碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第40回「幸村」

※ 片桐且元さんの名前を誤っておりましたので訂正しました。

 

大河ドラマ真田丸」第40話の感想です。ゆるいホームドラマの後、重たい展開が

待っているのはおなじみのパターン…。

 

九度山村の屋敷でささやかな宴が開かれた夜、信繁が大阪からの使者明石全登

よって引き合わされたのは片桐且元さんでした。失礼ながらもっと大物が出てくる

ものと思っていました…が、つまりもう秀頼ぎみの周囲に名のある人物は且元さん

しかいなかったのです。

 

会うだけ会って話を聞くだけ聞くという約束で聞いた、信繁が九度山に幽閉されている

間に起こっていた重大な出来事。秀頼が家康の勧めで方広寺大仏殿の再建をしたら

釣鐘に刻まれた「国家安康」「君臣豊楽」の文字があーだこーだというアレです。

 

 

ここにおいてようやく大蔵卿の局の息子・大野治長(修理と呼ばれる)が登場するも、

みんな且元さんに問題解決を押し付けるばかり。仕方なく今は”大御所様”と呼ばれる

家康のいる駿府に走って釈明しようとしましたが、なかなか会えませんでした。

…と思ったら大蔵卿局が先に家康と直接ご対面。耳触りのいい言葉を聞き、

見たい現実しか見ない人々は老獪な狸にたやすく転がされます…。

 

秀頼や茶々(おかみさま)、大野治長大蔵卿局、みんな且元さんの長年の豊臣への

忠義と努力をなんとも思っていなかったみたい…。そういう扱いしか受けない人、

いますよね。(みんなも身近にこういう人がいたら大切にしてあげてね!)

結局、大阪方に疑いの目を向けられた且元さんは大阪を去るしかなくなりました。

でも逆に正式な取次ぎ役が追われたことで家康は戦をしかける口実を得てしまいます。

良かれと思ってやってるのに全部悪い方向に行っちゃう人もいますよね…。

 

…自分が去ったのに信繁に代わりに行ってくれいうのもなんだけどさ。

 

宇喜多家に世話になってた明石さんから秀家さんの結末を聞けました。説明的な。

気の毒な且元さんに頭を下げられてもやっぱり助力を断ります。だって信繁って

みんなからなんかすごそうに思われてるけど大名でもないし大した役職に就いたこと

ないし、大軍を率いたことがないし、いくさが好きなわけでもないし…

(小田原城を開城したのは”なんとか官兵衛さま”です)

今まで誰かのために何かをしようと知恵をしぼり精一杯やってきたけど全て無駄に

終わってきたから…信繁にも自覚あるから…。

 

だけど、内心で思ってはいても、人から…他ならぬきりさんの口から直接言われると

話は別です。大したことしてないのに頼りにされるのだから、助けに行ってやれと。

大したことをしてみせろと…それが、彼女が慕った真田源次郎信繁なのだと。

信繁はいつものように「うっとおしい」と反発はするけども、もはや聞かなかった

ことにはできません。

 

悩む信繁の脳裏に浮かぶのは、秀吉の姿。出会った時から老いて死ぬまで…

そして、茶々。彼女の呪いの言葉。三成。景勝。宇喜多。氏康。政宗。利休。吉継…

とにかく、今まで出会ったあらゆる人たち。そして父や兄、真田家の人々。

ばば様懐かしい…本当に懐かしい…あのころはみんな若かったもんなぁー!!

人が一生のうちに出会う人間は途方も無く多い。彼らから何を受け取り、何を捨て、

何を選ぶ? そして心のうちに押し込められていた彼自身の本当の想いは?

自分が何者かを証明しなくてはなりません。例え彼を待っている茶々が不幸の象徴で

あろうと…。

 

信繁は、最後の一押しを息子・大助にゆだねました。新たな人間となるために名乗る

名を選ばせます。一つは兄が父と弟のために捨てた”幸”の字。さぁ、もう一つは…

 

 

日ノ本一の兵(つわもの)真田幸村の誕生であります。

 

 

次回:第41回「入城」

…てっきり今回で九度山を脱出するのかと思ってました。

 

真田丸 完全版 第壱集 [DVD]

真田丸 完全版 第壱集 [DVD]