碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第48回「引金」

大河ドラマ真田丸」第48話のざっくりとしたあらすじと感想です。

 

 

前回のあらすじ:秀頼さまも茶々も大阪城を出なくていい=城とともに滅びろ

 

 

大阪方の最大の問題はやはり中心人物の中に軍師というかきちんと先の見通しを立てて

指示のできる人がいなかったことですよね。それができる人がいれば幸村だって

その人の意図と合わせて戦術を立てたはずです。しかしそういう人がおらず、幸村が

仕切る形になりました。上からは軽く見られるし、同じ牢人である他の者たちを彼には

完全に制御しきれません。”望み”という言葉にすれば聞こえはいいけれど、つまりは

エゴなんですよね~…

 

 

我らが受信料の結晶である真田丸と外堀・内堀と二の丸・三の丸等をダメにされても

本当の闘いはこれからだ!! …というわけで和平が決まったのに再決起した大阪の

秀頼さまと牢人衆。家康本陣に夜襲をかける我らが牢人衆。明日の夜家康を襲う作戦を

有楽斎に話す幸村。当然のように情報が徳川方に漏れますが、それを想定した作戦

でした。家康暗殺役に抜擢された佐助が任務に向かう前にきりさんに別れを告げます。

 

「もし無事に帰ったら夫婦になってくれませんか」

「ごめんなさい(即答)」

「はっ!?」

 

…あえなく消える佐助。ある意味生き残れるフラグなんじゃ…?

 

相変わらず早々に牢人衆に出て行ってもらうことにこだわっている大蔵卿局です。

いくさを終わらせたいからです。幸村も相変わらず家康は必ず豊臣を攻めるつもりで

いるからと主張。平行線です…。一方の秀頼さまは牢人たちにきちんと報いたい。

 

幸村はスパイのふりして有楽斎の密書を読んじゃいました。有楽斎の言い分としては、

家康とまともに戦って勝てるはずがないから自分なりに姪・茶々とその子・秀頼の

ことを考えてやったのだそうです。居直ってみせますが、いざ幸村に刀を突きつけ

られると「ちょっと待て」と言っちゃう有楽斎です…なんか昔っからこういう人らしい

ですわ。命ばかりは助けられ大阪城を去り、以後は茶の道に専念して穏やかな余生を

過ごしたという”ナレ死”送り。でも、これじゃこの人普通に運が良かったじゃありま

せんか。なんだかなぁ感が残ります…。

 

そして本当に家康の元に乗り込むことができた佐助…? 家康を刺しちゃった佐助…?

マジ? 夢オチ? …あら、影武者だった…家康の影武者なら影武者の方が強い気が

しますが(何のマンガの影響かしら?)本物は京の二条城で茶を喫してました。ひどい。

…というかまともに影武者が出てくる大河ドラマって珍しいような。

 

家康だけでなく秀忠も江戸に帰り、戦は終わった雰囲気が出ていますが大阪城内はまだ

10万の牢人衆があふれていました。城の南部に巨大な防壁を作ろうと献策した幸村を

褒めてオレが面倒事を全部引き受けるからがんばれ!と請け負う大野治長、大丈夫? 

いつもみたいにグズグズになりそうであまり期待できないけど…幸村もちょっと信用

できなそうな顔をしてましたけど…今回は違うらしく、大蔵卿の局にもガンと言っ

ちゃえました。今度こそがんばれる!? 茶々様も牢人衆に任せようと言っちゃう。

秀頼さまも協力的。行ける? 今度こそ行ける…!?

 

BS先行放送と本放送の2回観てうっすら理解した、幸村が考え秀頼さまが承認した

今後の理想的流れはこんな↓感じ。

 

・徳川方を刺激しないようにしながら戦力を保持する。

・時間を稼いで南の防壁を完成させる。

・防壁が完成したら晴れて戦って勝つ。

・再度和睦して秀頼さまは四国をもらい、移転。牢人衆を家臣として召し抱える。

 

秀頼さまの承認を得て大阪城内に牢人衆の身内が招かれました。賑わっている(身内が

いない者もいます)城内で、母親のご機嫌取りしてる大野治長とその弟たちの奇妙な

食卓風景も目撃されます。

 

