碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「駆込み女と駆出し男」

今度は何を借りようか迷いに迷ってたまたま見かけたDVDを手に取ったのですが、

主演が大泉洋氏、舞台が江戸時代の女たちの駆け込み寺だった東慶寺であることから

真田丸」と少し関わりがあったりします。移りゆく季節の美しさと軽快な口上と

人情劇を楽しみました。

 


映画「駆込み女と駆出し男」予告編

 

映画の記事を書くときは予告編を貼っていたことをすっかり忘れていました…

 

駆込み女と駆出し男

2015年  上映時間: 143分

原案: 井上靖 「東慶寺花だより」

 監督: 原田眞人  音楽: 富貴晴美

出演: 大泉洋  戸田恵梨香  満島ひかり  内山理名

 

 

江戸の天保年代、世の中は目付・鳥居耀蔵と老中・水野忠邦による改革の真っ最中。

厳しい質素倹約令によってあらゆる贅沢や娯楽を禁じられた江戸の民衆は息苦しい

毎日を過ごし、楽しみといったら曲亭馬琴著「里見八犬伝」の新刊を待つことくらい。

医者見習いにして戯作者に憧れる中村信次郎も住みにくい江戸を離れ、鎌倉の伯母の

元へ身を寄せます。東慶寺の御用宿・柏屋の主人を長年勤める伯母の源兵衛は、

番頭夫婦らとともに夫と離縁するために東慶寺に駆け込みたい女たちの身柄を預かり

聞き取り調査や東慶寺との取り次ぎなどを行っているのでした。信次郎にとって柏屋は

単なる居候先でなく、戯作のインスピレーションを得るのに最適な人間観察の場で

あったのです。医者見習いとしての腕も見込まれつつ、女たちの離縁の手助けをする

ことになった信次郎は早速二人の駆込み女に出会います…。

 

七里ヶ浜でたたらを踏む鉄練り職人のじょごは仕事を妻に任せっきりにして放蕩三昧の

夫に火ぶくれの目立つ顔を馬鹿にされ続け、忍耐の限界を超え東慶寺に向かいます。

道中拾ったのは日本橋の唐物問屋・堀切屋の妾だったが夫の過去の所業を恐れ逃げて

きたというお吟でした。声音にしっとり艶がある、まさに徒花って感じの女性です。

さらに続けて悪質な道場破りに夫を殺された上無理矢理祝言をあげさせられた道場の

一人娘・ゆうが逃げ込んできます。彼女たちの夫らが呼び出されましたが、当然離縁に

応じないため、三人とも寺入り(お山入り)することとなりました。

 

最初は医者としてじょごの顔のやけどの跡を気にしていた信次郎は、口が重くて頑な

だけれど辛抱強く、人への思いやりを忘れない彼女に惹かれていきます。東慶寺

入る前から労咳(結核)をわずらっていたことが発覚したお吟の診察のために信次郎が

度々寺を訪問することで、信次郎と仲の良いじょごと他の女たちの間にトラブルが

起こることも…しかし院代の法秀尼さま(史実では水戸家出身)は厳格でありつつも、

有能(本当に有能)で勤勉で働き者なじょごを高く評価し、見守ってくれていました。

 

一方で、幕政を守る意志はあれど弱い女たちの避難先を守る気は無い幕閣鳥居と

水野らは東慶寺一帯の土地を外国を撃ち払うための海軍基地に転用しようと、密かに

東慶寺お取り潰しを目論んでいました。24ヶ月の後、女たちと信次郎を待ち受ける

運命とは…?

 

※※※

 

女性の地位の低い時代(どの程度低かったかは諸説あるようですがここでは省略)、

自分から夫へ離婚を申し出ることのできない女たちの駆込み先となっていた鎌倉の

東慶寺」。「権現様お声掛かり」としてそのご威光を世に知らしめた「会津四十万石

改易事件」時に住持だった豊臣秀頼の娘・天秀尼、問題の会津藩主加藤明成は

真田丸」には出てこなかったものの賤ヶ岳七本槍の一人加藤嘉明の息子で…と

説明しだすとキリが無いのですがとにかく格式が高いお寺なので、庶民はおろか武士

大名すらおいそれと介入できない場所でした。いざとなったら逃げ込める場所がある

だけでも、女たちの心の支えになったことでしょう。もちろんただ駆け込めばいいと

いうのではなく、いろいろな手続きを経て寺入り、24ヶ月の禁欲的な修行生活を経て

晴れて夫から離縁状を受け取れるのです。

 

女房に逃げられた亭主たちはそれぞれの反応を示します。怒りや屈辱、困惑、疑い、

後悔…やがて2年という歳月を経て別の答えを出す場合もあります。心を入れ替えて

妻の帰りを待つ者、あっさり再婚を考えるもの、あるいは妻の決断を受け入れる者、

全っ然納得せずますます身を堕とす者…。人それぞれです。

 

主人公の信次郎は三枚目っぽいけど人情味にあふれ、機転に富み、とにかく口八丁

手八丁であることないことしゃべりまくって人の心を動かす、柏屋に怒鳴り込んできた

やくざ者すら口からでまかせで追っ払う、まさに大泉洋氏の真価を発揮する名キャス

ティングでした。他の男性陣も堤真一氏を始め山崎努氏、武田真治氏などかっこよく

個性的な面々がそろってます。もちろん源兵衛役をつとめる樹木希林さんを始めとする

女性も…あぁ、一人一人取り上げたいけど終わらなくなるし!

 

強い者も弱い者も男も女も身分の上下にかかわらず、みな苦しい人生の中でそれぞれの

役割を果たしながら懸命に生きる、素敵な人ばかりでした。結局いい人だったの?って

人もけっこういましたしね。時と場合によって意地悪と優しさを出したり引っ込めたり

するのが、戯作の題材にされるようなちょっとかっこつけて生きていきたい人間の

本当の姿なのかも…。

 

…ここまで書いていてふと、よしながふみ作男女逆転の「大奥」の世界ではこの

東慶寺は離縁したい男性の駆込み寺であったのだろうか…などと考えてしまいました。

 

とまぁ、映画本編から脱線してばかりの感想ですけど、最初は畳み掛けるように

江戸っ子口調が押し寄せてきてついて行けるか心配だったものの、全体的にテンポが

良く、講談のような古典落語のような軽快な台詞回しもだんだん耳に心地よくなり、

飽きずに観られた143分でした。ただし2回目以降は日本語字幕付き。

 

 

評価:143分を確保するのに苦労しながらも3回視聴。