読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第49回「前夜」

大河ドラマ真田丸」第49話のざっくりとした感想です。

いつも本放送後にtwitter等で他の方の感想をチェックしています。自分では気付かない

ことがたくさんありますので、大事な作業です。(ドラマ的に)内通者が織田有楽斎一人

ではない可能性にも気付きませんでしたし…。

 

そして私も他の方と同じように初期のきりさんを心底ウザいと思っていた人間ですが、

そのうち慣れてきたこと、彼女がさまざまな経験を通して落ち着き・貫禄を得たこと、

他にも濃い人がたくさん出てきたことでだんだん印象が好転してまいりました。

今回、実は「霧隠才蔵」ポジションでは?と囁かれているきりさん(昔の”家康が最も

恐れた男 真田幸村”という新春時代劇の霧隠才蔵は女性でした)の人生に一つの答えが

でます…。 終局に向けて人がたくさん倒れる回ですが、今まで見続けてきた甲斐のある

お話でした。

 

 

家康の本陣につっこんで死ぬ気の弟を止めるため、病を押して大阪に向かうと妻たちに

告げる信之。妻たちは夫に悔い無き生き方をさせてやりたいと思っていても、これは

お家の存続にかかわる無謀な行動。…だから絶対に真田の者とバレないように。

そして必ず生きて帰ってくるように…。お守りに六文銭を握らせて送り出してくれる

いい妻たちです。姉・松も弟のために荷を選びます。また兄弟3人で楽しく語り合える

日が来ると明るくふるまう彼女に祖母・とりの面影を見る信之…。苦労人の印象の強い

真田信之、いい家族を持ちました。

 

一方の秀忠のターン。大阪への出陣前に正室・お江さんの激励を受けます。ただ、

彼女が心配しているのは秀頼に嫁がせた長女・千姫のこと…。秀忠は娘の身の安全を

請け負いますが…。お江さんのやる気注入が若干重いようです。

 

大阪方の軍議です。幸村の策は、まずは敵の足並みが揃わぬうちに大阪を出て京を

落とす。さらに東へ軍を進めていく…秀頼さまも出陣し、伏見城にて采配。前に聞いた

ような…しかし大蔵卿局は秀頼さまが危ないから大阪城を本陣にすることにこだわり

ます。要害が間に合えばできただろうけどね~…と言われても、なんとかできなくても

なんとかするのが幸村の役目だろうと…相変わらず強情です。

 

後藤又兵衛さんや毛利勝永さんが夜なべで考えたのは別の案。大阪城の南で迎え撃つ

計画。みんなそっちの流れに乗ってしまったので幸村も乗るしかなくなります。意見が

分かれていては勝てませんからね…。幸村が籠城案に乗ったためか、大蔵卿局の弁解を

聞かされます。自分は豊臣家のためを考えてる。言葉がきついのは性分なのです。

…でも、やっぱり牢人は大嫌いじゃ!! …とのこと。今さらフォローが入ったのは

それだけ彼女が強烈なキャラを発揮し視聴者の敵意を集めたからなのでしょう。

 

徳川方のお年寄り・本多正信はおじいちゃんだからうとうとしてます。大御所さまは

一応最後の交渉をしようとしますけど、秀忠が戦を終わらせるためには秀頼の息の根を

止めるしかないと強い口調で止めます。父上は甘すぎる!! …ですって。後に大名

つぶしの鬼になるお方。立派に(?)成長しましたね…。

 

大和の郡山城に退去せよ。ただし牢人は連れて行くな、という最期の妥協案を拒否し、

徳川と手切れを宣言する秀頼さま。豊臣と大阪城終焉を予感する大御所さま…。

 

信之は山城と河内の国の近くの真田の陣に無事合流しました。大御所さまに再度幸村

との交渉を命じられた叔父・信尹に便乗することができるようです。

 

そして始まる大坂夏の陣…。名を売り大名になることを夢見た、言い交わした仲の

おなごのいた名刺の塙さんは簡単に斃れてしまいました。ふらっと亡骸を見にやって

きた茶々さまが不吉な発言…目がうつろです…きりさんが支えています。

 

めげずに膳所で軍議です。しかし、彼らの作戦は徳川方に筒抜けでありました…。

家康が通るはずだった大和路を伊達政宗の軍が通ることに。さらに本多正信の提案で

後藤又兵衛に買収工作→本当は拒否されたのに乗ったと大阪方へ噂を流します。

もうろくしてるようでまだ油断ならないおじいさんです…。

 

幸村に会いに行く途中徳川義直(家康の九男・初代尾張徳川家藩主)の陣にひっかかって

しまった信尹・信之は、結局大阪方に兵糧を運び損ねた平野さんと出くわします…。

逃げた後出てきたのは室賀正武さんの息子。彼らが真田家の者と知り、父を討たれた

ことを口にしようと

 

信之「黙れ小童ぁぁぁっ!!!!」

 

室賀・息子が思わず謝っちゃった間にとっとと立ち退きます。…なんで流行語大賞

ならなかったんでしょうね?

 

…で、叔父と兄と再会する幸村。叔父上も今度は状況が悪すぎると幸村の説得にかかり

ました。昌幸がこだわっていた武田の旧領”信濃”の国主の座をもってしても幸村の心を

動かすことはできませんが、信之は弟を生かすことを諦めません。家康に刃向かうだけ

刃向かってもいいけど、死んではならない。どんな手を使っても命ばかりは助かるよう

努力するから死んではならない…そうすればいつかまた、一緒に酒を酌み交わす日が

来るから! …けれど、幸村はなおも拒否します。助命されて、またあの何もない流刑

生活を送れというのか? 酒を酌み交わしたいなら今ここで!! 兄上と飲みたい!

