碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第45回「完封」

大河ドラマ真田丸」第45回感想です。

少しずつ、確実に終わりが見えてきて悲しいです…。来年の大河の感想も書くかは

決めてません。手間に似合う作品であればいいと願っています。

 

前回 ”真田丸”と名付けられた出城。もちろんこのドラマのタイトルはこれが由来

ですが、大海原に船出する真田家の船という意味でもあるそうです。

 

さて、いよいよ大阪冬の陣の始まりです。

  

  

まず、蜂須賀勢が明石さんの担当してる西側の砦を明石さんが不在中に襲い、奪取。

次いで佐竹勢が東側の今福砦に攻め込み、若い木村重成さんと後藤又兵衛が守りに

走りますが、多勢に無勢でどうしようもありませんでした。

 

城の北と西の守りが崩れ動揺する偉い人たちですが、幸村は動じません。敵の真の

狙いは南だと。しかし簡単に奪られすぎたものですから、毛利さんが幸村にこっそりと

内通者が存在する可能性を耳打ちします。

 

幸村が即会うのは織田有楽斎…実はちょっと自信ないから他言無用で信長公の弟である

経験豊かな有楽斎どのに助言をいただきたいという口実です。たとえば西側の●×の砦の

守りは手薄だけど、どうでしょう…?

 

有楽斎「弱気は禁物ですぞ。心配ご無用」

 

…その●×の砦が陥落したとの知らせが入ります。ですよねー。

 

一方、江戸の真田屋敷。松さんが大阪より帰還しました。戦況が気になります…。

そこを福島正則が訪問。今回留守居役だそうです。盟友・加藤清正を先に亡くした後も

豊臣への忠義を忘れていなかった彼は大阪屋敷の兵糧を”秀頼さまのために”提供した

のがバレたらしいです。続いて入ってきたのはかつての幸村の上司・賤ヶ岳七本槍

一人平野様。で、用件は…大阪方へこっそり兵糧を送りたいので協力してくれと。

信之は断ります。でも大阪方には源次郎(幸村)がいるっしょ!? と押され…

困った信之は稲姫に相談。当然怒られます。息子たちにとっても危険なことですから。

徳川への忠節を貫くか、源次郎に力を貸してやるか…信之は苦しみます。

 

もう一人の妻・おこうさんは幸村の身内感が強いものだから当然協力的で…稲さんから

すればズルいですよね。ってか、また”そばがき”の材料送りつけるのですか…

 

 (個人的には信之はもうやれることはやったとふっきれていて欲しかった気がします。

戦国の世の中で中途半端な情は不幸な結果を招くよ…)

 

ーお、久々に春さん! 幸村はまだ梅さんを失った傷が消えないようです。

戦が始まったら手伝おうと思わずに隠れてろと。あまりいちゃいちゃしてるシーンは

ないけれど、これが幸村なりの精一杯の愛情なんでしょうね。

…そんな二人をきりさんが物陰から見ているだけならよくあることですが、おまけに

茶々まで現れて修羅場の始まりか!? …きりさんに自分の侍女になれとか。怖い…。

 

茶臼山(愛知にも同名の山があるので紛らわしい by愛知県民)の家康の本陣のターン。

真田丸”を警戒する家康。秀忠は戦の流れを理解しようと必死ですが、本多正信との

じじいタッグにはとうてい敵いません…。六文銭の深紅の旗たなびく”真田丸”から

見渡せる徳川方の陣には前田家、もう一つの赤備えである井伊家(来年の大河の主役)、

そして懐かしい上杉家の軍勢の姿が。景勝は…

 

景勝(ポツーン)

兼続(ドヨーン)

 

…何この切ないオーラは…大幅に減封されたとはいえ…。

 

で、大御所様はこのしょぼくれた上杉家にやっかいな”真田丸”を攻めろと言うのです。

関ヶ原、直江状を根に持った大御所様にネチネチと責められ続けちゃたまりません。

暗くもなります…。(直江状の朗読をこちら↓のNHK真田丸公式サイトで聴けます)

 

www.nhk.or.jp

 

総大将として出陣したいと望む秀頼さま。その方が指揮が高まるでしょ?と。

…幸村は焦ってると思われて逆効果になるからやめておけと。その代わりに茶々が

自分が出て行きますですって。なのでひらひらした羽のついた陣羽織姿の凜々しい

茶々が激励して回ります。みんな呆然…。あのおかみさまはこのいくさを真剣に

考えているのでしょうか?

 

試されているのは信之の真田家も同じ。家康は真田にも上杉と一緒に戦えと命を

下します。次男の方はやる気満々。跡取り長男の方は叔父との戦いを渋っています…。

 

真田家の重臣にして幸村と特に親しかった矢沢三十郎から佐助を通して連絡を受けた

幸村。翌日の攻撃を決定します。このいくさは幸村の息子・大助の初陣でもあります。

「た~か~さ~ご~や~!」と旗を振る姿が懐かしい…。堀田作兵衛が補佐する大助の

挑発に釣られ、さらに城内の内紛に見せかけた爆発に釣られた前田勢その他は見事に

真田の策にはまってしまいました一斉射撃を受け次々と倒れる徳川方。しかし簡単に

退きはしません。一時城内への侵入を許してしまいます。幸村や又兵衛たちの奮戦に

より、どうにか撃退できました。

 

上杉主従、驚いて見てるだけ…

 

さらに追撃に出た幸村、騎馬隊を率いて撤退する徳川勢に回り込み、

 

「我こそは真田左衛門助幸村!!」

 

ーあぁ、気持ちいいだろうなぁ…。景勝様もうれしそうに見ています。

でも赤備えの具足も緋色の陣羽織もきれい過ぎて違和感があるんですよね。高画質

だから余計に…当時の技術でこんなにきれいに作ることは可能だったんでしょうか。

 

敗退の知らせを受けた大御所様を始めとする徳川勢の苦い顔。また真田にしてやられた

のです。次の手を考えましょうかね…。

 

勝利に沸く”真田丸”の一同、気持ちのよい勝ち鬨を上げます。幸村の株うなぎのぼり。

若い木村どのも一生ついていきますな勢いで褒め称えますが…

 

「いや、実はオレも初めてだったからドキドキしちゃった。内緒だからな!」

 

…はたしてどこまでやれるか、ハッタリ野郎幸村。

 

 

次回、第46回「砲弾」 …あ、出浦様だ!!