幸村も甥たちに会いに行く前に秀頼一家にごあいさつ。いずれ大阪城を退去し四国に

移る計画を聞かされた茶々は源次郎も来てくれるなら、と承諾します。秀頼さまの正室

千姫は何を言われても曖昧に頷くだけ。幸村も、茶々たちも、長宗我部さんも、話す人

みんなどこか叶わない夢の話をしてる雰囲気が漂っています。(幸村は否定しますが)

もう叶うか分からない夢なら大きな夢を見よう…。

 

というわけで長宗我部さん「秀頼さまが土佐に移るならオレは淡路島もらうから」

 

千姫は幸村に自分が父・秀忠や祖父・家康にいくさをやめるよう頼むから江戸に戻して

くれと頼みますが、彼女は人質でもあるため拒否します。次に江戸に帰りたい、と

本音を言っちゃいます。やっぱり…

 

で、こっそり沼田に帰る前の真田家の面々と再会する幸村と、初対面の大助。義兄上や

かつての片腕・矢沢三十郎と親しく語れて楽しそう。子供らの世代は…というと、

信之の長男は大助に身内として温かく接しますが、次男の方は相変わらず頑なですね。

彼にとって叔父や従兄弟の存在は迷惑でしかないようです。この気持ちもわからなく

ありません。徳川家から来た稲さんの息子ですし。でも稲さんは頑なな態度を取り

つつもだんだん真田一家の繋がりの強さに理解を示すようになったんですがね…。

まだ祖父の本多忠勝ほどの力はないらしく、もめ事の原因を察したらしい三十郎に

転がされていました。成長するかな次男…。

 

自分より実戦経験が多く、何より武田家の戦を見てきた一人である義兄上(高木渉)から

騎馬隊で敵の本陣に突っ込み騎乗から大将を狙撃する戦法を教わる幸村。もちろん

簡単にはいけないけど~って、やばいヤツにやばいこと教えちゃったね義兄上さま…。

兄と姉宛てに文を書き始めましたよ。

 

居残り組のきりたちが畑をいじりながらのんびりと過ごしてたら幸村たちが帰って

きました。真田の畑は元々千利休の茶室があったところなんだってさーへー…とか

話していたら何か掘り当てましたよわざとらしい。利休の焼き印入りの箱、中身は

小型の銃が2丁。毛利さんが教えてくれたことにゃ、南蛮渡来の”馬上筒”。奇跡の

ような巡り合わせですわー(棒)

 

徳川方より牢人衆の立ち退きを要求されました。実はもう豊臣家の蓄えは底を尽き

かけています。大蔵卿局が何度牢人衆を追い出せ、甘やかすなと言おうとも次の戦に

勝つことができれば…南の要害ができれば勝機は残っているはず。それまでなんとか

持ちこたえさせたいという幸村たちの願いをよそに大野・弟が勝手に倉の中の金を

自分の配下に分けてしまいました。これによって他の者たちにも金を分けなくては

いけなくなりました。兄へのコンプレックスは共感できる幸村は大野・弟を諭し

ますが、彼は心のすき間を埋めるより、埋められた堀を掘り返したいらしいです。

さらに他の牢人衆、もらった金で武器を買ってきちゃった! これは敵にとっちゃ

かっこうの糾弾材料です。まずい!!

 

その上大野治長が夜中に襲撃され、重傷を負ってしまいました。他ならぬ弟(多分母親も

一枚噛んでる)の仕業だから大事にしたくなかった治長ですが、この弟はさらに止める

のも聞かず堀の掘り返しも強行しちゃった。後藤又兵衛さんは牢人たちの抑え役を引き

受けたにもかかわらずやっぱり戦をしたいから本気で彼らを止めませんでした。

幸村たちの計画はそれぞれの強すぎる”望み”によって崩れていきます。そして坂道を

転がる石のよう。もう後戻りはできません。牢人たちに対する大蔵卿局の言い分も

完全に間違ってはいなかったということでしょう。

 

大御所様は自分の手で大阪城に籠もる連中に引導を渡すことを決意するのでした…。

 

弟からの文を読んだ兄は、弟が本当に追い詰められていること、家康と差し違えて

死ぬつもりなのだと察します。今度こそ、今度こそ弟を止めるために大阪へ向かう

ことを決意した信之でしたが…。

 

馬上筒を構える幸村の目には家康の首だけが見えていたのでした。

 

 

真田丸 完全版 第参集 [DVD]

真田丸 完全版 第参集 [DVD]

 

 

 

次回、第49回「前夜」 あぁ、あと2回…!