碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

磯部磯兵衛物語 12巻

世界的にはトランプ氏のアメリカ大統領選勝利が大問題であり、個人的には先日より

twitter上で巻き起こっている虚構と現実のコラボ現象、シン・ゴジラリアルタイム実況

=「#シンゴジ実況」が一大事件ですが(これから待ってる山場の実行日が知りたい!)、

今日はそれらに比べれば非常に”どうでもいい”漫画について書きます。

今回に限り”どうでもいい”は褒め言葉です。

 

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 12 (ジャンプコミックス)

磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~ 12 (ジャンプコミックス)

 

 

磯部磯兵衛物語 ~浮き世はつらいよ~ 12巻

 

著者:仲間りょう  発行:集英社

週刊少年ジャンプ連載中

 

現在唯一読み続けてるジャンプ漫画がなぜかこれです…

 

 

立派な武士になることを目指して武士学校に通う若者・磯部磯兵衛と仲間たちの日々を

描く青春活劇で候な浮世絵風大江戸ギャグマンガです。ただし主人公はダメクズです。

「明日から本気出す」系です。かっこつけたがるけど努力しません。⁽多分⁾何の才能も

ありません。すぐ調子に乗ります。スケベです。よくここまでダメ男の特徴を混ぜ

込んだものだと感心するほどウザいです…。

 

そんなどうでもいい男がネタに詰まったジャンプマンガのお約束展開・武闘大会を勝ち

残り(戦ったのほぼ弟子のチビッコたち)、優勝賞品である「大名」の地位と領国を

与えられるテキトーな江戸ワールドだからさぁ大変。磯兵衛と仲間たちによる新しい

藩造りの成否はいかに…!?

 

※※※

 

どうでもいいギャグ漫画なだけあって時代設定はいいかげんです。江戸時代すべてが

ごっちゃになった 世界(そのくせ無駄に江戸の豆知識が豊富)が舞台です。将軍様

歴代16人が兄弟として一緒に君臨しています。逆らう輩は「処す」そうです。

出番の多いちびっ子七男・いえつぐがにわか大名磯兵衛の指南役として磯部藩へ同行

してくれることになりました。武士になる目標通り越していきなり大名、このどうでも

いいまま12巻まで続いてしまったマンガもとうとう終わりが迫ってるんでしょうか!? 

それともやっぱりダメ男を大名にしたところでダメということで磯部藩の(仲間たちの

努力による)興隆はすべて台無し、家に帰って次回から何事もなかったかのようにただの

ダメ男に戻る展開なのでしょうか!? 先生と母上様の戦場になってすら滅びなかった

磯部藩だというのに…!!

 

葛飾北斎は成仏しちゃったし…。あれ? 宮本武蔵はまだとどまってるっけ?

 

 ↓このマンガ、FLASHアニメの他、舞台化までしています…本当になんでだろ…