碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第39回「歳月」

大河ドラマ真田丸」第39回の感想です。

 

昌幸が失意の中で死去した後、九度山に信之が訪れます。ご赦免を認められなくても

一応会いに行くことや援助することは許されてるのですね。昌幸から思わせぶりに

託された遺品の兵法書の中身が暗号みたいでよく分からんと兄弟二人で首を傾げます。

ある意味昌幸らしい…。出浦さまなら解読できるのかしら?

 

信繁が信之に言うには、一家は九度山の暮らしに慣れて信濃に帰ろうという気が

薄れてしまった…らしいです。

(実は昌幸の生前は心配させないように見栄を張っていて、借金漬け)

子どもの話しをしていたら自分たちの子どもの頃の話になって。

とにかく、もう一度兄弟二人で酒を飲む場所が得られて良かったですね。

 

 

真田家に身を置く者にとって、昌幸を失った心の穴は大きかったのです。

高梨内記さんは殉死を止められ、生きる目的を失っていたので信繁から

息子・大助の養育を託されます。信繁は子育てから逃げている面が…すえちゃんも

本意ではなかったけれど結果的にほったらかしてたからね…。

 

前回、最初の奥方梅への嫉妬を口にしてたヤンデレ春さん。

本当に娘に「梅」って名づけてしまいました…ガタガタガタ。もう3人の母です。

最近、それまで問題にしてなかったきりさんのことも気にするようになりました。

長男の大助は大人しく、内気。信繁の気苦労は続きます…

 

信之は信之で高台院様の侍女をしてた上品な女性「小野お通」さんと浮気フラグ…!?

大丈夫か!? いくらお舅様がいなくなったからって…!

 

秀吉時代、大名の妻子が人質同然に大阪に住まわされました。徳川が優勢になると

今度は江戸に住むことになってます。もちろん真田家も例外でありませんでした。

昌幸の妻・薫は夫や京の都の(やや捏造ぎみの)思い出にふけりながら、

夫の死の2年後に世を去ったそうです…(いつもの「ナレ死」送り)

 

家族や目先のことには気を配れても世の中の動きに疎い、あるいは無関心な人が多い

真田丸」の女性陣の代表のような人でしたけど、なんか憎めませんでした。

夫のことが大好きだってことを第一話から見せてくれていましたし、

特別嫁に厳しいわけでもなかったし(”お家”という意識の薄さともいえますが)。

 

信繁たちは本当にこのままずっと九度山での貧しい生活を続けるのでしょうか?

佐助さんは退屈をもてあまし、信繁の奮起に期待するあまり信之は真面目なだけが

とりえで面白くないと言いたい放題。まぁ、素っ破だから平穏の中では生きられないと

いうのも仕方ありません…。

 

今はとにかくお金が無くてどうしようもないので、信之が送ってきたそばの実を使って

そば売りを…といってもまだ麺状のおそばは存在しないからお団子みたいに

こねて平たくしたのを村人に売ってみます。まさかここで瓜売りの歌のアレンジを

聴くことになるとは…!! このドラマの伏線回収はあなどれません。

 

…がんばったのにあまり売れなかったけれど。

 

自分がおいしく作れなかったからだ、と落ち込む春さんは信繁を良く支えるきりさんを

ますます強く意識してしまいます。信繁たちが気を遣えば遣うほど逆効果。

でもあのウザいと散々叩かれたきりさんも、歳を取り大阪での経験を経て落ち着いて、

信繁と自分の距離感に結論を出していたらしいのです。信繁にとってはきりさんは

恋愛という枠の外にいたけれど、側にいてくれるだけで安心する無くてはならない

存在なのです。

 

そんな心配ごとの多いある日、呂宋(フィリピン)に渡っていた秀次の娘・たかが現れます。

形式上は信繁の側室…また春さんの心が乱れる!!

交易商人になったたかさんのお土産の中で信繁の目に止まったのは、美しい装飾の紐。

ひらめきます。信濃の「つむぎ」の技術を活かして似た紐を作り、売り物にしよう!

 

丈夫で長持ち「真田紐」の誕生である…!!

 

もやもやしっぱなしだった春さんですが、きりさんと本音を話し合うことで

心に織り合い…じゃなくて折り合いをつけます。でもヤンデレターゲットが

一人増えただけのような…。やがてたかさんは京の祖母を訪ねに旅立ち、

信繁は村長と話をつけて真田紐を大量生産・販売にこぎつけて経済状況を

好転させることに成功しました! 信繁は息子と向き合う気持ちになり、

いろいろなことがあった九度山の暮らしもこれでうまく運びそうです。

 

一家でささやかな宴を開いた秋の夜、一人で夜風に当たっていた信繁の前に

元宇喜多家家臣明石全登が現れる…そういえば宇喜多秀家さん、「行方不明

(ゆきかたしれず)」のまま放置されてましたね。新しい嵐が押し寄せようとしています…!!

 

 

次回、第40回「幸村」…14年の穏やかな暮らしの後、怒涛の運命が待っている。