐ功績を上げまくり18歳で中将!!

貧乏騎士から一足飛びに大領主へ…!! 気持ちいいまでの出世物語。そしてシスコン。

恐るべき主人公です。でも常に張り詰めていて敵を作ってばかりで心配になります。

一方でヤン・ウェンリーはものぐさでぼんやりしていて一見風采の上がらないダメ男

ではありますが…。

 

私は今のところこの両者のどっち派でもありません。これまでのストーリーの大半が

ラインハルト視点で進行してきたため彼への感情移入度は高いですが、大ハマリという

ほどでもなく。ヤンも子連れ(養子)属性+ネコとなかなかに強力なカード持ちだし…。

とりあえず二人とも応援してます。

 

今後いよいよ戦争が激しくなり、ラインハルトもヤンも出世して歴史の表舞台に立って

お互い…だけじゃなくて互いの故国の内なる敵とも激突することになるんでしょうね。

元々SF・メカ・軍事そのものへの興味が薄い上に一回の戦闘で数十万単位の人間が死ぬ

感覚になじめる気がしないため、今後どこまで読み続けられるか未定です。

シスコンが拝める内は読んでいたいですが

 

勢いに乗って再アニメ化プロジェクトも進行中だそうですね。旧アニメのリメイクでは

ないとのことだからこのフジリュー漫画版でやるのか、あるいは別の形になるのか、

蓋が開くまでのお楽しみ・・・。

 

↓原作セット(未読)

銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)

銀河英雄伝説 文庫 全10巻 完結セット (創元SF文庫)