碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第42回「味方」

大河ドラマ真田丸第42回の感想です。

登場人物が多いため、クレジットがするすると流れていきます。選挙速報も忙しく

流れていきます。 

 

流刑先の九度山村を脱出して大阪城に入った真田源次郎信繁改め幸村。変身術を使い、

はったりを使い、城内の人々に「スゴイヤツが来たぜ!!」感を撒き散らしましたが…。

 

秀頼様とご対面後、大阪城の女主人としてますます美しくなった茶々さんとも

再会します。当然幸村を頼りにする茶々さん。しかし、親子二代で徳川を翻弄した

真田の名は大阪方でたいそう評判を呼んでいるものの、実際どの程度アテに

なるのか…。大蔵卿局などは懐疑的です。今回、また重要な人物が登場しました。

織田有楽斎。信長公の弟、つまりは茶々の伯父。喰えなさそうなお爺さんですね。

 

 

大野治長に居室へ案内される途上に通りかかった場所は、かつて石田三成大谷吉継

長い時間を過ごしていた書庫(現在は空っぽ)…ここでいろいろ相談してましたよね。

幸村は特別扱いは望んでいない、というか先着の浪人衆ともめごとを避けたいから

結局相部屋を選びました。同居人は長宗我部元親の息子、盛親殿。ゴツいです。

 

その先着組の毛利勝永後藤又兵衛も後から来たのにひいきされる幸村が気に入らない

共通点があれど、決して仲が良くはありません…増え続ける浪人たちはみんな気持ちが

ばらばらで、秀頼さまは若く経験が無く、大野治長にもまとめる力はなさそう。

 

こんな内情を知ってかしらずか、家康は幸村が大阪城入りしたと知らせを受けて

激しく動揺します。真田はトラウマ。特に親父の方。阿茶の局にたしなめられます…

この期に及んで秀頼の息の根を止める覚悟がつかない甘さも。

 

戦国の世を生きてきた侍も、女たちも、みな歳を取りました。時代は変わるのです。

今回の豊臣と徳川の全面対決は、最後の大いくさとなるでしょう…。

 

新しい世の中を引っ張っていくことになる徳川秀忠にとっての重石は真田よりも

父・家康。今度こそ、いくさに勝って主導権が自分にあると証明したいのです。

妻のお江さんが心配するのは秀頼に嫁がせた娘・千姫と姉の茶々です。その気持ちが

秀忠に届いているのかいないのか、逆に秀忠の気持ちを理解しているのかいないのか…

 

秀忠の出陣が近いということは信之の息子二人の出発も近づいています。おこうさんの

息子が嫡男、つまり若殿。稲さんの息子がその補佐として。彼らを見送った後、

佐助から幸村が大阪城に入った知らせが届きます。自分が行くべきだったと後悔する

信之さん…このいくさが長引くことを予感します。

 

佐助の 目的はもう一つありました。心の通じた部下が必要な幸村のために密かに

堀田作兵衛を招集することです。快諾する作兵衛でしたが、出発前にわが子同然に

育てた姪にして幸村の長女・すえの仮祝言を挙げさせたために、信之に露呈して

しまいます。徳川につくと決めた以上覚悟を決めた信之は自ら刀を抜いて作兵衛を

止めにかかります。佐助も少しは見直したでしょうか?

 

信之は気迫の一騎打ちで作兵衛を追い詰めますが、かねてからわずらっていた腕の

痙攣により刀を落としてしまいました。好意的に解釈した作兵衛は頭を下げて去って

行きました…信之いわく「違う!」そうです。どっちでしょう。無意識の仕業かな?

 

一方の大阪方は総大将が決められません。秀頼は幸村に期待してるんだけども…。

幸村は劇的に入城したわりに、個性の強い浪人衆を束ねる自信が無いようです。

自分が何をしに…というかどこまでやれるつもりでいたのかしら。今回一から十まで

どこまで本気でやってるのか分からない人たちばかりだわ。信之の手の震えといい、

大野治長の弟の不審な態度といい、塙なんとかさんの名刺といい…。有楽斎については

浪人衆のご機嫌をとっておだてて働かせようとわざとやってますけど。

 

長宗我部盛親殿のへりくだった態度も…でも浪人中は寺子屋で子どもたちに教えて

いたり、幸村たちが話し合う後ろで庭の植物に水をやっていたから本当に根は

穏やかな人なのかもしれません。元大名としての格からすると十分資格があるのに、

彼も総大将になる気はないそうです。

 

ところで秀頼さまは「右大臣」と呼ばれています。父・秀吉のように関白にはなれ

なかったようですね。障害はやっぱり後藤又兵衛さんのゴネ。まぁ、本当はもっと

いろんな人がいろんな主張をしまくっただろうけど再現するのめんどうだから彼一人に

ゴネ役をかぶせたんだろうな、と解釈しつつ。ついでに勝永さんをまぜつつ。

かつて黒田家に仕え、武名を轟かせていた又兵衛さんは人一倍自負心も強そうです。

 

「その議はいったん預かりまして吟味いたします」

…あなたがどういう人か、よく分かりました、大野さん。

 

結局幸村の提案により10万の軍を5つに割り、幸村、後藤又兵衛長宗我部盛親

明石全登毛利勝永がそれぞれ指揮する、そして総大将は秀頼さま…辛うじてこんな

形に決定しました。五大老やら五奉行やらのぐだぐだを思い起こさせる合議制です。

しかしそれも前向きにとらえれば浪人たちはみんなが勝つ望みを捨てず、自分こそが

功名を立てたいと願っている。つまり、やる気満々! だそうです。

 

 

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

真田丸 完結編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

 

次回、第43回「軍議」…幸村と茶々がいつ一線を越えるのか心配で仕方ありません。