碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」(下)

ハリウッド版ゴジラ続編の感想後編。先週建前上の感想を書いたので…いえ、映像

技術が高いしハイテンポで2時間退屈しないし魅力的な演出が山ほどあるし音楽・

音響も申し分なくすごいと感じたのは本当のことなのですが、個人的に強い思い

入れのある、シリーズごとのゴジラの身長体重や戦闘機の種類なんかさっぱり分か

らないけどとにかく思い入れのある「ゴジラ映画」として観ると言いたいことが

山ほどある、という本音のターンです。

 

あくまで独断と偏見と個人的こだわりに基づいておりますし1回しか観ておらず

解釈が誤っていたり見落としがあるかもしれません。それとネタバレ注意。

 

 


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』特別メイキング映像/音楽:ベア・マクレアリー

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

(原題:Godzilla: King of the Monsters)  2019年公開

製作 : アメリカ合衆国  レジェンダリー・ピクチャーズ

配給 : ワーナー・ブラザーズ/東宝  上映時間 : 132分

監督 : マイケル・ドハティ  音楽 : ベアー・マクレアリー

出演 : カイル・チャンドラー  ヴェラ・ファーミガ

    ミリー・ボビー・ブラウン  渡辺謙 他

 

続きを読む

映画「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」 (上)

何年も待ち続けた映画をとうとうこの目で観る日がやってまいりました。 

日本が産んだ怪獣「ゴジラ」が、海を渡ってハリウッドに再上陸。前作を凌駕する

大スケールな本気の大怪獣バトルをご覧あれ!

 


映画『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』予告2

 

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

(原題:Godzilla: King of the Monsters)  2019年公開

製作 : アメリカ合衆国  レジェンダリー・ピクチャーズ

配給 : ワーナー・ブラザーズ/東宝  上映時間 : 132分

監督 : マイケル・ドハティ  音楽 : ベアー・マクレアリー

出演 : カイル・チャンドラー  ヴェラ・ファーミガ

    ミリー・ボビー・ブラウン  渡辺謙 他

 

続きを読む

士貴智志「進撃の巨人 Before the fall」17巻(完結)

TVアニメ3期が放送再開し現在死闘真っ最中の「進撃の巨人」、スピンオフコミック

最終巻です。

 

※ 放送大学の通信指導課題提出のため、来週の更新はお休みいたします。

 

進撃の巨人 Before the fall(17) (シリウスKC)

進撃の巨人 Before the fall(17) (シリウスKC)

 

 

進撃の巨人 Before the fall 17巻

原作:諌山創  小説版原作:涼風 涼  漫画:士貴智志 

小説版キャラクターデザイン:THORES 柴本

発行:講談社  シリウスKC  月刊少年シリウス連載終了

 

続きを読む

藤崎竜「銀河英雄伝説」 13巻

銀河の歴史を揺るがしたシスコン英雄伝説フジリュー版コミカライズ、第13巻の

感想です。能力不足を自覚しつつもひとまず皇帝に即位するまでは記事を書き続ける

つもりでいましたが、今後の展開はもっとごちゃごちゃしそうだしどうもこの作品に

対する意欲自体が薄くなってしまったので「銀河英雄伝説」の感想は今回にてひとまず

休止させていただきます。

 

銀河英雄伝説(13) (ヤングジャンプコミックス)

銀河英雄伝説(13) (ヤングジャンプコミックス)

 

 

銀河英雄伝説 13巻

 原作: 田中芳樹(創元SF文庫)  作画: 藤崎竜

発行: 集英社  ヤングジャンプミックス

週刊ヤングジャンプ」連載中

 

続きを読む

馬田イスケ「紺田照の合法レシピ」 8巻

おいしい料理は作るより食べたい。でもおいしい料理を作る喜びは格別のはず…。

「任侠系料理男子」紺田照がヤクザなお仕事と高校生活とお料理にいそしむ、涙と

笑いと人情と魅惑のお料理マンガ、第8巻の感想です。衝撃の予感です。

 

…ただし、現実のヤクザとは極力関わらないで生きていくことをお勧めします。

 

紺田照の合法レシピ(8) (KCデラックス)

紺田照の合法レシピ(8) (KCデラックス)

 

 

紺田照の合法レシピ 8巻

著者: 馬田イスケ   発行: 講談社 KCデラックス

少年マガジンR」連載中

 

