碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第47回「反撃」

大河ドラマ真田丸」第47話のざっくりとしたあらすじと感想です。

 

毎回毎回憎たらしさ全開の大蔵卿局が今回もやらかしてくださいますが、正直に言うと

彼女の気持ちは分からなくもありません。一つの城に牢人(浪人)が10万もいれば、

並の女からすればかなり恐怖ですし。彼らがただ戦いたいだけに見えるでしょうし。

 

いくさに勝った、いくさはもう終わったのだと思いたい。むさ苦しい浪人も、血なま

ぐさいいくさも、茶々や秀頼さまを惑わすうさんくさい幸村も一刻も早く目の前から

消えて欲しい。大切に守り育ててきた茶々や秀頼さまたちと一緒に、平和に贅沢に

上品に、この世の頂きにいるような気分で暮らせる日々を取り戻したい…彼女がそう

思うのは仕方がありません…分かってても腹が立つのですが。

 

結果を知った上でドラマを見るのと、当事者の感覚は全く違うわけで。何が正しいのか

なんてこの時点では全く分からないのですから。

 

ところで、テレビ東京系の正月時代劇は縮みに縮んだ末にとうとう無くなってしまった

そうですね…。寂しいです。

 

 

 前回、茶々たちがいる天守の南側めがけて大砲が撃ち込まれました。驚いた片桐且元

さんが「話が違う!!」と悔やみ嘆きながら有働アナによる強制退場ナレーション、通称

ナレ死”…まさか彼がここで片付けられるとは思っていませんでした。本当に気の毒な

方でした…。

 

茶々の気持ちはくじけ、和睦に向かいます。砲撃のショックが抜けないまま、幸村にも

会おうともしません。流れはこのまま和睦へ…すると、職を失う牢人たちが困るわけ

ですが、毛利さんがさりげなく又兵衛さんに牢人衆の身の振り方についての責任を

丸投げ…ズルい! 一端和睦に持ち込み、牢人たちを追い出して再び攻めるのが家康の

狙いでは、と推測する幸村。顔の怖い大野・弟は和睦反対派…。評定が始まる前に

また謝る大野・兄。

 

牢人の処遇が和睦交渉の鍵となりそうです。織田有楽斎が徳川方から聞いた条件は、

秀頼さまか茶々のどっちかが大阪城を出ること。大蔵卿局は大反対。秀頼さまはいざと

なったら小国の大名になる覚悟はあるそうですが…。

 

茶々に呼び出される幸村。…憔悴した彼女は幸村にすがりつきます。和睦を選んだ

ことを詫びる彼女に、いつもの微笑みを浮かべながら安心させる言葉を与えます。

彼女は生きることに疲れ果てているようでした…。秀吉の側室として、秀頼の母として

大阪城で暮らした歳月は、彼女にとって呪縛であったのかもと幸村は推察します。

 

…あぁ、やっぱり牢人衆の中にも幸村と茶々の関係を怪しみ、自分だけいい思いを

しようとしてる! と思ってるヤツがいました…そりゃ、そう思われたって仕方ない。

 

 

そして江戸。お通さんのところで膝枕・耳掃除してもらいながら弟を想い苦しい胸中を

はき出す信之がいます。そこを奥さん二人乗り込んできたあああああああ!!! 緊張感の

高まるBGM!! 癒やし役を取られたと憤慨したおこうさんがお通さんに襲いかかり

ますがおこうさんじゃとても敵いません。にこやかに信之に帰宅をうながすお通さん。

お通さんには次の客がいる…いや、信之をかばって…いや、本当に商売でした。

けっこう高額。(真田丸では触れられないけど、真田領は天災続き。こんなことで出費

してる場合じゃない)ショックを隠せない信之は稲さんにうながされすごすごとご帰宅…

今後の癒やし役はおこうさんだから、お通さんはお役御免ですって。

 

 

大阪城で畑を耕す堀田作兵衛を呼び出す牢人衆。幸村の人となりを、信じるに値する

男かどうかを聞きたいそうです。実はそれほど長く幸村に仕えていたわけじゃない

作兵衛は幸村の父・昌幸の話をします。あの裏切りばかりで信用できなかった男は

武田信玄への忠義を忘れず、武田の領地を取り返すために手段を選ばず戦っていたと。

その息子である幸村も、死にものぐるいで亡き太閤殿下への忠義を果たそうとして

いるのだと…。

 

