碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第44回「築城」

大河ドラマ真田丸」第44回感想です。そういえばきりさんたちが出てきませんね。

 おや? オープニングカット? いきなり始まりましたよ?

 

せっかくの幸村の献策は却下され、大阪方は籠城すると決まりました。牢人衆の間には

秀頼公に対する不信感も… 一方、籠城と聞いた家康は勝利を確信します。

 

 

まだくさらず大阪城の図面を見ながら新たな策を練る幸村。勝つためにここにいるの

ですから。この城は南が弱いと見抜き、「平野口」に出城を築くことにしました。

おお、久々に野外シーン、騎乗姿の幸村が出てきましたよ~。

 

そして堀田作兵衛&佐助が到着しました。幸村の娘・すえが祝言を上げたと聞き、

手を取って感謝します。そして真田の軍が秀忠に従って出陣済みであることを…

幼名でしか知らない二人の甥が、若武者となって戦場に立つことを知らされます。

 

出城計画を大野治長に進言すると、先に後藤又兵衛(カブトムシの人)が献策済みなので

先にそっちと話し合ってくれ、とのこと。桶狭間の合戦の頃から秀吉に仕えてた

料理番が仕切る膳所で酒を交わしながら又兵衛と交渉。まずは真正面から頭を下げる。

それでダメなら自分の策を聞かせます。なんか面白そうで勝てそうな真田流軍略を。

又兵衛は譲るしか無くなります…ついでに他の将の布陣も固めちゃった。全員承知。

 

後は偉い人たちの承認だけど…相変わらず牢人たちの裏切りを心配する有楽斎と

大蔵卿局は大反対。茶々が信じてる幸村を彼女は信じていません。まぁ、あの変節漢

昌幸の息子だし、兄が徳川方にいるし、無理もないかもしれませんけど…。とにかく

却下。二人の勢いに秀頼さまの心も揺らぎ、まずは各門大阪譜代の将(いたの?)で

守ると変えられてしまいました。さすがに腹を立てた牢人衆は大阪城を出ようと言い

出しますが、幸村が止めます。そして茶々に直接談判。しかし彼女はまともに取り

合わず、おそらく幸村が喜ぶと思って、幸村の出城だけ許すと言うのです。勝つため

には、それでは意味が無いのです。他の牢人たちも認めてもらえなければ…

 

幸い、治長(と面倒で省略していた木村さんって若い人)は味方でいてくれるそうです。

出城の普請が始まりました。ついでに武田の流れを汲む真田の軍勢を「赤備え」に

しようと決めました。最後のおおいくさになるかもしれないのですから。

 

秀忠が京に到着。関ヶ原の遅参がコンプレックスだった秀忠の素早い行軍を厳しく叱り

つける家康…秀忠も今は天下を担う将軍なのだから、もっとどっしりかまえてろと。

 

一方の松さん。行方不明になっていた間お世話になった出雲阿国さん(二代目)の

伝手で、徳川陣営に潜入する手段を得ました。真田丸は伏線回収が巧みですね…

こういうの好きです。無事真田の若殿たちと面会した松さんは信之からの伝言を

伝えます。一族同士で戦ってはならない、先陣を切ってはならない…。お~、心配して

たけどちゃんとやりとげましたね松さん…。でも力一杯戦いたい次男は拒否します。

一方で父の命に従いたいと言い切る長男。不満そうな次男…本当に思いやり、譲る心に

欠けた若者です。悪い予感がしますね。

 

かつて父や弟と戦ってしまった信之がこの14年間抱え込んでいた苦しい心情の

吐露を聞いてあげるのはいつぞやの京美人、小野お通さん…江戸に招いていました。

しっとりとして穏やかな彼女と一緒にいると心が癒やされるらしいです。

どうも稲さんにバレてるみたいだ…!!! ガタガタガタ…。

 

…やっぱり治長では頼りになりませんでした。有楽斎から出城の普請を止めるように

命じられます。とうとう愛想をつかした又兵衛と毛利勝永に一緒に城を出ようと誘われ

ますが、それでも幸村は豊臣を見捨てられないと言い切ります。その言葉を、治長と

一緒に視察に来ていた秀頼さまが聞いていたのです。彼はもう迷うことはありません。

 

「築城を進めるように。私が許す。私はそなたたちを信じておる」

 

(後ろで又兵衛と人相の悪い大野・弟がガンを飛ばし合っています)

 

幸村始め牢人衆も、この言葉さえ聞ければ何も迷うことはありません。みな命をかけて

戦うのみです。 秀頼さまは母たちにも強く言えるようになりました。茶々は息子の

反抗に腹を立て…あれ、息子の成長がちょっとうれしい…?

 

勝てるムードを作る天才ハッタリ野郎幸村、頼もしい牢人衆、珍しく協力的な大野

治長、聡明な秀頼さま…これだけ揃えば今度こそ、徳川に勝てるかも…!? なんて、

逆に言えばこれだけ揃ってどうやって負けるんでしょうか…。怖いですね。

 

徳川方の布陣も決まったようです。徳川本営に集まった諸将…伊達政宗上杉景勝

(やる気無い)など見覚えのある顔ぶれが揃っています。老いてなお威厳に満ちた檄を

飛ばす家康。なにしろ総勢30万です。相手は10万の烏合の衆です。余裕なのです。

 

大阪方も迫る合戦を前に逸っております。幸村が言うには敵は数だけ多くても実戦の

経験が少ない若造だらけ。こっちは寄せ集めとはいえ百戦錬磨の熟練の侍の集まり。

その言葉を裏付けるように、戦の経験の薄い若造たちに戦の運び方を指導する徳川の

爺さん方、とっても元気。さすが乱世の生き証人です。そんな家康に大阪城内の将の

布陣を記した文が届けられました。内通者がいることは間違いないようです。

せっかくの守りの薄い場所にうまく出城を作りやがったやっかいなヤツの名が真田と

聞いて憤慨します…。

 

碧空に紅い真田の旗が掲げられました。ところで、この出城の名前はどうします?

 

「決まっておろう…真田丸よ!」

 

ちゃっちゃっちゃっちゃっちゃちゃちゃっちゃちゃちゃ♪

(以下真田丸のテーマと次回予告と馬の嘶き付き真田の赤武者の進軍)

 

…こりゃやられました。

 

 

 

次回、第45回「完封」 …結局八丈島から泳いで大阪へ向かっているという噂の

宇喜多様は間に合わなかったようです。