碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

真田丸 第37回「信之」

一番初めに何を書こうかなって迷っていましたけど、

ここはやっぱり今一番熱い「真田丸」に決めました!

 

関ヶ原の戦いがわずか1日で決着が付き、自分たちの戦果如何を

関係無しに敗将になってしまった昌幸たちの処遇が決められます。

思う存分戦えなかった上に九度山への流罪が決定し、悔しくて

たまらない昌幸パパにかつてなく残酷な言葉を投げかける

徳川内府様、ヤなやつ! よっぽど恨みが溜まってたんだなー。

 

本田忠勝は配役の絶妙さもあって、一度信頼されればこれほど

頼りになるお舅様はいませんね!! まさに男の中の漢!! でした!!

 

真田家側の目線では石田三成大谷吉継らの最期を伝聞でしか

聞くことができないのがまた悲しいです。彼らの手の届かない

場所で全て決まってしまって、残された者たちはそれぞれ

結果を、これから起こることを受け止めなければなりません。

 

例えば西軍を裏切った小早川秀秋は怨霊(あるいは罪悪感から

見える幻覚)に悩まされて、命を縮めることになりますし。

…うん、今回の宇喜多さん(生きてるけど)ににらまれたら怖いね。

宇喜多さんがこんなに目立ってる多い大河ドラマは珍しいと思います。

 

そしてわが子同然に思い手塩にかけて育てた武将たちが

敵味方に分かれ戦い裏切り合った悲しみからか心が遠い世界に

去ってしまったようなねね様や、真田家ゆかりの女性たちの

ほとんどがうちのめされてる中できりさんだけは元気なのが救い。

強くて、成長しましたね…。でも、相変わらず信繁への想いは

報われない…ドンマイ!

 

父と弟の助命と引き替えに信幸から改名させられた「信之」。

そして次の第38回のサブタイトルに「昌幸」が来るんですから、

今からもう切ないでしょ…!! 来週も楽しみです!

 

 

真田信之 父の知略に勝った決断力 (PHP新書)

真田信之 父の知略に勝った決断力 (PHP新書)