碧色の旗を掲げ

節操無しのレビューブログ。映画、小説、マンガ、ドラマ、イベント、とにかくマイペースに誉めたり誉めなかったりいろいろ書きたい。

馬田イスケ「紺田照の合法レシピ」 4巻

いつも当ブログにお寄りいただきありがとうございます。初めておいでくださった

方もありがとうございます。おかげさまでこのブログは開設1周年を迎えました。

1年経っても相変わらずいいかげんで質が低くて大して参考にならない感想ばかり

書いている上に最近特に愚痴の垂れ流しが多いのですが、「自分の見た作品、気に

入った作品について1つでも多くの記事が書かれていれば内容の良し悪しは置いて

おいて嬉しいに違いない(特にマイナー作品)」という極めて無責任な信念において

今後もぼそぼそ書き続けていく予定ですので何卒よろしくお願い申し上げます。

 

…と、いうわけで今回の記事は1周年記念のごちそうとデザートを喰らうが如き、

「任侠系料理男子」紺田照がヤクザなお仕事に高校生活にお料理にいそしむ涙と

笑いと人情と魅惑のお料理マンガ、波乱の4巻目です。

 

紺田照の合法レシピ(4) (月刊少年マガジンコミックス)

紺田照の合法レシピ(4) (月刊少年マガジンコミックス)

 

紺田照の合法レシピ 4巻

著者: 馬田イスケ   発行: 講談社 KCデラックス

少年マガジンR」連載中

 

続きを読む

映画「高慢と偏見とゾンビ」

自宅のWi-Fiが接続不良を起こしたから今日は更新ができないかな~と思っていまし

たが、どうにか有線のLANケーブルでネットに繋げましたので書きます。

 

映画界では「ゾンビ映画」も「サメ映画」に負けず劣らず有象無象の乱発ジャンル

だそうです。ただのゾンビ映画なら全く気にも止めなかった私の心を掴んだのは

この映画のタイトルの圧倒的なインパクトでした。パロディ前の原作にあたる

ジェーン・オースティンの小説はおろか映像化作品も全く観たことがないのに

思わず手を取ってしまうほどに。

 

www.youtube.com

 

高慢と偏見とゾンビ  (原題 : Pride and Prejudice and Zombies)

2016年公開  上映時間 : 108分

製作国 : アメリカ合衆国・イギリス  

原作 : ジェーン・オースティン高慢と偏見

     セス・グレアム=スミス「高慢と偏見とゾンビ

監督 : バー・スティアーズ  音楽 : フェルナンド・ベラスケス

出演 : リリー・ジェームズ サム・ライリー ジャック・ヒューストン

 

続きを読む

魔法使いの嫁 8巻

人外×少女が静かなブームですね。「贄姫と獣の王」って少女マンガも少し気に

なって読もうか迷ったのですが、獣の王様はたびたび長髪イケメンの姿になる

ようで…なんか違うなぁ。せめて短髪の筋骨隆々のおじさまなら読んだかも。

少女漫画じゃ難しいですね…というわけで「魔法使いの嫁」8巻感想です。 

 

※若干のネタバレを含みます

 

魔法使いの嫁  8巻

著者: ヤマザキコレ  発行: マッグガーデン ブレイドコミックス

月刊コミックガーデン連載中

※ ずっと「マッ”ク”ガーデン」と勘違いしておりました…

 

続きを読む

いろいろメモ

今日はちょっと忙しかったので小休止。気になるもののメモです。 あまり義務感に

追われずにのんびり書きましょうね。

 

ねこ休み展 秋 2017

 

全国を巡回し、先日とうとう香港にまで進出した「ねこ休み展」が名古屋に戻って

きますよ!!!! またふーちゃんに会えるよ!!!! (本人…本猫は外出しないから何も

知らず家でまったりくつろいでいるでしょうが) 今回の会場は名古屋パルコでは

無いので要注意!! 絶対行きます!!

