読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

魔法使いの嫁 6巻

マンガ

また中途半端な巻数から紹介してしまいすみません。

ファンタジーのふるさと・英国の美しい幻想世界を舞台にした

「人外×少女」物語、第6巻です。

 

6巻の特装版を購入すると、先日劇場で先行公開したアニメーション

魔法使いの嫁 星待つひと 前編」のDVDがついてくるのです。

今後も中編・後編が製作&劇場公開される予定です。(前編を観ました)

ちなみに通常のアニメの1話分×3編です。期間を置いて3回劇場へ

行くのは面倒ですが、特装版もお高いのよ…。

 

 

魔法使いの嫁 6巻

作者:ヤマザキコレ  発行:マックガーデン

月刊コミックガーデン連載中

 

「人ならざるもの」を見る力を持っていたがために家族を失い不幸な人生を

送っていた少女・チセが人外の魔法使いエリアスに弟子兼花嫁として買われ、

英国の田園地帯での生活を始めてそれなりの歳月が経ちました。

 

膨大な魔力を生成する体質であるがゆえに時に命の危険にさらされながらも

魔法の力にかかわる人々や「隣人(妖精)たち」、使い魔の黒いわんこルツなどに

見守られながら閉ざされた心の世界をすこしずつ広げていくチセですが、

そんな彼女を見てエリアスは複雑な感情を抱くようになってしまいました。

常に超然とした存在のように振舞っていながら、根っこは独占欲の強い

子どもと変わらなかったみたいです…。チセの方がエリアスをなだめる場面が

増えてきました。お互いの細かな変化に気付くのは仲の良い証拠なのでしょうが、

彼らが本当の意味で「夫婦」になるのはまだまだ先のようですね。

 

エリアスとチセ、レンフレッドとアリスの魔術師師弟も良いですが、

単行本のカバーをめくったら出てくる「シルキーちゃん日記」も毎回楽しみです。

人間嫌いで堅物な「丘の防人<スプリガン>」とシルキーちゃんとの文通模様は

とっても微笑ましい…!人間は嫌いだけど、人間の世界のすぐ側で生きたい者の

気持ちは認めている、ツンデレな小さい防人に幸せあれ!!

 

…そして発してしまった言葉の重み、魔法使いにお願い事をするならば

相応の対価を払わねばならない…など、自分の頭の中の引き出し的にCLAMP

×××holic」を連想する場面が多かったのですが、”宗教”や”文化”という

フィルターを外すとこの世界の根本的なルールはどの地域だろうとさほど

変わりないってことかもしれませんね。

 

今回いろいろあってチセの新しい友人になった少女ステラの背後に

トラブルメーカー<灰の目>(しつこい)と宿敵・カルタフィリスの姿が…。

最後の最後にこいつか!

嫌な予感しかしねぇぇぇぇぇぇ!!

 

魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)

魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)