続きを読む

北道正幸「プ~ねこ」 7巻

令和もよろしくお願いします。「進撃の巨人」アニメSeason3が再開し、「機動

戦士ガンダムTHE ORIGIN」のTVシリーズが始まり、私個人はわりと受信料を払い

甲斐がある感じでしばらく録画消化に忙しいですが、今のところそれらの感想

記事をを書く予定はありません。今回は連載15年の老舗シニカルネコ4コマの、

約2年半ぶりの新刊の感想です。平成最後の最新刊を令和の始めに紹介します。

 

 

プ~ねこ(7) (アフタヌーンKC)

プ~ねこ(7) (アフタヌーンKC)

 

プ~ねこ 7巻

 

作者: 北道正幸  発行: 講談社アフタヌーンKC

月刊アフタヌーン連載中

 

 

続きを読む

ヤマザキマリ とり・みき「プリニウス」 8巻

昨日は「国際マヌルネコの日」だったそうです。マヌルネコって素晴らしいよね。

 

掲載誌「新潮45」がある事情で休刊になってしまってどうなることかと思ったら

無事「新潮」に移籍することができた、プリニウス総督(代理)と行く古代ローマ世界

紀行第8巻。アフリカ編の最終地点は古代屈指の大都市・アレクサンドリアです。

 

 

プリニウス 8 (バンチコミックス45プレミアム)

プリニウス 8 (バンチコミックス45プレミアム)

 

 

プリニウス 8巻

著者: ヤマザキマリ  とり・みき

発行: 新潮社  バンチコミックス45プレミアム

「新潮」連載中

 

 

続きを読む

まだぼんやりしています

しばらくゆっくり過ごしたいと思っていてもノートルダム大聖堂が炎上したり

「ルパン3世」シリーズの原作者モンキー・パンチ氏が亡くなったりと衝撃的な

ニュース続きで落ち着いていられませんね。平成は最後の最後まで激しい時代に

なりそうです。

 

↓ところで、なんかPRで見た少女マンガが気になったので「聖☆おにいさん」の

実写ドラマ配信以来放置していたピッコマで読み始めました。

 

捨てられた皇妃 1 (フロース コミック)

捨てられた皇妃 1 (フロース コミック)

 

 

原作は韓国の小説らしいです。今流行の異世界転生モノのちょっと別パターンで、

異世界(私たちの現実世界)から突然現れた少女のために人生を狂わされた少女が

過去の自分に転生して人生をやり直すファンタジーのようです。まだ読み始めた

ばかりなのですがヒロイン可愛いなぁ…でも少女マンガの男性はみんなひょろっと

して整った顔すぎてて個人的に面白く無いです。もっとバリエーションが欲しい。

お父様イケメンすぎね?

GWに行きたいところ…

プーと大人になった僕」を観ようかと思ったのですがよく考えたらプーさんの

原作を観たことがないので森の仲間たちやクリストファー・ロビンのことをよく

知らないし現実の悲しみが増しそうな予感と体調不良が重なって今回はやめておき

ました。なんか最近「パディントン」を始め動物キャラクターが主人公の実写映画

増えましたね。「名探偵ピカチュウ」も気になる…と、更新が滞っております申し

訳ありません。とりあえず近々行きたいところだけ置いておきます。

 

www.godzilla-week.jp

 

今年はGWと書いてゴジラ・ウィークと読むそうです。おかげで10連休の予定が

空白にならずに済みそうです。行かねば…ヒサヤ作戦。

 

これに併せてアニメーション映画の方のゴジラを観ようかとも思ったのですが

どうしても観る気になれず諦めました。なんか違うんです…。という感じでやはり

当分不定期更新とさせていただきます。こんな時もありますよね。

藤崎竜「銀河英雄伝説」 12巻

銀河の歴史を揺るがしたシスコン英雄伝説フジリュー版コミカライズ、第12巻の

感想です。リップシュタット戦役終盤、ラインハルトとキルヒアイスの無二の友情に

亀裂が…!?

 

ネタ切れ&私生活多忙のため、当面不定期更新になります。

 

銀河英雄伝説 (12) (ヤングジャンプコミックス)
 

銀河英雄伝説 12巻

 原作: 田中芳樹(創元SF文庫)  作画: 藤崎竜

発行: 集英社  ヤングジャンプミックス

週刊ヤングジャンプ」連載中

 

続きを読む