家康の陣に豊臣方からの和睦の条件が届けられます。秀頼が大阪城を出る代わりに、

牢人衆を養うための領地…四国二カ国を欲しいと。和平など応じることはない、と

訴える秀忠に対し、本多正信が説明します。和睦とみせかけて敵を丸裸にした後、

総攻め…それが大御所さまの狙いなのでした。

 

四国は良くても関東に領地を与えると言われると困る秀頼さま。まだこの国の中心は

京であり関東は未開の地、のイメージが残ってる時代ですしね。交渉相手に本多正信

出てこられると困るので女同士の話し合いに持ち込めないかと提案する幸村。交渉役に

茶々(淀の方)の妹お初さん(常高院)を選択し、ついでに行く気満々の大蔵卿局、さらに

いざという時のために場数を経て肝の据わったきりさんを同行させます。

 

ほんわかと迎え入れるのは阿茶局(女狸)。淀の方も秀頼さまも大阪城から動かなくて

いい。所領もそのまま。牢人衆におとがめなし…耳に心地の良いことばかり言います。

鵜呑みにして喜ぶ大蔵卿局。戸惑い気味の常高院さま。きりさんはその場を乱すことで

常高院さまに牢人衆の処遇について質問をする間を与えます。しかし牢人の勢いを

削ぎ、追い払うために真田丸を壊し外堀を埋めて戦う気を無くしてしまおうと言われて

大蔵卿局が喜んで受け入れてしまいます…。

 

こうして阿茶さまは大蔵卿局に狙いをつけ、勢いに乗せて徳川方に都合の良い条件に

持っていこうとします。さすがにおかしいと思っても政治の経験が無く気質が大人しい

ため口を出すタイミングのつかめない常高院さま。きりさんは再び場を乱し…しかし…

あぁ、もう…! いや、阿茶さまがお見事なんだな…

 

今回は良くも悪くも女たちにスポットライトが当たりましたね。 

 

かくして、和睦が成立。あまりに甘すぎる条文を不審に思った幸村がきりさんに確認

すると、”真田丸の破棄””大阪城の堀を埋める”という書面に入っていない重大事が発覚

します。発覚する傍から破却される我らが真田丸…。戦う力を失った豊臣との約定を、

徳川が守るわけがない…!! 何が腹が立つって、みんなから非難された大蔵卿局

自分の誤りを認めなかったことですね…だいたい前も同じ手に引っかかっていうのに。

現実にもこういう人多いですが…。代わりに幸村に謝る大蔵卿局の息子大野治長

 

有楽斎が気になることをはき出します。「これで良かったのだ…」 覚えておきます。

 

あとは大阪方から条約を破るようにしむけるだけ、と高笑いの大御所さま。城攻めの

何たるかを知らしめ、とっても嬉しそうです。

 

真田丸を失い、外堀・内堀も埋められてもう丸裸の大阪城。これでどう戦えばいいと

いうのか? 牢人衆の目はたった一人に集まります。

それでも、それでも幸村ならなんとかしてくれる…!!

 

幸村「もう策なんかねぇよ…」

 

自分の力不足だと頭を下げる幸村。なんだかんだでこれまでの彼の尽力を知ってる

牢人衆に彼を責めることは出来ません。犬死にするより大阪城を去れと言われて、

去ろうという雰囲気が漂う中、又兵衛はそれでも戦うことを宣言。家族を兄の元へ

送ろうとしていた幸村は、奮起した牢人衆に口々に励まされ、秀頼さままで現れて…

青春ドラマのようですね。

 

まだみんな望みを捨てていないのだと気付いた幸村は、再び戦う決意をするのでした。

 …これで本当に良かったのか、やっぱり分かりません。

 

 

真田丸どーもくん 全高約80mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

真田丸どーもくん 全高約80mm PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

 

 

 

次回・第48回「引金」 残り3回。ゴルゴ幸村。