 

…本当は沼田に帰りたい気持ちもあった幸村。でも信之は最後にならないことを信じて

飲まないまま去っていきました…。叔父からは「生きたいように生きれば良い」という

言葉をもらいます。

 

大御所さまと酒を酌み交わす上杉景勝さん…珍しい話し相手ですね。かつて今川、

武田、上杉、北条と争った時期もありました。大御所さまには思い出話ができる相手が

少なくなってしまったのです。豊臣家の存在はもうみんなのためにならないから滅ぼす

んだよ、そなたには分かって欲しいんだ…なんてボヤくから、景勝さんから後ろめたい

から言い訳がしたい、許されたいのではないか、と突っ込まれてしまいます。

景勝さんはかつて正しさにこだわって大御所さまにケンカを売りましたからね。彼が

先日目にした真田源次郎幸村の姿は、かつて彼がそうありたかった生き方を貫いて

いました。大御所さまの真田へ恨みごとも、年月を経て郷愁が混じれば以前ほどの強い

力はありません。景勝さんは苦笑いしながら酒をつぐのでした…。

 

出陣前の毛利&後藤&幸村。又兵衛の噂が不安要因だけど、心乱さずに戦ってくれと

幸村からのありがたいご助言。なんで俺には引き抜きの声がかからないんだと愚痴る

毛利さん…。長宗我部さんと同行する若い木村さんが又兵衛さんに戦のやり方を教えて

もらった礼を言います。縁起でも無いから…!! そんな木村さん、首を取られても

恥ずかしくないように、兜に香を焚きしめたとか、洒落たことしますね。

 

明石さんはキリシタン以外のキャラ付けが薄いので書くこと少ないです…。

 

又兵衛さんは結局援軍を待たずに攻め込んでしまい、伊達の反撃を受けて壮絶な戦死を

遂げました。後藤又兵衛戦死の知らせが大阪城の秀頼に持ち込まれます。言葉の出ない

秀頼さま…身近な人が死ぬ経験に乏しいでしょうから。

 

戦いは続きます。徳川の本軍とぶつかった木村&長宗我部隊は後藤隊の敗走を知らない

まま攻めかかりというか、無双シリーズじゃあるまいし武将格が乱戦に入りすぎ

でしょこのドラマ…木村さんも戦死してしまいました。お家再興を絶望した長宗我部

さんは部下に逃げろと言い放ちますが、結局部下は彼に付いてきて…彼らは無事に撤退

できたでしょうか?

 

ここまで来て牢人衆はようやく有楽斎以外の間者の可能性に気付きます。いつも彼らの

話を聞いていた人とは…

 

 

膳所のじいさん。

 

 

勢いに乗った伊達勢は後詰めの真田隊に襲いかかります。赤い旗と紺の旗。大助も戦い

ますが足に矢を受けます。真田隊は奮戦したもののやはり苦戦し城に駆け戻ります。

追撃をかけられる途中、幸村はふと馬首を返し…

 

「これで仕舞いか!徳川勢にまことの武士はおらんのかぁ!!」

 

かっこいい挑発。その勇姿を快く思った政宗は撤退させてやります…景勝さんの言った

通り、この時代の武将がみんな本心ではやりたかった生き方をしていたからでしょう。

 

大阪城に帰参できましたが、九度山から着いてきた若者がいつのまにか亡くなって

いました…(忘れてました) 終わりの時が近づいています。幸村は家族に伊達の陣に

赴き保護を求めろと命じます。佐助の届けた密書を読んで快く引き受けちゃう政宗。

妻子の護衛を口実に内記さんも送り出しますが、息子・大助と、やってもらいたいこと

があるからときりさんを残しました…。春さんも本当は残りたいけど、泣きたいけど、

大谷吉継の娘として耐えました。頭を下げてきりさんに幸村を託します…。

 

ずんだ餅を食べながら幸村の妻子をお出迎えする伊達陸奥守政宗。直接会ってずんだを

勧めるとは厚遇ですねぇ。 ずんだ餅をもりもり食べておぼえめでたい幸村の娘・梅は

後に伊達家の重鎮片倉小十郎景綱の息子・重綱の妻になり、幸村の血脈は伊達家の内に

受け継がれるのでした…。

 

幸村がきりさんに託したい任務は秀頼さまの正室・千姫を秀忠の元に送り届けること。

この大役をやりとげて沼田に帰れと…。でもきりさんは戻ってくると言います。

こうなったら最期まで”おかみさま”におともしますと…”源次郎さま”のいない世にいても

つまらないから。そう微笑む彼女を抱き寄せる幸村。

 

「遅い」

「済まん」

 

口吸いまで…! 良かったねぇぇぇっ!! 口づけされながらもごもごしゃべっちゃう、

きりさんらしいきりさん。せめて10年早ければ…って、若い頃から散々周囲に

”うっとおしい”と言われ続けていたけど案外年齢を重ねてからの自分の方が魅力がある

ことを知っていたきりさん、”源次郎さま”の腕の中で幸せそうに涙を流すきりさんと

ともに、いよいよ次回、つまり最終回へと向かいます…

 

 

…名も無き”最終回”へ。