 

tgs.jp.net

 

続きを読む

映画「真田十勇士」

シン・ゴジラ」を観に映画館に行ったら近日公開の宣伝ポスターが貼り出されて

いて、「あぁ…便乗したんだろうな~」くらいに思って流してたけど、ちょうど

TSUTAYAが準新作レンタル100円クーポンをくれたので観てみた「真田

十勇士」の映画です。(ただの便乗映画ではなく、舞台劇を映画化したらしい)

 


『真田十勇士』予告編

 

真田十勇士

2016年公開   上映時間 : 134分   配給 : 松竹・日活

監督 : 堤幸彦  音楽 : ガブリエル・ロベルト

出演 : 中村勘九郎  松坂桃李  大島優子  加藤雅也

 

続きを読む

岩本ナオ「金の国 水の国」

以前よりこのブログの色気というか潤いの少なさを補いたいと思いつつ相変わらず

怪獣だの戦争だの忍者だのアンダーグラウンド社会だのといった殺伐っぷりだから

もうこのブログの潤い=ネコってことでいいじゃんと開き直ってもいいけれど、

たまには心の洗われる美しいマンガが読みたいと思って「このマンガがスゴい!

2017年オンナ編」第一位になった(オトコ編一位は”トネガワ”)少女マンガを選び

ました。1巻で完結してるところと深い理由無き講談社偏重が補えて良かったわ。

 

 

金の国 水の国

著者 : 岩本ナオ   発行 : 小学館フラワーコミックススペシャ

 

続きを読む

ドラマ「猫忍」 DVD4巻(終)

夏休みだよ!ネコ祭り、最後を飾るのは「猫侍」の流れを汲む猫時代劇「猫忍」の

10話・最終話収録のDVD4巻です。主題歌が妙に好きなんです。そういえば、

「猫侍」の斑目久太郎さんのような陽炎太個人のテーマソングはなかったですね。 

 

↓公式サイトはこち

neko-nin.info

ドラマ「猫忍」

監督: 渡辺武  佃謙介

出演: 大野拓朗  金時(猫)  藤本泉  草野イニ 大沢ひかる

麿赤兒  船越英一郎  森本レオ(語り) 他

主題歌: YUMETOYO「NEKONIN」

 

続きを読む

1日外出録ハンチョウ 1巻

辛いことの多い人生ですが、世の中には案外楽しいことも数多く転がっているため

うまく見つけて気を紛らわせることで1日1日どうにか過ごしていくことも可能と

思います。(例えば去年の自分の場合はシン・ゴジラガンダムUC真田丸など)

 

…という持論がさほど間違ってないかも?と思わせてくれるマンガを紹介します。

 (ただ、目の前の楽しみで悩みをごまかしつつ根本的解決手段も探さないと、いつ

までたっても辛い状態から抜け出せませんけどね…)

 

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

1日外出録ハンチョウ(1) (ヤングマガジンコミックス)

 

 

1日外出録ハンチョウ  1巻

原作: 萩原天晴  漫画: 上原求・新井和也  協力: 福本伸行

発行 : ヤンマガKCスペシャル

講談社週刊ヤングマガジン」にて連載中

 

キャッチコピーは『悪魔的スピンオフ第2弾!理外の飯テロ漫画!!

 

続きを読む

ゴジラ展 & 大エルミタージュ美術館展

暑いから外に出たくないんですが折角の夏休みだし1つくらい楽しいイベントに

挑戦しよう! …というわけで選んだのが美術館のハシゴ。名古屋市博物館にて

9月3日まで開催中の「ゴジラ展」、そして愛知県美術館にて9月18日まで開催

予定の「大エルミタージュ美術館展」。全然別ジャンルのようでいてなんと相互の

チケット提示で100円割引! しかも個人的に学割適用! …折角だから使える

ものはいろいろ利用しましょうね。それに特撮の美術だってすごいのよ…って

ことで「ゴジラ展」が中心です。

 

www.museum.city.nagoya.jp

 

www.ctv.co.jp

 

 

続きを読む

映画「キアヌ」

夏休みだよ!(でも私の夏休みは終わるよ!) ネコ祭り継続中。危うくこの映画を

忘れるところでした…。 

 


キアヌ(字幕版)(予告編)

 

キアヌ  (原題:Keanu)

2016年公開   製作国 : アメリカ

上映時間 : 100分   監督 : ピーター・アテンチオ

音楽 : スティーブ・ジャブロンスキー  ネイサン・ホワイトヘッド

出演 : ジョーダン・ピール  キーガン=マイケル・キー

 

続きを読む